アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Area Gate > すだただひろ Archive

Area Gate

すだただひろ Archive

苦慮する時間と愉しい時間。

2012年6月28日

すだただひろ

sud065_01.jpg

 

関越道・渋川伊香保を降りて、榛名方面へ。
榛名山の麓は、すごし易い気温と日差し。

今日は、お友達のあらかわ夫妻と河津さんペア、双方の愛犬 +僕の5人と2匹での釣行です。

いつもの様にキャストを始めるが。。

あれまっ、釣れない。

女性陣から、釣れ始めている。河津さんもあらかわさんも釣っている。
釣れていないのは、ぼくだけに。。。おうっ、自身喪失。

失意に満ちた気分の中、一人対岸へ。光線の加減で池がよく見える。魚の密度、動きがよく見える。いい加減に偏光グラスが必要だな。よく見ながら1匹つる。

ふぅ~。気が楽になったので皆の元へ。

スイッチを戻すのに時間が掛かったが、なんとか平常心で釣りが出来るように。。。

本当に釣りは難しい。僕には「柔軟心」が足りない。
あせる気持ちと、狭い視野。いかんな。


午前中釣りをして、午後は久しぶりのバーベキュ~。
長いお昼ご飯は、色々な話もしたし、お腹いっぱいになった、犬にかまって貰えたし。
楽しい時間を過ごせました。


帰りは草津方面にハンドルを切り嬬恋を抜け、一仕事しに長野を目指しました。

 

 

夕暮れの誘惑。

2012年5月21日

すだただひろ

sud064_01.jpg

 

此処は東京の原水の一つと言われる村。
都心の混沌を忘れさせる様な所。

夕暮れ近い時間のひと時を過ごす。
クリアで魚影の濃いポンドは心弾ませる。

バナクラの基本はスローリトリーブ。このスローな動きに数匹の魚が同時に後を付いて来る。魚同士顔を見合わせてUターンするほど魚影が濃い。
引っ手繰られる様なアタリを合わせると、キレイな魚体が姿を現した。アマゴだ。何年ぶりに釣っただろう。そう言えば、最後にアマゴを釣ったのは、山を越えた所の渓流だった。

ほのかに日が暮れて来たと思ったら、魚の活性が上がった。周りの方々のリールのドラグ音が響く。夕マズ目の至福な時をを過ごせた。

 

sud064_02.jpg

 


playspot/:Kosuge Trout Garden

心地よい日焼け。

2012年5月14日

すだただひろ

 sud063_01.jpg

  

栃木県のエリアにお邪魔して来ました。
先週の荒れた空模様と打って変わって、すっきりとした晴れ。早朝はまだ肌寒いものの、日中は夏の足音が聞こえそうです。

 はじめは、バナクラF、チョクラSRで泳層を高めにとり反応をみる。
次にバナSP、チョコMRでその下の層。魚の反応を見ながら泳層を下げて行きます。
チョコクラDRでかけ上がりのボトムノックも反応が良かったです。

水面に綿の様な飛来物が着水して魚が反応するのをみてトップゲームへ。エキサイティングなトップゲームを楽しめました。

数時間の釣行でしたが、ほんのり日焼けする天候の中で楽しい時間を過ごせました。

 

sud063_02.jpg

 

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11