') ?> Bass Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 2013年8月 Archive

Bass Gate

2013年8月 Archive

池原ダム釣行 続編

2013年8月 8日

増田聖哉

masuda006_3.jpg
池原の自然を満喫

こんにちは増田聖哉です!
前回に続き 池原ダム釣行〜続編です。

刻々と水温&気圧が上昇していった今回の池原釣行、
そんな中 確実にバスに近づいていけたのが 前述したノーシンカーワームのパターン。

そして、もはや定番的とも言えるジョインテッドクローの釣りも
微かにパターンとして残っていました。

ただ、いつもの「巻き」の釣りは魚がスローになっており無反応。
ピンスポットをスローに釣るスタイルのみで反応を得られた感じです。

ほぼデッドスティッキングのような釣り方なので、
同じジョイクロでも比重や水中姿勢を調整し  4個のジョイクロをローテーションしながらの釣り。
この釣りでは、モーラの711XXHM-PEがピッタリでした!

ラインは、フロロカーボンR18LIMITEDの20ポンドセッティング。
このセットはゴミ溜まりのパンチングにも使用したので、
「もう1セット持って行けばよかった…」と チョイ後悔でしたね(涙)

また、
サスペンド系のバスが多い池原ダムでは絶対に外せないのが、
立木や岩盤などのタテモノを釣るリグ。

広いダムをスピーディにチェックする事も踏まえ
スワンプクローラー16分の1ネコリグをベイトフィネスセッティング。

もちろんロッドは、MGC67LXFで
ラインはR18LIMITED8ポンド。
沈めて〜チョンチョン〜回収 と
きわめてアッサリとした釣り方ですが、
「フォール中のどのタイミングでバイトが出るか」を観察していくと、
その日その時のバスの状態が読み取りやすく
ベースになったタックルでした。


今回の池原ダム釣行。
ちょっと厳しいタイミングでの釣行だったものの
池原ならではの雰囲気や自然を満喫出来、
もう最高!でした。

お世話になった皆様
ありがとうございました。

masuda006_2.jpg
4つの異なるセッティングをローテーション
masuda006_1.jpg
1/16ネコリグのベイトフィネスセッティング
1