') ?> Bass Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 2012年8月 Archive

Bass Gate

2012年8月 Archive

yamazake036_1.jpg
ハンドランディングで魚体を確認した時、口のデカさに圧倒されました。

みなさん猛暑の中バスフィッシングに行っていますか?
自分は少し夏バテ気味です。でも、霞ヶ浦周辺では稲刈りが始まりましたので秋はすぐそこです。
霞ヶ浦水系の状況は、まとまった雨が降らず減水して、水質も悪く釣果はイマイチですね。
 
さて、今回は連休を利用して琵琶湖に遠征してきました。
お世話になったのは中部を中心に活躍している武久さんです。

スロープに到着すると雨が降っていましたが琵琶湖らしいビックバスを求めて出船しました。
今日のテーマはずばりシャロー!
まずはフロッグで沖目に点在するエビモ、カナダモをテンポよくチェックしましたが活性がないのか咥え込まないバイトしかありません。
エリアを変えてヒシモを撃っていくと武久さんのフロッグにでてきました。
そのままヒシモを流していると木の下にヒシモが無く水面が出ているスポットがありました。
そこだけ不自然に空いているのはバスを釣っているからだと思うので一年中居ついてる超一級スポットですね。
 
慎重にアプローチすると「バフッ」と出ましたがフッキングならず…
すぐに同じトレースコースにキャストして今度はスローにテーブルターンさせると「バフッ」と出て、一呼吸おいてフッキング。
後はヒシモ越しなのでゴリ巻きしましたが“MGC-70MHM-PE”が耐えてくれました。ランディングしようとしたらあまりの口の大きさにビビりましたね。
霞ヶ浦水系では一生釣れないであろうサイズで63cmもありました。
雨が降っていたのでフロッグのシルエットがハッキリするブラックカラーが効いたと思います。
 
ヒシモが濃いエリアに来たので今度はパンチングをしてみました。すぐに武久さんがナイスサイズをキャッチ。続いて自分も“MGC-711XXHM-PE”でゲット。
ヒシモが絡むとかなりの重さになるんですが“MGC-711XXHM-PE”のパワーでヒシモごと抜き上げられました。ガチガチではないので繊細なバイトもティップが感知します。
 
晴天になってからはバイトがパッタリなくなったので、沖のウィードに移動しました。

跳ねジグヘッドは琵琶湖独特の釣り方だと思うので武久さんに見せてもらいました。
ピシッ、ピシッとロッドを煽りウィードを切る感じでエビが逃げているようなアクションを演出しています。
琵琶湖はブルーギルの動きが重要なのでリアクションで活性が上がり、バスも反応するのかもしれません。
ロッドは“MGS-70MF-PE”はPEを用いる跳ねジグ専用。メリットを生かした小径ガイドセッティングになっています。パワーのバランスが重要な竿で武久さんは使い易いと言っていましたよ。

これからビックフィッシュというときに風が強くなり残念ながら終了になってしまいました。
今回は琵琶湖らしい釣りができたのと、武久さんと釣りができいろいろ勉強になった1日でした。

PS.バスボートを砂浜に刺してホテルのランチ(盗難防止のために見張り役の人がいて、帰りには砂でデッキが汚れないように足拭きマットを置いてくれました)が食べれて最高のサービスに感動しました。

yamazake036_2.jpg
yamazaki036_3.jpg
ベットの奥に打ち込みヒット!格闘です。 スリリングで楽しいパワーゲーム
1