アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

南海のライトゲーム2

2012年7月 9日

中野聡

IR0201.jpg
少し立ちこんでキャスト。

綺麗な砂浜を歩きながら、変化のありそうな所にポッパーを投げる。
散歩がてらなので、ロッドにセットしたチヌポッパーと
フックカバーを付けた1個のスペアをポケットに。

数日前に通過した台風が持ってきたヤシの実。
枯れ木等のゴミもある。
中々、反応がないが素晴らしいロケーションなので気分がよい。

ゴミが沈んだ所に
“こんな所に何もいないよな。”
なんて思いながら、パチャ、パチャ。と小さくポッピング。
ポッパーが膝くらいの水深きて、回収しようと早巻きした瞬間、
“バコンッ!”
缶ジュースの径位の口が、ポッパーを消しこんだ。
ロッドが大きくしなり、
“よしっ”
と思った瞬間にメインラインが切れた。
一瞬見えた銀色の魚体はロウニンアジかオニヒラアジだと思う。
ドラグ調整がされていなく、ラインが出ずにハチキレ。
“あ?あ、へたくそ!下手こいた?”

日陰を探して少し休憩。
温くなってしまったが、ペットボトルのドリンクがうまい。

1個のスペア、ポッパーをセットして再スタート。
少しビーチを歩くと、小さなミジュンが逃げ回っている所を発見。
身を低くして、ミジュンの進行方向に合わせてキャスト。
“カポンッ”
と、ポッパーが消えた。横走りする魚体。
“イケガツオかな。”
と思い寄せてみると鰭がブルーで綺麗な25cm位のコバンアジでした。

潮下げきり、魚影も反応も消えた。
こんなに夢中になったのも久しぶりのような気がした。
自分にとっての“釣り”を考え、感じる気持ちのいい時間であった。


西表島の釣り  http://www.marinebox.net/

IR0202.jpg IR0203.jpg
ビーチに流れついたヤシの実。 帰る朝は、風は治まり蒸し暑い朝となった。

南海のライトゲーム1

2012年7月 7日

中野聡

IR0101.jpg
リーフのライトゲーム。ちょっと大型がヒットするとかなりスリリング!

遠征で、楽しみの一つがライトゲーム。
バスタックルや、トラウトタックル、ボートシーバスタックル等
1セットがあれば、釣りが楽しめる。

僕の場合は、ベイマチックBMAS65ML/ST、又はBMAS-73MにPE0.6?1.0号巻いた2500番位スピニングリールをセット。
リーダー16?20LBで、ルアーはチヌポッパーをメインにシンキングミノー等。

GT狙いの潮止りの時、また沖が風・波が強すぎる時などでもリーフ内の風裏でゲームが成立し、夢中になれる。

今回、訪れた西表島。
梅雨明けと同時に吹くカーチバイ(夏至南風)が強く、GT狙いのポイントも限られ厳しい状況でした。

リーフ内のライトゲームでは、アオチビキ、フエフキダイ、ハタ類が多数ヒットしました。
また散歩がてらのビーチから、ポッパーにコバンアジもヒット。

青い海、白い砂浜に立ちこんでルアーを投げる爽快感。
とても楽しい時間が過ごせました。


西表島の釣り  http://www.marinebox.net/

IR0102.jpg

ハタ類のヒットが多い。根に向かい強烈な引き。これはアオノメハタ。
IR0103.jpg
IR0104.jpg
超高級魚のツチホゼリの子供もヒット。大事にリリース。 チヌポッパーはテイルフックのみで、リリース前提で必ずバーブレスに。
IR0105.jpg


ダイビングでは、リーフのひょうきんものハマクマノミが沢山いた。  

UNDER WATER WORLD 4

2012年6月25日

中野聡

nakano128_1.jpg
ロウニンアジはベイトを無視して行ってしまった

<ベイトフィッシュ>

小魚達の群れや
泳いでいる様子を観察していると
面白い場面を見る事が出来ます。

群れが固まって密度を増して早く移動している時は、
天敵の大型魚に追われて警戒している事が多いようです。
これは潮の動きがある時間帯に見る事があります。

また、ゆっくりと泳ぎ一定の距離を持って大きな群れを作り泳いでいる時は、
近くに天敵の大型魚が居てもペースを乱さず悠々としています。
この光景は潮の動きが緩い時等に目にします。

「今の時間は、潮が流ないから襲われないでしょ。」
と、小魚達は思っているかのようです。

潮の止まっている時の出来事ですが
ヤマトミジュンの大群がのんびりと泳いでいました。
そこに、ロウニンアジ登場。
ヤマトミジュン達は、警戒して一瞬群れが固まり表層の方へ移動。
しかし、ロウニンアジはヤマトミジュンに興味を示さず
スーっと泳いでいってしまった。


次にカスミアジが登場。ロウニンアジの後を追うように
「アニキ!待っておくんなせぇ?。」
と早めに泳いで行くように見えました。

ロウニンアジもカスミアジもいなくなりヤマトミジュン達も
安心して、群れも元の状態に戻っていました。

nakano128_2.jpg
ヤマトミジュンはホッと一安心。しかし…

立ち去ったと思っていたカスミアジがもの凄い速さで
僕の横をかすめるように登場。
ヤマトミジュンの群れに向かい
「バクッ!バクッ!」
おそらくカスミアジは、僕の横に一端隠れるように戻ってきて
油断したヤマトミジュン数匹を捕らえたんですね。

潮の動きが緩い状況を、利用して獲物が油断した時に狩りをしたカスミアジ。
まさにワイルドですね。

‹‹ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15