アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

「ヒット!」

2012年11月 2日

中野聡

nakano139_1.jpg
直幸君の釣ったシーバスです。

小学生の頃、
釣りキチ三平のマンガを見て魚が掛かると
“ヒット”
という言葉に憧れていた。

しかし、釣りに行く前の日から興奮気味で、そんな事は忘れていた。
小学生の僕は、ヘタクソで中々釣れない。
そしてやっと、魚が掛かると
「きたぁ?!」と叫んでいたようだ。

6年生になった直幸君は、初めてのボートシーバス。
魚が掛かった時になんて言うのかなと思っていた?

直幸君のロッドに生命反応が。
「きたっ?!キタキタキタキタッ?!」
なんか、目薬のCMみたいやなぁ?。
と思ったが、きっと自分もそうであったのだろう。

同行した全員が魚を掛けている。
僕も、MPプロトでキャスト。
「ガバッ!」
波の合間に小さく飛沫が上がった。

「ヒット!」
と言ったがなんか・・・
コッぱずかしくなり
耳が熱い?。
誰も気がつかないけどひとり赤面するのであった。
そして、魚は?
ばれてしまった(・・;)

ロッド :ベイマチック BMAS-70ML,   BMAS-73M
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB, 20LB
ルアー : MPプロト他

nakano139_2.jpg
お父さんにもヒット。
nakano139_3.jpg
風が強く、釣りづらかったけど釣れると楽しいですね。

トップゲームの楽しみ

2012年10月29日

中野聡

nakano138_1.jpg
ミノーで5本釣るより、トップで出す1本の楽しみ。
ロッドはベイマチックBMAS-70ML。

中々完成しない、MPというトッププラグ。
このルアーは、デザインして足掛け4年が流れた。
釣れるだけなら、もうとっくに発売している事だろうが
僕のわがままとウンチクで、飯田氏が
「では改良しましょう。」
とお付き合いしていただける。
なんて寛大。
感謝。そしてフィールドテスト。

朝一、風速8m/s。
これは、和船のフラットで走行は出来るが乗船者全員がキャストするには難あり。
安全を見て、ゆっくり出航。

波がありキャストしずらい状況であるがミノーに入れ食いに同船した仲間は笑顔。
秋のシーバスは引きが強いから楽しい。

操船しながらのキャストと掛けてからの強引な操作を考慮して
今回は、ベイマチックBMAS-70MLを選択。
いつもなら、ルアーの操作性重視でBMAS-65ML/STを使うのだが。
この干潟エリアは、ミノーよりトップがいい状況もあるが
今回は、ミノータイプが有利。
水面の白波にアピールが消されてしまうのか?

「ガボンッ!」
横っ跳びで出た。
南海の大物を彷彿させるような派手な出方。
こんなゲームが楽しい。
サイズはさておき、前回の沈黙は記憶から消えてしまう程のエキサイティングなヒット。

ロッド :ベイマチック BMAS-70ML,BMAS-73M
リール :セルテート2508RH,2500R
ライン :アバニ SEA BASS MP PE 0.8号,ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB,20LB
ルアー : MPプロト他

nakano138_2.jpg 
サイズより出方にこだわると世界が広がる。
nakano138_3.jpg 
今回はかなりラフな状況なのでBMAS-70MLがメイン。

 

沈黙のボートゲーム

2012年10月22日

中野聡

nakano137_1.jpg
いままでにない激タフの一日でした。

このフィールドで経験した事ない沈黙の状況であった。
5時に港に着くと、南西の風がありこれは、一時間もすると弱くなり3m/sぐらいの風に止むと思っていた。

本日一緒に釣りを楽しむ池田、佐藤両氏が到着。
「風ありますね。大丈夫かな・・・。」
船に弱い、佐藤さんは不安そうにつぶやく。
「沖に出て駄目だと思ったら、直ぐに戻りましょう。」
と、話すと笑顔で準備を始めた。

朝一、港前で池田さんのトッププラグにチェイス。
これは、そのうちヒットするだろうと思い、一か所に粘らず、5投位で移動。

しばらく操船に徹していたが、僕もキャスト。
ノーヒット、ノーバイトが続く。

あまりに沈黙しているので、沖目のベイトに着く個体を探すが・・・。

河口の潮目に、潮が変わるタイミングを見て攻めたつもりだったが、小型が1本のみ。

そして、南風が出てきたのでシャローにタイドミノースリムをキャストするとヒット。
「あれ、スレかな。」と思いゆっくり寄せるとイナダであった。

このフィルードが好きで、 季節に応じて年に数回通うが過去経験した事のない、激タフ状況であった。
新しい職場の釣り仲間。池田さん。佐藤さん。
次は絶対にリベンジしましょうねf^^;

今回、モーリス社のハイグレードPE 0.8号を初めて使ったが
ラインの滑りが大変に良く、あえて風上やイレギュラーな投げ方をしても
トラブルも無く大変に使い易かった。
コストパフォーマンスも良くお勧めのラインでした。

ロッド :ベイマチック BMAS-65ML/ST,   BMAS-73M
リール :セルテート2500R
ライン :アバニ ハイグレードPE 0.8号
リーダー:シーバスショックリーダー16LB
ルアー :シーバックシャープ、タイドミノースリム、MPプロト

nakano137_2.jpg
nakano137_3.jpg
やっとの1本。 イナダでした。
nakano137_4.jpg
nakano137_5.jpg
また、楽しみましょうね。 釣れなかった。でも、久ぶりの楽しい休日でした。
こんな日あるよね。

 

‹‹ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12