アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

橋脚のボイル

2013年6月14日

中野聡

nakano151_1.jpg
橋脚のボイルが始まった。

上げ潮が効きだした。
南からの流れが急に強くなり、アクアラインの橋脚に潮が当たる。
数時間前ののっぺりとした潮からは、
この状況が起こる事は予測出来ていた。

始まった。
ミズナギドリが奇声をあげ、水面を刺す。
「ガバッ!」
イワシが水面に突き上げられ、シーバスの大きな頭で飛沫が上がる。
MPトップを投げる。
スティさせて、
2アクション。またスティ。
「ガボッ!」
出た。
橋脚の反対側に走られ、ロッドを持ったまま操船する。
同船している妻もヒット。
僕のロッドはわきに抱え、ランディング。

僕の魚は?
ありゃデカイ。80cmは楽にある。
ボートが橋脚に近づかないように操船。

操船、ファイト、ランディングと決めるはずが
最後のエラ洗いでばれた。f^^;

この入れ食いタイムは、30分で終了。
55?72cmがワンキャスト、ワンヒットであった。
そして、MPトッププロトはボロボロ。

自然は嘘をつかない。
だから、悪い時、
そして良い時・・・どちらでも楽しい。

ベイマチック
http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート 誠丸
http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-63L/ST,   BMAS-70ML  BMAS-66L
リール :ニューセルテート2510R-PE
セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS プレミアムPE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー20LB
ルアー : シーバックシャープ、タイドミノースリム、MOAB
シンキングミノー9cm、MPトッププロト

nakano151_2.jpg
ボートの横まできたルアーに“ガボン。”と出た。
nakano151_3.jpg
このサイズがアベレージ。
nakano151_4.jpg
MPトッププロトはボロボロ。
nakano150_4.jpg
八丈小島 一の根沖。
第一回大会の時、この場所が盛り上がった事を思いだす。

そして、大会後の2日目。
例年どおり海は凪いだ。
しかし、キャストしてヒラマサやキハダを狙った。
小平さんがトップでキメジ。
僕は小さなスマのみ。
そして東風が強くなり、釣果は上がらず終了。

20回目にして、初めて出れなかった大会。
つまり、19回で自分の参加する大会は終わった。
いろいろな事があった。

22年前に仲間数人で初めて訪れた八丈島。
今より、魚は明らかに多かった様に感じる。
使ったタックルは10ftのロッドにナイロンライン20LB。
サイズが大きいとラインを出され、
根ヅレで切られた。止めれば、ハチキレ。
ただ思う事は、“ヘタクソ”。
でも、すごく楽しかった。

PEラインの時代が到来し、タックルが進化した。
ナイロンで難しかった事が、容易に出来てファンが増えた。
この島に来る事が楽しくて、一時は1人で来た。
パパさんは、いつも温かく迎えてくれた。

釣りは、人それぞれの楽しみと価値観がある。
自由に楽しめば、世界感も広がるし夢も生まれてくる。
夢が生まれれば、希望が湧き元気がでる。

きっと来年のこの時期、
もう大会がないけど、毎年ここへ来る事は変わらないだろう。

nakano150_5.jpg
大会は終わった。普通に釣りしてサイズにとらわず楽しい。
nakano150_7.jpg
今回、初めて御一緒した清水さん。いろいろと有難うございました。

J-1グランプリIN 八丈島2013/1

2013年5月20日

中野聡

nakano149_1.jpg
80m代でキメジがヒット。捕食していたのはイカとムロ。

2013年5月11日6:00AM
羽田空港第二ターミナル出発ロビー。
この日から二日間、八丈島で行われるジギングでの大会。
空港ロビーは、毎年見慣れた顔ぶれ。
村越正海さん他、いろいろな方に挨拶をして最近の釣行の話で花が咲く。

和気あいあいの大会というよりか、
一年に一回ある
“八丈ジギング大好きアングラーの集い”
というのりは自分だけではない様。

しかし、天候調査中で出発が未定。
6:45AM。
八丈へのフライトが欠航となった。
ここにおられる約30数名のメンバーは、大会中止。

大会自体は、前日入りした方達のみで行われた。
そして自分達のチームは、翌日の12日
日曜日に島へ入り、
大会がほぼ終わる時間に、沖へ向かった。

島の東側、神湊前?御正体沖を流す。
130?150mの水深で100m台に群がる反応を攻める。
例年なら、キメジ等の表層でのボイルが見られるが表層のベイトが、シラスサイズ。
ソーダのボイルが所々で確認出来る。

今、釣行ではニューグランドスパイ フラップジャークのプロトを
使う予定であったが、パパさんの八丈等の過酷なフィールドテストの結果
調整箇所が有り、製品が間に合わず現行タイプを使用。
午前中は荒れていたようであった、午後二時を過ぎたあたりから風もおさまり、
波も1.5m位になった。
三時を過ぎたあたりで、時合を感じヒット。
カンパチ、キメジ数尾をキャッチしてこの日の釣りを終えた。
(つづく)


ロッド :グランドスパイGPBC-59M  GPSP-59M
リール :ブルーヘブンL?50 ソルティガZ4500
ライン :VARIVAS Avani JIGGING10x10 3号 4号
リーダー:VARIVAS SHOCK LEADER 130LB
ルアー :ブギーウォークアライブ200g スイムバード170g

nakano149_2.jpg
喰った、ヒット。
nakano149_3.jpg
久しぶりのカンパチ。大会だったらリリースサイズ。
サイズはともかくうれしい1尾。
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11