') ?> Area Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Area Gate > 2010年3月 Archive

Area Gate

2010年3月 Archive

左でキャスト。

2010年3月28日

すだただひろ

 

右手首を骨折して7週間が過ぎたので、もうそろそろキャストの練習。
イベントがあったので、山梨県の奈良子FSへ。

おぼつかない手付きで、ロッドを用意。左手でロッドを握ると、何かおかしい。リールを挟む指の位置が違ってる。ベールを起こす右手も、ラインを掛ける左人差し指の感触も変。    少し気分が凹む。

恐る々、キャスト。違和感たっぷりのキャスト。てんぷらしたり、右へ左へ飛んでゆくルアー。

しかしキャストを続けると、段々弾道が定まっていく。思った以上のキャストに、自分でもビックリ。

「これは、イケるな。」

キャストは、まあ々の兆し。

ロッドワークは、ミノーのトゥイッチがやはりぎこちない。ロッドアクションとリーリングのタイミングがバラバラ。
スプーンなどのスローリトリーブには、対応できそう。

しかし、右手首が曲がらない、捻られない。魚をランディングネットに入れられない。
釣ったは良いが、リリース出来ない。
キャストやリーリングの問題より、こちらの問題解消が先の様です。

次への、課題をクリアすべく日々リハビリをしよう。


@tadahiro_sud

右か左か。

2010年3月20日

すだただひろ

 

ネイティブの解禁は3月が多いがエリアには通年が多い。
多くのエリアアングラーは3月後半のこの時期にはすでに数回、数箇所は釣行しているのでは?

何を隠そう自分はまだ、今年に入って釣行していない。

Q:なぜか?
A:利腕である右手首を骨折してしまったから。

固定ギブスから、脱着式ギブスになり自由度が増えたが、以前の様に右手首が戻るのはまだまだ先のようである。

そこで、考えた。
右手で握っていた、ロッドを左手に持ち替えては!リーリングを右手ですれば!
左キャストの練習さえすれば、右手首の完治より早くフィールド復帰が出来る。

そんな妄想をしながら、復帰準備の釣具を揃える。
後は左手首を、折らないように祈るだけ。

 

 

1