アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

TAKE IT EASY!

2012年12月28日

中野聡

nakano142_1.jpg
ファーストヒットは戸倉さんに。

この日の気温は今年最低を記録した。
防寒ウェアを着ていても露出した部分は痛い寒さを感じる朝。
風は北東、2?4m/sの予報。
昼も近づいたころになると、
日差があると暖かく気持ち良く感じる。

釣果は?
昼すぎ2時半まで現在は沈黙状態。

上げが効き始めた頃、戸倉さんにヒット。
この釣りが初めてというが、キャスト?ランディングまで
すぐに自分のものにした感じだ。流石!

そして、日が傾き始めた頃、大沢さんにヒット。
二人のサイズは、63cmと64cm。

いろいろと試していたが、あまりに反応がないので
王道のルアーを投げ、僕も一本キャッチ。
79cmで80には少し足らず。

上げ一杯から下げが少し動きだす感じがした。
そして、ストップフィッシング5分前。
やっと佐藤さんのロッドが撓った。
細身の75cmをキャッチしてこの日、
そして今年の釣りは終了。

今年は新しい釣り仲間が出来た。
そして、一日のほとんどが
沈黙状況だったが、夕方に盛り上がり
腹が痛くなる程、笑った。

振り返ると今年もいろいろあり激動の年であった。でも

Take it easy!!

来年も楽しい年にしようと思った。

ベイマチック           http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート/誠丸  http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-70ML  BMAS-73M
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : MPプロト、シーバックシャープ、タイドミノースリム
ペニーサック、ゴッツオ他

nakano142_2.jpg
大沢さんにも64cmがヒット。
nakano142_3.jpg
修了間際に佐藤さんに75cm。
nakano142_4.jpg
激タフに感じたこの日。僕の魚は79cmでした。
nakano142_5.jpg
今年もいろいろな方にお世話になりました。有難う御座いました。

トップゲーム2

2012年11月13日

中野聡

nakano141_6.jpg
凄い飛沫でMPを消し込んだ魚は73cm。

=MPの実力=

午後から、北西の風が南に変わり強く吹く予報。
お昼後の上潮をメインに考えていたが、朝一の下げから本命の場所へ。

風はほとんどない。
40cmサイズが、いくらでもヒットする。
この場合は、MPの実力が試せる。
小型の猛攻を交わしながら、イラつかせる動きで。
「ガボッ!」
「そのトップ、凄い出かたですね。」と大村さん。
「ヒットは減る場合がありますが、このデカタはしびれますね。」
と話ながら、ランディングした魚は64cmの太った魚体。

そして、淡々とヒットを続ける保美さん。
「ちょっとサイズ上がったかな。」と魚をいなして、ランディング。
サイズは73cm。

一緒にチームを組んで仕事している仲間との息抜きを含めた今釣行。
みんな釣りが上手い。
そして、息が合う。
笑いが絶えない。
オヤジジョークの連発f^^;
みんな、それぞれのスタイルで楽しむ。
釣りとは、そんなものだ。
他人のスタイル等どうでもよく自らの気持ちを全うして楽しめば、
世界感が広がり取り組むもの全てが楽しみとなるのだ。

船の上で、大村さんの携帯電話の音が次々と響きわりる。
撓ったロッドを持ち、
「この前の図面は、・・・・・」と、携帯を肩に挟み
60cmのシーバスをキャッチ。
何をやるにも、全開・全力投球の彼は本当にリスペクトしている僕。

操船しながら投げていた僕のMPプロトに大きな飛沫が上がる。
STロッドがルアーに生命感を与えた。
ガッチリとフッキングした魚は73cm。

午後から南が強くなりストップフィッシング。
沖は大時化となって、冬の気配を感じた。
三人で翌日の仕事の打合せを軽くして、秋の夕暮の中、帰路へ向かった。


ロッド/ベイマチック http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート/誠丸 http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-770ML  BMGC-59ML
リール :セルテート2508RH,2500R ,ZILLION100H
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : MPプロト、シーバックシャープ、タイドミノースリム
ペニーサック、ゴッツオ他

nakano141_5.jpg
このゲームに最適なタックル。ベイマチック。
nakano141_3.jpg
大村さんは、タイドミノースリムで連発。
nakano141_4.jpg
保美さんの本日最大。
nakano141_2.jpg
朝一番のトップで64cm。
nakano141_1.jpg
nakano141_7.jpg
保美さんヒット連発。ロッドは常に撓っていた。 この方の笑顔が、本日の釣果そのもの。
nakano_140_1.jpg
ベイマチックBMAS-65ML/ST。風・波が弱く天候が良ければトップの操作性が生きる。STタイプロッドのステージとなる。

約一か月前に、ボートに同船した佐藤さん。
出港前は、前回不調のリベンジと張り切った様子です。

もう一人のアングラーは、大沢さん。
年齢が僕と一緒で、あまり多くは語らなくても同じ世代を生きてきた呼吸感が一緒。
いろいろな出来事で目が会うたびに二人で“プッ!”っとふいてしまう事多々あり?

朝一は50?65cmクラスがコンスタントにヒットして佐藤さんは興奮気味。
大沢さんは、センスの良い釣りで淡々とゲームを楽しんでいる様子。

夕方近くなり、ボイルが広範囲に起こりトップゲームの楽しい時間帯に突入。
しかし、ボートも多くプレッシャーが感じられる。
トップでヒットさせるにはテクも感じる。

僕のタックルは
ロッドはベイマチックBMAS-65ML/ST。
語尾のSTはセンシティブティップの略号。
つまり、敏感な穂先のモデルなのです。
ルアーはMPプロト。

ワンキャスト、ワンヒットを繰り返している僕に対して、佐藤さんは
「なぜ、同じ所に投げているのに僕にはヒットが少ないのですか?」
との問いかけ。

ルアーの違いに疑問を感じているようなのでMPプロトを貸してあげた。
今度は、ヒットはあるものの中々フッキングに結び付けない。
そして、ストップフィッシング。

帰りに“海ほたる”でお茶しながら
ベイマチックBMAS-65ML/STの優れた点とこのモデルのティップアクションが、
過去の経験からのリクエストと僕のボートシーバスロッドに対する考えが組み込まれている事等を話した。

2012年カタログのベイマチックページにもありますが、
“トップウォータープラグや小型ミノーやシャッドも的確に操作。
・・・・・・・
シビアの状況下で頻発するショートバイトも捕らえ、追従しフッキングへと導きます“
この事なのです。

つまり、STタイプのロッドは操作性の強いトップウォーター等のルアーアクションを生かして
バイトを確実に捕らえる特化したモデルなのでベイゲームを心から楽しむマニアには、
必要性の高いロッドなのですね。

ベイマチック    http://www.palms.co.jp/rod/palms-elua/baymatic/
シーバスボート 誠丸http://www.makotomaru.com/

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-770ML
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : MPプロト他

nakano_140_2.jpg
朝一番は大沢さん、佐藤さんのダブルヒット。
nakano_140_3.jpg
プレッシャーがあっても、ルアーのアクションが生きれば
このサイズが連続ヒット。
nakano_140_4.jpg
大沢さんはセンスの良い釣りでゲームを楽しんでおられた。
一日中、投げっぱなし。お疲れ様でした。
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11