アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 谷口一貴 > シーズン到来"ロックフィッシュ"!!

Salt Gate
taniguchi001_2.jpg

初めまして、鹿児島の谷口です。
この度は様々なご縁とご協力により、今後フィールドスタッフとしてアングラーズボイスに釣行レポートを掲載していくこととなりましたので、宜しくお願いいたします。
主に鹿児島を中心に九州の情報を発信して行きたいと思います。

 

さて、第1回目となる今回は、南国鹿児島におけるロックフィッシュゲームです。
鹿児島は1年を通じて比較的釣り物やフィールドに恵まれており、ここ近年ではロックフィッシュゲームも人気が上がって来ています。

特にオオモンハタ、キジハタの魚影は濃く、ヒットしてからのトルクフルなファイトに魅せられた多くのアングラーが足を運ぶフィールドも多数あり、これからの時期更に面白いゲームが展開出来るでしょう。

今回使用したのはアンリパから先の5月に発売されたLurk Shooterシリーズの“キジハタスペシャル”。
今までのロックフィッシュロッドとは一味も二味もちがうこのロッドは、ティップからベリーにかけてのしなやかさに加え、それでありながらハタ特有の突込みを確実に止めることのできるバッドパワーを有しています。
キジハタスペシャルはキジハタのみに限らずハタ類全般に対応するロッドなのです。

 

今回のフィールドは鹿児島県のシンボル桜島周辺!!そこを自前のボートで狙います☆

水深10m?20m付近を魚探を何度もかけながらベイトの付き場、回遊ルートを頭に描いていきます・・・。

当日の潮は大潮最終日ということもあって岬周辺を勢いよく潮が走っており、ベイトの状況も申し分なし。
開始直前は小型のオオモンハタやマハタが数釣れていたが、次第に反応がなくなりかけてきた。
しかし、あるエリアにかかった時、魚探に表層からボトムまでベイトが映った。
その瞬間、潮の流れに乗せながらテンションフォールさせたジグヘッド14gにバイト!
それは堂々の40アップだった!
ベイトの中を直撃するというより、回遊ルートを少し外れたコースでヒットしてきた。

ハタ類の魚、特にオオモンハタやキジハタというのは根をダイレクトに釣るというより、潮の流れやベイトを考えた攻め方が主流で、その過程でフラットな地形に沈み根やカケアガリなどが点在すれば高確率でヒットに持ち込めます。
しかし、ショアからの釣りではそれも見極めるのが難しいため、広範囲に攻めながら徐々に的を絞る方法がいいと考えます。
使用するリグも7g?15g前後と比較的軽く、ボトムに“ドスッツ”と落とすのではなく、魚に良く見せて誘う感じになります。

シーズン最盛期にベイトを追ってるようなときは、かなりの速巻きでも、また中層であってもバイトしてくることがあります。
またシーズン序盤や産卵後の回復前などは、甲殻類を捕食することも多く、スローな展開も必要になってきますので、その日その日の状況にいかに合わせていけるかが、ビッグワンへの第一歩です。

さて、話はそれましたが、その後も40前後のオオモンハタを数匹追加できた。
ワームをシャッドテールからピンテール系のワームに変えて、最初よりも速いアクションで流れを釣っていると・・・
“ドンッツ”
次の瞬間! ロッドが綺麗な弧を描き、今までとは明らかに違う突込み!!
流れに乗りながら一気にブレイクラインまで走ろうとするその有様は明らかなランカーと確信!!!
慎重に・・・でもパワー負けしないよう所々強引に・・・!!!!
あがってきたのは筋肉質の堂々の50アップ!!!!!
流れの中についている個体は明らかに体つきが違います。
最終的に深場からなんとかキジハタをヒットに持ち込むことができ1日の楽しいゲームを終了しました。

 

最後にハタはワームカラーや波動に比較的すれるのが早いような気がします。
よって。カラー、種類は実績やお気に入りも勿論ですが、皆が使わないカラーや種類を忍ばせておくと、また違ったゲーム展開ができるかも知れません。

次回はショアからのハタゲームを報告させて頂きますので、その際にカラーやワームの種類など書いていきたいと思います。

※個人ごとではありますが、ボートロックのガイドも徐々に始めて参りますので釣果報告とうお楽しみに☆

taniguchi001_1.jpg
taniguchi001_3.jpg
taniguchi001_4.jpg