') ?> Salt Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 2012年11月 Archive

Salt Gate

2012年11月 Archive

komachi027_1.jpg
このクラスが連発。正にハイシーズンですね。

三浦のスズキが凄い。
近頃は湘南エリアから少し足を伸ばし、三浦方面へ出釣しています。

クオリティの高いシーバスと出会える事で有名な当エリアですが、そのピンポイントを見つけ出すのは容易でなく、やはり、一筋縄ではいきません。
自分自身、数年前から通ってはいるのですが、これまで幾多に及ぶ挫折を経験してきました。
その挫折の分、近頃では時間軸と釣れるエリアがだんだんとマッチしてきており、
改めて失敗とリカバリーの大切さを感じているところです。

広大な半島の中で何処に的を絞るかというと、手がかりになるのはやはりベイトの存在。
いくつかあるポイントを北部から順にチェックしながら南下して行きます。
当然、竿を出さない場所もあり、その作業だけで終わる日もあるのですが、それはそれ。
釣果に至るまでの重要なステップだと捉えるように心がけています。

そんなことを繰り返していると良いポイントに当たるもので、先日、南部の港周りで9cm前後の
小魚の群れを発見しました。
そのベイトの動きをしばらく観察していると、やけにザワついており、明らかに水面下で何かが起きていると判断できるものでした。

急いで仕度を整え、アプローチの戦術を練ります。
見るからにストラクチャーへ着いているベイトより、沖目をウロついている群れの方がピンチとなっている様子でしたので、距離感/ベイトサイズ/レンジ、これらを踏まえて、タイドミノー125SLDでコンタクトを図ります。

1投目でベイトが引っ掛かってきたので確認すると、正体はキビナゴ。
セレクトしたルアーは間違っていないと判断し、そのまま攻めを継続していきます。

引き方のバリエーションを色々と試しながらサーチする事、およそ5投目。
タダ引きしてきたルアーの中間点で暴力的なバイトが出ました!
その衝撃はブランクを伝わり、手元がブレる程の強さ。

確信のフッキングを決めると、相手は物凄い勢いで抵抗を始めます。
その引きはとてもトルクフルで、なおかつスピードもある。「スゲー重い!」

あまり、強引にファイトして口切れさせるのも嫌だったので、ロッドを寝かして
少しテンションを和らげると、次の瞬間、シーバスはチャンスと思ったのか、
一気にストラクチャーめがけて猛ダッシュ。

それならと自分も覚悟を決め、ショアガン(96ML)をバットからブチ曲げて応戦!
浮かせにかかります。

メインラインはPE1.0号を使用していましたが、強度的に問題なし。 
バットとラインにここまで負荷を与えてのファイトを強いられる魚は珍しいと思いましたが、それでもパワーの限界点に対してはマージンがある様です。

そこからは、完全に主導権を握り無事にランディング。
上がってきたシーバスは長さこそ80cmでしたが、ベイトをたんまりと蓄え腹パン状態!
重さも7kgに迫る勢いで、強いファイトに納得のコンディションでした。

その魚をリリース後、未だ消えない水面のザワつきに期待感を抱きながら同様の攻めを展開します。

すると、スグに反応が得られて爆バク状態。
数時間の内に 70cm 73? 60cm 65cm の計5本を捕獲。
潮流が途絶えるまで十分に楽しませて貰いました。

良い釣果に恵まれた今回の釣行ですが、サイズ目標はもっと高く設定していますので、
地元、湘南エリアと三浦をテーマにハイシーズンを戦い抜きたいと思います。


【Today's Tackle】
ロッド:PALMS ELUA ショアガン(SFGS-96ML)
リール:STELLA C3000S/SOM NO LIMITS CUSTOM 
ライン:銀龍PE×4(1.0号)

komachi027_2.jpg
タイドミノーSLDでキッチリキャッチ.JPG
komachi027_3.jpg
バットパワーの限界値はまだまだ!強くしなやかなショアガン
komachi027_4.jpg
ルアーに掛かってきたベイト
komachi027_5.jpg
体高と幅もGOODなランカー。強かった・・・

トップゲーム2

2012年11月13日

中野聡

nakano141_6.jpg
凄い飛沫でMPを消し込んだ魚は73cm。

=MPの実力=

午後から、北西の風が南に変わり強く吹く予報。
お昼後の上潮をメインに考えていたが、朝一の下げから本命の場所へ。

風はほとんどない。
40cmサイズが、いくらでもヒットする。
この場合は、MPの実力が試せる。
小型の猛攻を交わしながら、イラつかせる動きで。
「ガボッ!」
「そのトップ、凄い出かたですね。」と大村さん。
「ヒットは減る場合がありますが、このデカタはしびれますね。」
と話ながら、ランディングした魚は64cmの太った魚体。

そして、淡々とヒットを続ける保美さん。
「ちょっとサイズ上がったかな。」と魚をいなして、ランディング。
サイズは73cm。

一緒にチームを組んで仕事している仲間との息抜きを含めた今釣行。
みんな釣りが上手い。
そして、息が合う。
笑いが絶えない。
オヤジジョークの連発f^^;
みんな、それぞれのスタイルで楽しむ。
釣りとは、そんなものだ。
他人のスタイル等どうでもよく自らの気持ちを全うして楽しめば、
世界感が広がり取り組むもの全てが楽しみとなるのだ。

