アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 > TOKYO BAY JIGGINNG

Salt Gate

TOKYO BAY JIGGINNG

2013年1月15日

中野聡

nakano143_1.jpg
2013年スタート

シーバスを初めて釣ったのが、小学4年生の時。
父親に連れて行ってもらった千葉港から“ルアーフッコ船”
という小峰丸と守山釣船店の2軒によく通った。

船の片舷のみに並んで乗船してオーバーで投げるスタイル。
カウントダウンラパラCD-7をメインに使っていた。
ロッドはシェークスピアのトラウトロッド、リールはミッチェル409。
ラインはデュポンストレインの8LB直結。

小学生の僕にとっては、夢のように釣れる日もあれば、
全く釣れない日も多々あったが、
バスとニジマスを釣る事と同じ位に、夢中になっていった。
やがて、ジグ専門に狙うスタイルで船橋から石友という釣船がルアー船として
スタートした。

冬場の深場に落ち、群れを生したシーバスは
スティングシルダ、パンサー(石友オリジナル)が本当に良く釣れ
今度は、ジグでの釣りに夢中になった。
35年も前の出来事・・・・懐かしい思い出。

年初の釣りのスタートは、ここ数年
冬場はルアーを作る事が多くほとんど実釣からはなれていたが
今年は深川吉野屋さんからスタートした。

この季節は、ジグのフォール中での小さいアタリを的確に取れると釣果が伸びる。
PE0.6?1.0号にベイトタックルに段差フックで釣ればかなりイージーなゲームが
楽しめると思う。

当日は、小春日で風もなくポカポカ。
魚の反応のわりに活性がイマイチであったが
同船した方達はそれぞれのスタイルで楽しまれていた。
お疲れ様でした。


深川 吉野屋 http://www.team-yoshinoya.com/tsuri.html


ロッド :メタルウィッチ MWVC633A ベイマチック BMAS-73M
リール :ミリオネアSW 203 
ライン :アバニ PE 0.8号1.0号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB
ルアー : シーブレード40g,60g

nakano143_2.jpg
風の塔横27mを狙う。一瞬入れ食いに。
nakano143_3.jpg
45cm位の小型が多いが元気が良く引きが楽しい。
nakano143_4.jpg
シーブレード40gが良く当たった。
nakano143_5.jpg
前職での思い入れを感じる東京ゲートブリッジの下を通過。
nakano143_6.jpg
穏やかな一日でした。