') ?> Salt Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 2016年2月 Archive

Salt Gate

2016年2月 Archive

厳冬期の楽しみ方

2016年2月25日

谷口一貴

大雪の大寒波が過ぎたかと思えば、またまた寒波・・・。
この時期は天候がなかなか安定しないものの魚は必ずいる!!あとは釣るだけ!!
と決意を決めフィールドへ通う毎日。

この時期ヒラメであれば座布団級が狙えたり、シーバスもバチ抜けパターンで思わぬランカーに出会えたりと、男としてはなかなか夢とロマンのある季節ではないかと個人的には思います。
季節は着実に一歩ずつ春に向かっており、魚種によっては産卵前の荒食いや産卵後の回復に向けての捕食が活発に始まるのも春。
最近は地元鹿児島だけでなく他県にも積極的に足を延ばし、修行と勉強の日々を送っており、地元では経験できない釣りや、各地元のパターンなどいい勉強をさせてもらってます!

写真のグルナードで仕留めた60cm後半のシーバスは有明ボートシーバスにて、捕食対象がボトム付近のシャコやエビといった甲殻類であったためボトム付近を一定のリトリーブスピードで丁寧に探った結果得ることのできた個体。

seabass1602.jpg

このようにボトム付近をしっかりと引いてこれるのもグルナードの強みでもあり、活性の低い個体に対してルアーをしっかり見せて追わせることが出来、ブレードのアピール力でバイトに持ち込むことも可能です。

地元では通い慣れたフィールドへ暇さえあれば足を運び、釣れても釣れなくても投げ通しており、これはこれで楽しいと思います。
また通い慣れたフィールドだからこそ通うほど分かることや、季節性の変化に気付くことも出来、次の釣果へつながると信じています。
このマゴチはこの時期としては非常に嬉しい50cm後半の良型!!
こちらもグルナードのボトム付近のスローリトリーブにてヒットしてきました。

1454404590563.jpgDSC_0251.jpg


いくら通い慣れていてもこのサイズに出会えるのであれば寒さや雨に関係なく通いたくなります。

まだまだ寒い日が続き、何かと足が重くなる季節ではありますが、そんななかで釣れた一匹は普段と違う嬉しさがあり、これからの来るべく春に向けてやる気も出てきます。

座布団級には程遠いものの良型のヒラメも釣れ、今年のフラットフィッシュ当たり年を感じます。

1454404592063.jpg


暖冬の影響か今年はフラットフィッシュの釣果が全体的に好調なので今年こそは座布団を狙って行きたいと思います!
そしてなんといってもショアガンシリーズのNewモデル登場など俄然やる気が出てきますね!!

1