船の上で、大村さんの携帯電話の音が次々と響きわりる。
撓ったロッドを持ち、
「この前の図面は、・・・・・」と、携帯を肩に挟み
60cmのシーバスをキャッチ。
何をやるにも、全開・全力投球の彼は本当にリスペクトしている僕。

操船しながら投げていた僕のMPプロトに大きな飛沫が上がる。
STロッドがルアーに生命感を与えた。
ガッチリとフッキングした魚は73cm。

午後から南が強くなりストップフィッシング。
沖は大時化となって、冬の気配を感じた。
三人で翌日の仕事の打合せを軽くして、秋の夕暮の中、帰路へ向かった。


ロッド/ベイマチック http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート/誠丸 http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-770ML  BMGC-59ML
リール :セルテート2508RH,2500R ,ZILLION100H
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : MPプロト、シーバックシャープ、タイドミノースリム
ペニーサック、ゴッツオ他

nakano141_5.jpg
このゲームに最適なタックル。ベイマチック。
nakano141_3.jpg
大村さんは、タイドミノースリムで連発。
nakano141_4.jpg
保美さんの本日最大。
nakano141_2.jpg
朝一番のトップで64cm。
nakano141_1.jpg
nakano141_7.jpg
保美さんヒット連発。ロッドは常に撓っていた。 この方の笑顔が、本日の釣果そのもの。
komachi_026_2.jpg

上げのタイミングでボトムを丁寧にトレースして得た一本。

シーバスハイシーズンの湘南界隈。
寒さが深まるにつれて釣果情報を耳にする事が増えて参りました。

河口エリアの爆釣。朝マズメのフィーディング。三浦半島も連日好調?
各方面から有力情報は入ってくるのですが、やはりホームで勝ち点を得ていないうちはアウェイゲームも楽しめませんので、近頃は自分が最も好きな片瀬川の中流域でストリームの釣りを楽しんでいます。

一口に中流域と言っても様々ですが、ベイト等の特別なファクターがない限り、ポイントセレクトの基準になってくるのが地形変化です。
川に通いつめてアタマに叩き込んだ地形変化を辿り、最もブレイクがキツイポイントに照準を絞ります。
特に潮位変動の激しい潮廻りでは、効率的な捕食活動のため、水位差(ブレイク)が明確にあるポイントがシーバスにとって格好のフィーディングゾーンになるので、これを念頭において釣りを展開します。

この様なポイントでの基本的な狙い方を考察すると、自分の中では上げ潮と下げ潮時で2種類に大別できます。

まず、下げ潮について。
下げの時間帯は、上流から流れ落ちてくるベイトをイメージして表層を狙います。

本流に引っ張られて沖にキレイな潮目が発生。その潮目とブレイクが重なったチャンスゾーンに対して、ナチュラルにルアーを流し込んで行くのがセオリー。
もし、反応が得られなければ、ルアーローテでアクションとレンジの質を変化させ、バイトの出るピンポイントを探って行きます。近頃は小型トップウォーターでの反応が多く、エキサイティングな釣りが展開できています。

一方、上げの際は潮に乗って河口方面から差してくる魚を狙ってボトムをサーチします。

当然、表層での反応が得られればこの限りではないのですが、新たに入ってきた魚を狙うイメージですので、塩分濃度の濃いボトムを釣るというのは正攻法ではないでしょうか。

波動の強いシンキング系ルアーを用い、丁寧にボトムをトレース。最も、厚みを帯びたくさびでターゲットとルアーをコンタクトさせる事が出来れば、たちまち「ゴンッ!」です。油断をすれば根掛り多発のアプローチですので、そんな難しさが集中力を高めるものかと。

上記の様な攻め分けで、これまでに何度かランカーを捕獲した経験はあるのですが、なかなか宣言通りとはいかず、「数釣る中で大きいのが交じった。」と、いうのが正直なところ。
何年もかけて取り組んできたものの、スーパービッグを予告通りに狙って獲るというのはハードルが高く、それを体現してしまう先輩諸兄アングラーにはいつも脱帽させられます。

先日、そんな名人の一人に久しぶりに釣り場でお会いできました。
シーバスの事、自然(風や流れ)の見方、この釣りにおける様々なノウハウを当時の自分に教えてくれた方と再会できたことを嬉しく思い、またこうして、今も同じ時間を共有できる喜びに浸りながら共に竿を振らせて頂きました。

やっぱ、釣りってスバラシイ!!

【Today's Tackle】
ロッド:PALMS ELUA ショアガン(SFGS-79ML)
リール:STELLA C3000S/SOM NO LIMITS CUSTOM 
ライン:銀龍PE×4(1.0号)

komachi_026_1.jpg

下げの効いたカレントでTOPに元気よく飛び出した一本。サイズの割に激しいバイトを見せてくれました。
komachi_026_3.jpg
名人、梶原氏。鋭い洞察力でバンバン釣っていく様に脱帽っす。
1  2