アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Area Gate > 風間俊春 Archive

Area Gate

風間俊春 Archive

「大物奮闘記 1話」

2009年12月 9日

風間俊春

 

なかなか時間が取れなくて久々の管理釣り場ですよ。
今日は、黒保根渓流フィッシングへ半日でしたが遊んできました。

朝一番は風が冷たいし・・・ブルブル震えながらのスタートです。最初にミノーで探ってみたんですが、水温が低すぎてダメでしたね。
続いてはスピナーを投入!これは的中でした。数匹ヤマメをゲットできたのでルアーチェンジ。
で、ここからが題名通りどう大物を釣ろうか・・・数釣りは正直苦手なんで大物を狙う釣りを選択です。
ここ何年と大物ニジマスに出会えていないので、道中も色々と策を練り込みました。でもその場に立つと悩んじゃいます。気温も上がってきているからミノー・・・
でも最終的にはスプーンに決めました。フォール中の魚の反応は良く、着低近くでは高反応でした。後はボトム付近をゆっくりとリトリーブするだけです。大物も反応はするんですが後一歩・・・一定の距離を保たれてしまう状況。
残すは「放流」と言う起爆剤を待つしかないかなぁ・・・と。案の定放流後に立て続けて大物をゲット出来ました。
起爆剤が無くても釣れる様に次回までの課題としてみます。
それにしても大物のパワーってやっぱり楽しいですね。ギャラリーが絞り込まれる状況がたまらなく幸せを感じます。

大物の定義は様々だと思います。私個人のルールとして持参しているネットから「はみでる」位のサイズを位置づけてます。
また、HP等で事前にレギュレーションの確認は忘れないようにしましょう。分からなければ当日の券購入時に確認してみて下さい。ルールやマナーを守りながら、その日を存分に楽しみましょうね。

 

 

「熱気の傍らで」

2009年10月28日

風間俊春

 

  先日、スクールのサポートとして東京トラウトカントリーへ行って来ました。初めての場所と言う事もありワクワクしながら夫婦でお邪魔です。

  スクールへ参加される方達の熱気が、ヒシヒシと伺える中で妻は緊張の面持ち。本人は、参加する訳ではないんですがね。皆様の熱気に圧倒されてしまった感じです。

  妻は合間を見て、釣りをしていました。私はスクールのお手伝いをしていたので、妻と一緒に釣りをする時間が少なかったのですが、妻は十分に楽しんだ様です。

「釣れたよ!」と目を輝せ、嬉しそうな笑みと共に戻って来た時は、何処と無くスクールの熱気に刺激を受けたのかな?と思いました。

 何でもそうですが、刺激って大事だなぁーって思った1日でした。今回はイベントでしたので、またゆっくりと遊びに行きたいと思います。
 
 

 

「エリアに潜むモンスター」

2009年3月 4日

風間俊春

 2月末日。
目覚めると11時・・・布団の中でどうしようか考える。
何気に寒いし外は雨・・・本当に悩んだが行く事にした。
こんな寝坊の時は地元のウォーターパーク長瀞 Fishing Areaさんへ。
近場と言う好条件、イトウも狙える。言う事なしですね!
・・・寝坊の言い訳でしょうか?

 到着早々、お客様も少ないので足早に料金を支払い場内へ。
今回はサンプルロッドを試す目的でしたのでノンビリと試せそう。
詳細はまた違う機会に報告するとして。ルアーはフレッシュバック80シリーズとフレッシュバック100F/SP/MDFをローテーションしながらイトウを狙って行こうと考えている。
目を池に向けると噴水周りで回遊しているのが見えたので、早速キャストすると着水して直ぐに激しいチェイスが見えた。
興奮しているとFBを銜え込み反転する姿が見えたが、スーーーッと抜けてしまう。
「ここまで活性が高いイトウも珍しいなぁ。」
などと思いながらも気を取り直して再開。赤系のFBに交換して見ることにした。
理由は小雨と多少の濁りナチュラル系よりここはアピール系で濁りの中でもシッカリと魅せて誘いたいと考えた。
何匹か活性が高いと分かったので狙い始める。
小刻みにトゥイッチを入れると先ほどと同じ様にチェイスを始めた。
慎重に喰わせのタイミングを計り、合わせを入れると水面で首を大きく振り抵抗を見せたが落ち着いてランディング。
一匹目にして80アップを手にする事が出来て嬉しいのだが、やはり天候と来場者が少なかった為で、「私がどうこう・ルアーがどうこうではなかったかもしれないなぁ。」と考えもする・・・
二匹目も回遊している所へFBを通すと喰い上げて来た。
同サイズ位だったと思う。非常にパワーがあり走られもしたが、サンプルロッドの前ではその有り余るパワーを抑えるだけのトルクを感じられスムーズに寄せランディング。
30分位色々試して派手系のFBに反応しなくなってしまったので、暗めの色にチェンジ。このローテーションは見事当たった。
直ぐに3匹目のイトウがヒット。リリース後には4匹目がヒット。
しかし好調はここまで、その後は反応があるがヒットに至らず時間になり終了。好条件に恵まれたアングラーと言える日でした。

今日の収穫はトゥイッチを入れている時に、軽くロッドを上に煽る様にするとミノーがヒラを打つタイミングがズレて、尚且つ上に飛び出すような泳ぎを見せた時にイトウが連られて反応する事を知ったので次回はもう少しバリエーションを増やして挑んで見たいと思いました。

1  2  3