') ?> Bass Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 2013年10月 Archive

Bass Gate

2013年10月 Archive

秋の野尻湖

2013年10月11日

増田聖哉

masuda009_3.jpg

先週は、久しぶりに長野県の野尻湖へ釣行してきました。

ちょうど水温が低下してくる時期の「10月の野尻湖」
タイミングによっては、かなり厳しい状況になる事もあるけれど‥
それはそれで面白いモノ。

湖中のスモールやベイトの動きをイロイロ考えながら、
秋の野尻湖を満喫してきました。


まず初日は、
シャローからディープまで ありとあらゆるパターンを試しながら
湖を一周〜

8〜12mラインでポツポツ魚をキャッチしたものの、
一番期待していた「表層ボイル」や「トップウォーター系」の釣りは
ほぼ反応無し!
ヒシヒシと その厳しさを感じた一日でした。


明けて翌日からは、ディープ中心のスタイルにシフト。

フラット+ハードボトムのスポットでエビかゴリ?と思われる底棲生物のフィーディングパターンがあり、時間帯によっては もうボコボコ!
3箇所で計30匹程‥スモールの入れ食いを楽しんじゃいました。


さらにその翌日はちょっとした撮影予定もあり
楽しみにしていたところ、朝から北の強風。

「魚の動きが変わるだろうな」と思っていたが、
残念ながらその通りに…

前日とは、打って変わって魚の動きがなくなり、
結局 ややスローになりながらも、ディープの魚を粘り獲るのが正解でした。



今回は、ディープレンジの釣りが中心だった野尻釣行。

この時期、手堅く魚を釣るキャロライナリグには、
モーラのMGS-70MLF&フロロ3ポンド・リーダー08号のセット。

また、1.8g以下のよりライトなキャロライナセッティングには、
メバルロッドのピンウィール PMGS-73を投入。
ラインは、フロロ2.5ポンド・リーダー06号のセッティングです。



今回、一番爆発力があったフラットディープのフィーディングパターンには、
モーラMGS-62ULXXFで、1.8gスモラバ+ハンハントレーラーのセットが大活躍。

クレハR18リミテッドの2ポンドという細めのラインを使い、
ジグのウェイトを変えずに12mレンジまでカバーしていくのが ちょっとしたキーポイントでした。

最近は、野尻湖や桧原湖などのスモールマウスフィールドで
多くの方に支持頂いているMGS-62ULXXFは、
食い込みだけでなく、ディープレンジでのハングオフやフッキング力をも見据えた
ソリッドティップフィネスモデル。

僕自身、3ポンド以下のラインを使いこなすフィールドでは、
絶対欠かせないロッドのひとつですね。

masuda009_2.jpg
masuda009_4.jpg
masuda009_1.jpg
1