アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 中野聡 Archive

Salt Gate

中野聡 Archive

UNDER WATER WORLD 6

2012年8月 2日

中野聡

nakano133_1.jpg
ロウニンアジは、ナポレオンに寄り添い獲物を狙います。

ナポレオンフィッシュ。(通称:ナポレオンフィッシュ和名:メガネモチノウオ)
ロウニンアジがナポレオンと一緒に泳いでいます。
クマザサハナムロ等のベイトが近くを通過すると、体色を真黒にしてナポレオンの影に隠れて狙っているようです。

この写真を撮った時は、捕食活動を見る事は出来ませんでした。
しかし、ナポレオンとロウニンアジ。
実は、連係プレイで獲物を狙います。

ナポレオンは大きな体で優雅に泳ぎダイバーからも人気の魚。
その優雅に泳ぐ、影にロウニンアジが潜みタイミングを見て クマザサハナムロの群れを直撃。
油断したクマザサハナムロは、ロウニンアジのアタックの餌食に。
ロウニンアジは、捕獲したクマザサハナムロ一尾を丸のみ。

そして、逃げる事は出来たがロウニンアジのアタックに 衝撃を受けフラフラと弱った奴は、なんとナポレオンが横からきてガブリ。

ダイバーに人気のナポレオン。 「ナポレオンはそんな過激な捕食するの?」 と、言われた事がありますが、 GT遠征経験の豊富な方ならわかってもらえると思います。
実際、GTポッパーや、ペンシルで結構ヒットします。
貝類・甲殻類等を好んで捕食する、スズキ目べラ科最大の魚 ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)。と、図鑑には紹介されていますが ナポレオンは、小魚を積極的に追いまわし捕食します。
漁の対象魚で食べて美味しく、日本近海では個体数が年々 減ってるようです。

海の魚は、人側が思ってる以上に強く過激で凄いんですね。

 

nakano133_2.jpg
捕食のチャンスは、ナポレオンも。

nakano133_3.jpg
nakano133_4.jpg
いつまでも綺麗な海と自然を… 南の豊かな自然に触れると元気になります。

UNDER WATER WORLD 5

2012年7月23日

中野聡

nakano132_2.jpg
捕食の後だと思います。ロウニンアジの口回りは小傷だらけ。

ロウニンアジ。
英名はGiant  Trevally(ジャイアントトレバリー)。
略名はGT。
奄美・沖縄方面では、ガーラ、カマジィと言った呼び名ですね。

僕も20代後半?30代の頃はこの魚に憧れ、
熱くなり沖縄方面や海外へと、よく遠征に行きました。
当時は、大きいGTを狙い求めていました。
今は、釣りたい気持ちは変わりませんが、
特に大物?何Kgっていうこだわりはなくなりましたね。

Trevallyと名のつくアジの仲間達の魚は、
水中で観察するといろいろと発見があり、とても面白いです。
僕は、とくに捕食シーンがとても好きでとても興奮しますね。

ロウニンアジの捕食は別格。
水中での捕食シーンは、人間への見世物?とか都合で
行わないのでよほど注意して観察していないとあっという間に
終わってしまします。

一緒に潜ったグループの人達と話していても
「ロウニンアジの捕食。凄かったですねぇ。」
なんて話をしても、
「えっ?そんな事ありました??」なんて事も多々ありました。
あらら、あんなに凄いシーンだったのに・・・

狙った魚(クマザサハナムロ等)リーフに追い詰めて捕食する。
凄いスピードで。

時には顔ごと体当たりで、ヘッドバッドのように。
口のまわりは傷ダラケ。でも、
「ウマっ。」
という感じで口を大きく噛みなおして悠々と泳ぎさる。
GTは貫禄があってかっこいいです。
とってもワイルドです。

nakano132_3.jpg
口に入れた獲物を噛みなおす。
nakano132_1.jpg
ゆっくり近づいて見ましたが・・・。

南風夏至

2012年7月17日

中野聡

nakano131_1.jpg
やっとヒットしたのはカスミアジ。

南風夏至(カーチバイ)。
沖縄方面に梅雨明けに吹く強い風。
時には、台風並みの強風。
過去風速26.5m/sを記録した事もあったという。

風が強く、中々うまくいかなかった。
また近いエリアでも、チャンスはあったがバイトさせる事が出来なかった。
日は傾き、夕方の日差し。

「後、三投したら終わりましょう。」
と宮城さん。
1投目。
風に乗せて、気持ちよくルアーが飛ぶ。
2投目。
ベイトが少し見えたが、反応なし。
3投目。
着水して、ジャークすると
「ガバッ。」と何かが反応した。
5回位ジャークした時に、
背ビレだして飛沫が上がった。
「ガバッ。」とちょっと地味にヒット。
やっと、ヒットしたのはカスミアジ。
サイズのわりに強い引きで好きな魚だ。

水中で見ると狩りをする姿が面白く、
戦闘機のように泳ぐカスミアジ。
「また、海の中で会いましょう。」
と呟き、リリースすると元気に泳いでいった。

西表島の釣り  http://www.marinebox.net/

nakano131_3.jpg
nakano131_2.jpg
カーチバイ。風波でリーフ際は危険な状況。 何回チェイスはあったが、ヒットは最後の一投。
‹‹ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14