') ?> Bass Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 2014年9月 Archive

Bass Gate

2014年9月 Archive

秋の巻物

2014年9月30日

山崎誠


yamazaki055_3.jpg

すっかり秋になってきました。
今年は夏が短かったような感じがしますが、いつの間にか朝晩は寒いです。

秋と言えば巻物季節!

例年なら釣れていますが、今年の霞ヶ浦はちょっと違います。

まず、台風が上陸していない。(できれば来ないで欲しいですが...)
まとまった雨が降っていないので湖の水が入れ替わっていない。

稲刈りしてから雨が降っていないのと、ターンオーバーが重なって水質が濁りぎみ。
そしてもっとも重要なベイトフィッシュのレンジが深いこと。
スピナーベイトやクランクベイトなど巻く場合はやはりベイトが沢山居るほうが釣れますからね。

オカッパリしている方は足元を見てください。
いいエリアだとゴリやエビが居ますから。

そんな状況なので、ベイトが居て水が生きているエリアをランガンです。

単発ですがベイトを沢山捕食しているメタボバスが釣れます。

クランクベイトにはモーラ MSGC-66MFです。
1.5m以上潜るクランクにはMSGC-69MHFをセットしています。

先日はシャッドテールワームのノーシンカーでいい釣りができましたよ。
ワームの重量があったのでMSGC-69MHFにセット。

今の霞ヶ浦は数は釣れませんが、ハメればナイスサイズが釣れます。
秋らしい釣り楽 しいですよ〜。


そして、今年もBasserオールスタークラシックの季節になりました。
会場は「水の郷さわら」
日程は10月25日、26日の2日間!

アングラーズリパブリックのブースではモーラ全機種を展示してお待ちしています。
自分は日曜のみお手伝いに行きますので、みなさんにお会いできると嬉しいですね。

yamazaki055_1.jpg


yamazaki055_2.jpg

JB河口湖A 第4戦 優勝

2014年9月19日

増田聖哉


masuda012_1.jpg
ウィニングタックルはモーラMSGS-62ULXXFとMSGS-63ULXF

去る9月14日 河口湖で開催されたJBトーナメント (イースタン河口湖A第4戦)で優勝しました!
今回は そのご報告です。

9月に入り 刻々とタフコンディション化してきた河口湖。
この試合では「出るとデカイ!」水深7m以深のディープネイティブバスに的を絞ってプラクティスを進行。
前日に開催された2人乗船のトーナメントJB2戦では、そのディープネイティブバスのサイズ的ポテンシャルを再確認しつつ5位に入賞。
少しだけ良いイメージを持って翌日の河口湖A戦に臨みました。

ただ 直前から連日の気圧上昇や連日のトーナメント開催によるプレッシャーで、
当日は魚の動きが止まってしまい大苦戦。
思うようにバイトが得られず 時間だけが過ぎて...
気付けば12時過ぎ。

その後、集中力を切らさないよう気合いを入れ直し ロイヤルワンド内のフラットエリアに移動。
魚探を見ながらバスらしき映りを探していったところ、バスらしき魚がボトムから1m程浮いている映像を発見!

今回、ディープ攻略用にセッティングしていた2.2gのスモラバ、
「モーラMSGS-62ULXXF+R18limited2.5ポンド(リーダー1号)」を真下を釣るシューティング気味に送り込んだところ「スッ」と押さえ込むようなバイト。
その後 明らかにフツーではないファイトが始まり‥
上がってきたのはロクマル近い魚体!
シビレましたね(笑)

その後 ポークのダウンショット「MSGS-63ULXF+R18limited2.5ポンド(リーダー08号)」を 同じくシューティングスタイルで使い、終了間際にもう一匹追加してタイムアップ。
最近の河口湖ならではのスーパーキッカーを混じえて優勝する事が出来ました。

今回 キッカーフィッシュをキャッチしたMSGS-62ULXXFは、
ニューモデルになり ベリー〜バット部のトルク感が飛躍的に向上したモデル。
使用ラインが細かった為 もちろん寄せては離されの一進一退のファイトでしたが、
ランディング直前で グイッと魚を誘導するパワーに最終的に助けられました。(^ ^)

masuda012_2.jpg
決め手となったスーパーキッカー
1