アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 > 横浜大型メバルハント

Salt Gate

横浜大型メバルハント

2014年1月27日

小町広一

komachi038_3.jpg
ピンウィール:PMGS-73

昼の気温が10℃を上回り、水面が鏡の様に凪ぐ微風。

この時期のメバル釣りに良い条件が揃ったつい先日、居てもたっても居られずに、ピンウィールを持って横浜方面へ出かけてみました。

とかく、アベレージが小さいと言われている横浜エリアですが、ガイド船では20cmや尺前後は当たり前の世界。
陸っぱりで狙えるエリアにも間違いなく大型は存在します!

大型に的を絞った場合、全体の流れとしては、秋口から年末につれてプリの個体が釣れ盛り、正月前後に一旦、産卵による谷間を経て、春に向けてまた釣れ出す。
と、いうのが通説。

WEB上で調べたメバルの生態と、フィールドへ立ち続けて得たデータから、大筋では間違っていないでしょう。

当然、それに当てはまらない居つきの個体も視野に入れてはいますが、バイトを得るのが簡単でない為、よりシビアなアプローチが必要となります。

この、大型メバルハント、自分の目標はあくまで尺超え!
合格ラインはその日のアベレージが20cmを超える事に設定しています。

バイトは主に表層とボトムに実績が集中しており、何れもソフトルアーでのアプローチとなります。

表層攻めは極小ジグヘッドを用いたデッドドリフト。
ボトム付近はダウンショットリグで、ロッド操作で底を感じながらフレアさせるというのがキーです。

このため、ロッドに求めるのはトータルバランス。
・超軽量ルアーのアキュラシー
・ボトム形状を明確に伝達させる感度


そんな視点で自分はオールチューブラーモデルのPMGS-73をセレクト。
これにPE0.3号を組み合わせて使用中です。

チューブラーにPEの組み合わせだと、ショートバイトへの追従性は落ちますが、ラインスラッグのコントロールで対処すれば問題なし。

このセッティングだと、小さな個体のショートバイトはあえて弾く事も容易となります。
フックセッティングにもキモがあるのですが、その部分はもっと煮詰まったらいつかご報告します。

と、ダラダラと書きましたが、結果は以下の通り。

日時:1/23(木) 23:30?25:00
天候:晴れ
気温:
釣果:18、20、21、22cm

決して入れ食い連発ではない釣りですが、
アベレージ20.25cmのギリ合格ラインでした。(^^;


【Today'sTackle】
Rod :パームスエルア ピンウィール PMGS-73
Reel:10STELLA/SOM NO LIMITS CUSTOM
Line:YGKよつあみ G-soul 0.3号(リーダーフロロ1.75号)

komachi038_1.jpg
表層付近のデッドドリフトにて・・・
komachi038_2.jpg
当日最大の23cm