アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

ベイトとルアー

2013年3月25日

中野聡

nakano_145_1.jpg
久しぶりに一緒に釣りをした清水さん。このサイズを連発。

今日は友人の清水さんと久しぶりの釣行。
彼は、自宅から歩いて通える場所でシーバスが狙えるらしく
いろいろな釣り方を熟知している。
でも、ここ盤洲の魚を釣るたびに
「鰭が大きく、綺麗な魚ですね。引きも強いし。」
嬉しそうだった。

この時期、盤洲はアオヤギ漁が盛んです。
なんと、漁師さんがアオヤギを漁でこぼした貝類や
海底の生物をシーバスが捕食するらしい。
漁をしているエリアには、近寄れませんが漁を終了した
エリアに行くと高確率でヒットがあった。

この日は、普段多用する125mmクラスのミノーより
90mmのシンキングミノーでレンジを合わせたやり方にヒットが連発。
これが、ベイトと合っていたかはわかりませんが?
サイズ、数ともに同行の清水さんに大敗でした。

この日は、春冷えでヒットさせるには簡単な日では
ありませんでしたが、清水さんの手返しの良い釣りが
光り、楽しい一日でしたね。

ベイマチック
http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート 誠丸
http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-70ML  BMAS-73M
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB
ルアー : シーバックシャープ、タイドミノースリム、シンキングミノー9cm

nakano_145_2.jpg
この魚体も綺麗ですね。
nakano_145_3.jpg
花粉も少なくなりましたが若干寒い日でした。

東京湾盤洲に春到来

2013年3月11日

中野聡

SBAS801.jpg
シーバスに夢中な佐藤さん。この日はサイズが出ませんでしたが満足でしたね。

花粉症の僕にとっては辛い時期です。
海に出て、
「沖は陸と違うな?。」
と思っていたが、実際は違うらしい。
穏やかで静かな海で沖にいると気分が高揚して少し症状が
楽になったのでしょうかね。

今年初の千葉県盤洲での釣り。
浅瀬にシーバスが戻ってきました。
朝の潮の色は、タンニン質を含んだ栄養豊かな茶色のいい色。
沖のボラに着いた綺麗な魚体のシーバスを何本かキャッチ。
引きの強い魚が掛かるとサイズに関係なくうれしい。

春一番等、季節の変わり目に起きる強い南風。
その突風は東京湾内に外洋からの潮流に影響を与え
綺麗な潮が流れ込み、湾内の潮とぶつかりプランクトン等を
発生させる起因となり海洋生物に良い影響を与える。

しかし、湾奥の一部の場所にある海底に溜まっていた酸素を
ほとんど含まない海水が季節風の強い風が影響して表層に上がってくる現象、
つまり青潮を生んでしまう。

青潮は、東京湾等の主に浅い海底に溜まった硫化水素が、
海面近くの酸素と反応してできた物質によって、海がにごった青緑色の状態を作る。
一瞬、南の島の周りで見る砂地とコーラルリーフからできる海に似て綺麗見えますがね。
青潮の状態が長く続くと、有毒の硫化水素と酸欠の海水によって、
水中の生物が大量に死んでしまいます。

この青潮もしばらく見られる日もあれば、あっと言う間に無くなる事も。
この日も、移動を繰り返す中で、青色に濁った潮が見えた時もあったが
数時間で透明な潮に変わった。
海の中では、良い事と悪い事を繰り返し成立している東京湾。
最近は、一度は激減したアマモも増えてきているようです。

変化する潮流の中、銀色に輝くきれいな魚体
のシーバスに会う事が出来た事はとても楽しい一日でした。

ベイマチック
http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート 誠丸
http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-70ML  BMAS-73M
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : シーバックシャープ、タイドミノースリム

SBAS802.jpg
少し痩せているが銀色の綺麗な魚体。
SBAS803.jpg
大沢さんはこの日の釣果はイマイチでしたが楽しみましたね。
SBAS804.jpg
潮止りの時間。ちょっと小技で食わせました。
SBAS805.jpg
この日のアベレージサイズですかね。
SBAS806.jpg
春の到来を感じた一日でしたね。

TOKYO BAY JIGGINNG

2013年1月15日

中野聡

nakano143_1.jpg
2013年スタート

シーバスを初めて釣ったのが、小学4年生の時。
父親に連れて行ってもらった千葉港から“ルアーフッコ船”
という小峰丸と守山釣船店の2軒によく通った。

船の片舷のみに並んで乗船してオーバーで投げるスタイル。
カウントダウンラパラCD-7をメインに使っていた。
ロッドはシェークスピアのトラウトロッド、リールはミッチェル409。
ラインはデュポンストレインの8LB直結。

小学生の僕にとっては、夢のように釣れる日もあれば、
全く釣れない日も多々あったが、
バスとニジマスを釣る事と同じ位に、夢中になっていった。
やがて、ジグ専門に狙うスタイルで船橋から石友という釣船がルアー船として
スタートした。

冬場の深場に落ち、群れを生したシーバスは
スティングシルダ、パンサー(石友オリジナル)が本当に良く釣れ
今度は、ジグでの釣りに夢中になった。
35年も前の出来事・・・・懐かしい思い出。

年初の釣りのスタートは、ここ数年
冬場はルアーを作る事が多くほとんど実釣からはなれていたが
今年は深川吉野屋さんからスタートした。

この季節は、ジグのフォール中での小さいアタリを的確に取れると釣果が伸びる。
PE0.6?1.0号にベイトタックルに段差フックで釣ればかなりイージーなゲームが
楽しめると思う。

当日は、小春日で風もなくポカポカ。
魚の反応のわりに活性がイマイチであったが
同船した方達はそれぞれのスタイルで楽しまれていた。
お疲れ様でした。


深川 吉野屋 http://www.team-yoshinoya.com/tsuri.html


ロッド :メタルウィッチ MWVC633A ベイマチック BMAS-73M
リール :ミリオネアSW 203 
ライン :アバニ PE 0.8号1.0号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB
ルアー : シーブレード40g,60g

nakano143_2.jpg
風の塔横27mを狙う。一瞬入れ食いに。
nakano143_3.jpg
45cm位の小型が多いが元気が良く引きが楽しい。
nakano143_4.jpg
シーブレード40gが良く当たった。
nakano143_5.jpg
前職での思い入れを感じる東京ゲートブリッジの下を通過。
nakano143_6.jpg
穏やかな一日でした。
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11