アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 池田雄一郎 > 高活性だったサーフシーバス

Salt Gate

高活性だったサーフシーバス

2012年10月18日

池田雄一郎

ikeda004_1.jpg
ショアガンの高いバランスは長時間のキャストでも披露は少ない

先日深夜に仲間と湘南サーフに行ってきました。
波は高いし、波足も長いので波裏になるエリアでスタート。

開始早々に自分のタイドミノー175スリムにヒットしましたがエラ洗いでバレてしまいました。
次に仲間がノード150でヒットさせましたがこっちも同じようにエラ洗いでバラシ。

海が荒れていて捕るのが大変な状況でしたが、直後にヒット。
今度は74cmの立派なサーフシーバスをキャッチすることができました。
さらに、立て続けに仲間にも71cmがヒット。

その後はバイトはあるもののなかなか乗せられず、サメやらエイやらで釣れるのは外道ばかり。
タイドミノー175スリムにヒットしましたがエラ洗いでまたバラしてしまいました。

しばらくして、仲間は先に帰ることになったのですが自分は朝まで頑張ることに…


その甲斐があって69cmの良型を追加させることに成功。
さらに粘ってタイドミノー145でもヒットさせましたがエラ洗いでまたしてもバラすことに。

長いようで短かった夜も明け、日が出てきたので納竿。

かなり荒れていたから難しかったのですが、それにしても今回はバラシが多過ぎました。
魚の活性は高かったので悔しさが残りますが、秋のサーフシーバスに期待が高まります。

ikeda004_2.jpg 
ツーショットを決めることができました。