アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Bass Gate > 山崎誠 > 沖の浚渫で狙いどおりのゴーマル

Bass Gate
yamazaki059_2.jpg
水のキレイなエリアと白魚がキーとなった

早い方はゴールデンウィークになりましたね。
毎年のことですが、この時期になると霞ヶ浦水系は田植えで濁ってしまいます。
流入河川では水を汲み上げてしまうので減水と状況は良くないです。

そんな霞ヶ浦ですが、ハメれば結果も出るので楽しい所ですね。

この日も濁ってるので霞ヶ浦を走り回って水がキレイなエリアを探しました。
沖にある浚渫は澄んでいて、白魚が沢山泳いでるのが見えました。
キャットフィッシュは白魚を追っかけてずっと捕食する活性の高さ。
間違いなくバスもリンクしてるので粘ってみることに。

フットボールジグ1/2ozにMSGC-69MHFのセットで浚渫の壁をフォールさせると強烈なアタリ!

キャットフィッシュじゃないことを祈りつつ巻くとビックバスです。
コンディション最高な50cmでやっぱり居ました。

モーラ MSGC-69MHFを使ったのは、フットボールジグのウエイトをしっかりティップで感じたかったからです。
岩1つ1つを乗り越えエッジからのフォールというシビアな釣りで、キッチリ底の取れる一本ですね。

yamazaki059_1.jpg
フットボールジグ1/2ozにMSGC-69MHF