') ?> Salt Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 2016年1月 Archive

Salt Gate

2016年1月 Archive

ベイトを読んで釣る

2016年1月27日

谷口一貴

日本各地暖冬の話で持ちきりで、ここ鹿児島でも年末年始は春の陽気を思わせるほど落ち着いた天候が続き、水温も例年であれば16度前後だというのに今年に限っては18度、場所によっては20度近く、まるで4月並の水温を記録していました。

しかしながらそんな陽気も束の間。
1月半ばを過ぎたあたりから急激に気温が下がり始め、後半においては南国鹿児島でも記録的積雪を観測するなど暖冬から一転、極寒の地へと変貌してしまいました・・・。
さすがに南国鹿児島といえどもここまで気温の変化が激しいと魚もなかなか口を使いにくくなります。

そうは言っても冬型の天気になるまで釣りは楽しんでいました。
11月頃から12月頃まで各方面でフラットフィッシュの釣果が聞こえており、自分自身でも確かめたく仕事のない日は少しでもサーフや河口に立っていました。
前回話したようにいつものフィールドにはコノシロ、ウルメイワシ、カタクチ、豆アジ、その他多数のベイトが沸いてることがあり、正直どのパターンが成立するのか悩んでいました。
ヒラメの乱舞やシーバスのボイルは見受けられるものの、なかなかバイトに持ち込めなかったりなど悪戦苦闘を強いられ年内に座布団を捕獲する夢は流れてしまいました・・・。

しかし、諦めの悪い性格があってか、予約のない時に何度か船を出していつものフィールドを船から攻めることに。
魚探には大量のベイト!!
そしてそれを追うフィッシュイーターらしい反応!!
ここで初心に戻り、これだけベイト反応が出ている中で何を投げればバイトしてくるのか考えたところ・・・。

ここ最近で一番の万能ルアー“グルナード”ではないかという結論に至りました。
なぜかと言うと・・・
何度か正月の魚を釣りに行こうと思い、船でアジやイワシをつけて泳がせ釣りをしたところ魚探にはアジ、イワシの反応があるにも関わらずバイトしてくるのはイワシにのみ!!
確かに捕食のしやすさや、群れの数からすればイワシが断然多いのかもしれませんが、それ以上に仕掛けに付けた際に鱗をまき散らしながら泳ぐ様がまさしくブレードのフラッシングと、うり二つとまではいかなくとも水中での輝きはイワシのギラツキとそっくりでした。

IMG_9248.jpg

 


ただ単にブレードでアピールするというよりも、フィッシュイーターがどの目線で何を追っているのかイメージすると、たしかに通常のミノーよりも魅力があるのかもしれません。
また同じようなシチュエーションで、カタクチの群れが表層に沸いていたときはバイブレーション、ジグには反応しないものの“ベイトコレクション カタクチ”にだけは反応したことがあります。これはシルエットも関係しているかもしれません。
実に興味深い一日であった記憶があります。

IMG_9241.jpg

 

これらのことを踏まえるとマッチザベイトは勿論のことベイトのどの特性を活かしてルアー選択をするのかも重要となり、これもまたルアーフィッシングの醍醐味だと思います。

写真のようにグルナードにヒットした真冬のマゴチは水深5m前後(水温18度)でアジ、イワシの群れについており、ワーム、バイブ、ジグを投入して反応がなかったもののグルナードには反応してくれました。
このような経験は今後自分の釣りに大きく影響を与えると思います。

IMG_9252.jpg

 

これから厳しいシーズンになるとは思いますが、季節は着実に春に向かっています。
厳冬期だからこそ試行錯誤することが出来るのかもしれないので、来る春に向けてこれからも様々な釣りを通して腕を磨いていきたいと思います!!

まだまだ寒い日が続きますが、風邪などにはお気を付け下さい。

1