アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 池田雄一郎 > 番外編のハゼ釣り

Salt Gate

番外編のハゼ釣り

2012年10月26日

池田雄一郎

ikeda005_1.jpg
ハゼ釣りも勉強になるなぁ…

先日の日曜日に子供を連れて近くの相模川河口にハゼ釣り行ってきました。
シーバスのベイトにもなるハゼの研究にもなるかな?

今年はハゼが不調と聞いてましたが噂通りで最初は釣れなくて苦戦。
ですが途中でパターンを掴みました。

それは投げてからゆっくりと巻いていると何ヶ所か岩などの障害物で根掛かりしてしまう場所があり、仕掛けが切れてしまうのでそこは嫌だと思い避けながらやってました。
多分、他のアングラーさん達もそうしてると思いますが、長男が岩などに引っ掛かり枝針を落としながらもハゼを釣り上げました。

自分はそれを見てハゼもしっかりストラクチャー周りに溜まっていると判断。
仕掛けはメインラインを太くして枝針のラインを極端に細くする。

そして通常ハゼの仕掛けはハゼが底にいるのでキスの様に仕掛けが長くないのですが、自分は仕掛けをキスの様に長くして枝針を5本付け、さらに途中にガン玉を2つ付けて仕掛けを底にはわすイメージにしました。

投げてからゆっくりと巻いていてストラクチャーに引っ掛かったら巻きを止めて仕掛けを放置しておく。少ししたら竿を立てて巻き上げてくるとハゼが2連で付いてました。

作戦は成功。

枝針がストラクチャー周りに漂い誘ってくれるのでストラクチャーに潜んでいたハゼが餌を食ってくれたのでしょう。

その後、2時間位で良型のハゼを10匹位釣る事が出来ました。

子供たちとハゼ釣りを十分に楽しみ、ハゼの居着くエリアも探れ、シーバス釣りのヒントも掴めた1日となりました。

ikeda005_2.jpg
ikeda005_3.jpg
無邪気で大胆な子供の釣りがヒントになった 短い時間ながら満足のゆく釣果