アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 増田聖哉 Archive

Bass Gate

増田聖哉 Archive

JB河口湖A開幕戦 準優勝

2015年4月17日

増田聖哉

4_5_2nd.png

こんにちは増田です。

去る4月5日、僕にとって今シーズン開幕戦となるJBトーナメント
「JB河口湖A 第一戦」にて準優勝しましたので、
今回は そのご報告です。

いつもと感じが違う2015年・河口湖の春。
プリプラクティスの時点からシャローのベイト、バスともに少なく、
今回のトーナメントは 正直どう釣っていこうか?
‥かなり悩みました。

そんな中、前日プラクティスで新たにシャローに差してきた
「中型サイズのオス」と思われるバスを各所で発見!
この魚が比較的アクティブでルアーへの反応もよく、
ロースコアが考えられる大会当日は
この魚を軸に展開していく事に・・・

今回の狙いは プレッシャーのかかりにくい2m前後のフラットエリア周辺で
上下に移動している「動きのあるバス」。

風や光量、プレッシャーなどの要素でその動きはまちまちですが、
とにかく「動きが出た時」をイメージしてバイトが出るまで待つ釣りです。

使用するルアーは
1.1.3?1.8gスモラバ (ノントレーラー)
2.ポークのダウンショット
3.1mと2mを引けるシャッド2種
の三種をローテーションして、

結果、9時頃と10時半頃 計2回のバイトを獲て
2フィッシュ・4515gをウェイイン。

難しい春の河口湖戦を
準優勝で終える事ができました。

今回は
リニアにアクションを加えられるソリッドティップと
Xカーボノロジーで仕上げられたパワーバットがミックスされた
モーラ・MSGS-62ULXXFがメインロッド。

春は圧倒的に反応がよい細糸(2.5lbフロロ)
とのセッティングは絶妙で、
自分にとって外せないセットの一つですね。

ちなみに
このトーナメントでウェイインされた魚の平均は
一匹あたり1.2キロ。
解りやすく言うと「40cm前半のバスが普通サイズ」で、
やはり春の河口湖は出ればデカイ!

少ないバイトにビッグバスとの細糸ファイト、
なんともシビレるトーナメントでしたよ(笑)



<タックルデータ>

1. 1.3?1.8gスモラバ用
ロッド・MSGS-62ULXXF
ライン・R18リミテッド 2.5lb
リール・イグジスト2004(バンガードSP)

2. ダウンショット用
ロッド・MSGS-63ULXF
ライン・R18リミテッド 2.5lb
リール・イグジスト2004(バンガードSP)
シンカー&フック・1/16oz&デコイ,ショットリグ#5

3.シャッド用
ロッド・MSGS-65L+MF
ライン・R18リミテッド 4lb
リール・イグジスト2004(バンガードSP)

2bass_hold.png
春の河口湖は出ればデカイ
s_62ulxxf.png
細糸とのセッティングに欠かせないMSGS-62ULXXF

JB河口湖A 第4戦 優勝

2014年9月19日

増田聖哉


masuda012_1.jpg
ウィニングタックルはモーラMSGS-62ULXXFとMSGS-63ULXF

去る9月14日 河口湖で開催されたJBトーナメント (イースタン河口湖A第4戦)で優勝しました!
今回は そのご報告です。

9月に入り 刻々とタフコンディション化してきた河口湖。
この試合では「出るとデカイ!」水深7m以深のディープネイティブバスに的を絞ってプラクティスを進行。
前日に開催された2人乗船のトーナメントJB2戦では、そのディープネイティブバスのサイズ的ポテンシャルを再確認しつつ5位に入賞。
少しだけ良いイメージを持って翌日の河口湖A戦に臨みました。

ただ 直前から連日の気圧上昇や連日のトーナメント開催によるプレッシャーで、
当日は魚の動きが止まってしまい大苦戦。
思うようにバイトが得られず 時間だけが過ぎて...
気付けば12時過ぎ。

その後、集中力を切らさないよう気合いを入れ直し ロイヤルワンド内のフラットエリアに移動。
魚探を見ながらバスらしき映りを探していったところ、バスらしき魚がボトムから1m程浮いている映像を発見!

今回、ディープ攻略用にセッティングしていた2.2gのスモラバ、
「モーラMSGS-62ULXXF+R18limited2.5ポンド(リーダー1号)」を真下を釣るシューティング気味に送り込んだところ「スッ」と押さえ込むようなバイト。
その後 明らかにフツーではないファイトが始まり‥
上がってきたのはロクマル近い魚体!
シビレましたね(笑)

その後 ポークのダウンショット「MSGS-63ULXF+R18limited2.5ポンド(リーダー08号)」を 同じくシューティングスタイルで使い、終了間際にもう一匹追加してタイムアップ。
最近の河口湖ならではのスーパーキッカーを混じえて優勝する事が出来ました。

今回 キッカーフィッシュをキャッチしたMSGS-62ULXXFは、
ニューモデルになり ベリー〜バット部のトルク感が飛躍的に向上したモデル。
使用ラインが細かった為 もちろん寄せては離されの一進一退のファイトでしたが、
ランディング直前で グイッと魚を誘導するパワーに最終的に助けられました。(^ ^)

masuda012_2.jpg
決め手となったスーパーキッカー

梅雨突入〜

2014年6月19日

増田聖哉

masuda011_2.jpg
ハードルアー全般に汎用性の高いモーラ MSGC-66MF

今年も梅雨時期突入!
本来 シトシト・ジメジメの梅雨時期、
今年はちょっと様相が違い 大雨と快晴の繰り返しで バスの活性もアップダウンが激しい感がありますが‥
その分 気圧が下がった時はチャンス倍増ですね。

そんなこんなで
先週は、トーナメントのプラクティスとして釣行した河口湖で
雨の中 なかなか楽しい釣りが出来ました。

キャッチ数は 一日でちょうど二桁程の釣果ですが、
産卵も終盤に入った河口湖は アフター回復系の魚が日に日に増えていて
コンディションの良い魚ばかり。

表層系のバズベイトにはじまり
スピナーベイトやチャターベイト
中層のスモラバミドストなど、
表層〜中層の釣りで「ガンッ」とバイトが出るのは
たまりませんね (笑)

この時のタックルは、
ハードルアー全般に使いまわしやすい
モーラ MSGC-66MF+R18limited12ポンドと、
中層スモラバ用のスピニングタックル
モーラ MSGS-62ULXXF+R18limited4ポンド
のほぼ二本立て。

梅雨時期特有の横の動きに好反応なバスを攻略するには
ベストな2タックルです。

 

masuda011_1.jpg
中層スモラバ用のスピニングタックルはソリッドティップのモーラ MSGS-62ULXXF

 

1  2  3  4  5