アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Area Gate > 河津葉 Archive

Area Gate

河津葉 Archive

マス釣り場

2009年10月 1日

河津葉

 

休日に家族で温泉旅行へ出かけ、姪に迫られマス釣り場に立ち寄った。
そこは餌釣り専用の釣り場で、河川を利用したオーソドックスなタイプで、私も幼少の頃、各地のマス釣り場で楽しんだ記憶が蘇った。

疑似餌を使った釣りを覚えてから、久しく足が遠のき、釣れるかどうか?不安はだったが、釣り始めてみれば、体が覚えてるものだ。

小雨の降る中、姪に手ほどきをし、竿に伝わる魚の引きを手にとらせ、非常に満足の様子で私もホットした。

人数分を釣り、早々に切り上げ、囲炉裏で焼いて食した。
シチュエーションもプラス効果で美味しく頂いた。

この感覚と記憶を大人になっても忘れずにいて欲しい。
釣り好きの伯父としては…

 

     

 

エリア日和り

2009年5月15日

河津葉

 GWに早朝から、栃木県のエリアへ行ってみました。

 天候は曇天で肌寒いが心地良い季節で、釣り日和って感じです。
大きく3つのポンドで形成されたエリアで、1カ所は大型のニジマス・ブラウンなど狙えるポンド、2カ所はレギュラーサイズがが数多く、ポンドごとに特色を持ったゲームが楽しめました。

     

 

 朝は、虫を意識したライズが数多く見受けられ、サーフェス狙いで、ルアーをセレクト。


 今回は様々なルアーのローテーションでサーフェースゲームをテーマに…

 ジャングルホップ・ゴーダ・シェルビー・ペタルをレンジ・飛距離で使い分け、
途切れることも無く、釣果を伸ばす事ができた。

パターン的には、サイトフィッシングは規則正しいリズムでスイムするゴーダ・イレギュラーアクションのペタル。

ゴーダでは届かない飛距離の表層はスプーンではシェルビー、プラグはジャングルポップ。

     


 サーフェスを狙った際に、毎回、ルアーの後ろを一定間隔でチェイスし岸際でUターンするトラウトと遭遇した事がないでしょうか?

 この時にゴーダであれば、一瞬、リトリーブスピードの変化を付けてみてください。
この時、規則的にアクションしていたルアーが、一瞬バランスを崩し、パターンが合えば、この時にバイトに結び付く可能性があります。
しかし、素材の比重から、極端に遅いリトリーブスピードでは、トレースしたいレンジから外れてしまいがちになるが、比重の軽いシェルビーであれば前者でトレースが難しいレンジをカバーする事が出来ます。

 あくまでも、トレースレンジの話で、2つのルアーのアクションとシルエットは
全く異なるので、状況に合わなければ逆効果になります。


 今回はルアーローテーションで楽しみましたが、「一種類のルアーでカラーローテンションのみで釣る!」など、テーマを決めて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

初心に返って

2008年9月 3日

河津葉

エリア‥‥
昨今、エリア・管理釣り場・マス釣り場など、魚種や釣方は異なるが、私が慣れ、楽しんでいる場所の一つにトラウトルアー・フライがメインとなるエリア。

いつの日からか、こう呼ばれる様になったか記憶に無いが、私が初めて自然渓流・湖以外の有料釣り場へ行ったのは幼少の頃で、当時はマス釣り場やマス釣り堀などと呼んでいた。
諸先輩方も観光地などで看板等を目にしたことが有るかと思います。

様々なエリアがありますが、ここで記載するエリアとは、従来のイクラなどを用いた餌つりマス釣り場では無く、ルアー・フライをメインとした釣方のマス釣り場です。

どなたでも気軽に楽しめる釣り場の一つかと思います。

しかし、気軽に楽しめる反面、スポーツフィッシングで有る故に、様々なルールが存在します。もちろん、趣味でありスポーツで有る以上、釣り場によって様々なルールが存在していますので、釣行前には事前に各エリアのレギュレーションを確認してから釣行へ行かれる事をお願いしたいと思います。

簡単に足を運べ、タックルさえ有ればと言う所で、魚を釣ると言う事に気をとられ、
肝心な部分を疎かにしがちです。 釣り具の他に出来れば、何点か用意して頂き、安全に楽しく釣りを楽しんでもらいたいと思います。
以下に記述する物はファッション性とかでは無く、ご自身の身を守るのはもちろんの事、周囲の釣り人への安全への配慮でもあります。

●帽子・日差しなどから頭を守る以外に障害物や不意にルアーなどが頭部へ接触した際に多少は衝撃を軽減する事ができます。

●眼鏡・サングラス・紫外線から目を守る為でもあり、帽子同様、障害物やフッキングミス等によるルアー等から目を守る為にも必ず着用を心掛けて頂きたいです。さらに偏光サングラスで有れば水面のギラつきをおさえ、魚体やストラクチャーなども発見しやすく釣果向上にも繋がります。最近ではお子様用のサングラスも有りますので、釣行前に必ず備えてください。

●ファーストエイドセット・バンドエイドや簡易消毒液等、多少の傷やけがに備えて、タックルボックスの片隅へ忍ばせて頂ければ、もしもの時に役にたつかと思います。

●釣り保険・各保険会社で様々なプランがありますが、ご自身で判断いただき、備えあれば憂いなしと言った所でしょうか。お手頃な価格ですと月額数百円からございます。

他にも御座いますが、最低限の物とお考えください。

年々、自然渓流・湖・エリア問わず、事故が増加している事があり、実に水難事故の1位が遊泳中の事故、第2位は釣行中の事故と先頃ニュースで流れておりました。

マナーとルールを守り、安全なフィッシングライフを皆様と楽しみたく思います。

先日、サポートアングラーのすだ氏と神奈川県にある「開成水辺フォレストスプリングス」へお邪魔しました。実に私も久しくエリアへ足を運んで居なかった為、戸惑う部分も有りました。ボイスは釣果の報告等御座いませんが、私も日々初心へ帰り、安全とルールを守り楽しい釣行となりました。

 当日のコンディションや釣果等は、すだ氏のボイスを参照して頂きたく思います。

 管理釣り場では多種多様な魚が釣れます

 

‹‹ 1  2  3  4