アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 石井修二 Archive

Salt Gate

石井修二 Archive

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。

 

     アオモノゲームにもギグは外せない!  

 

 僕のオフショアゲームにおいて欠かせないルアーの一つがギグ。昨年は相模湾のカツオで数多く楽しいゲームを味わった。
 昨日もワラサ狙いに出かけた際、ベイトが小さかったら、水持ちパターンだったら、という思いからカラー違いで数個のギグをタックルボックスに入れておいた。
 狙うエリアではボイルもなく、ボイルを待ちながらリデルのキャストを繰り返すが条件が合わないのかチェイスもない。そんな中水持ちを発見。ベイトを追いかけているわけではないのでリデルでは不利と判断し、移動する水持ちの先頭目がけギグをキャスト。着水後の沈みを極力避けるためにサミングを行い着水直後からギグが水面から抜けぬよう、また沈み過ぎによう注意をしながらスプラッシュ&スイムを行う。すると即座にバイト。キャッチしたのは残念ながらワラサではなくイナワラであったがギグのスプラッシュ&スイムはアオモノにも有効だという事は再確認した。
この時の使用ロッドはコーラルスターCDTS-70Mであったのでターゲットがイナワラではオーバーパワーであったが28gのギグでもティップの返る速度が速いためキャストフィールもストレスなく十分な飛距離が出る。
僕個人の感覚ではギグを扱うにはCDTS-70MLがベストと感じている。

 

   昨年がんばったギグ達。1シーズンで傷だらけに・・・。

 

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。

 

   アオモノ、シイラ、カツオ、ヒラメetcギグのターゲットは豊富。

 

夏限定の石井ブログがスタートです。
千葉県外房でシイラが釣れた情報もあり、黒潮の蛇行状況からも今年は相模湾、駿河湾、外房の夏の始まりは早いのではないでしょうか。
ということでオフショアキャスティングゲームマニアのみなさん、そろそろ夏の準備を始めてみては。
タックルボックスからオフショアで活躍するルアーたちをピックアップしフックの状態などチェックが必要でしょう。
僕がオフショアゲームで外せないルアーの一つが「ギグ100S3」。100mmと小柄なボディーで28gのウエイト。小型ベイトを捕食しているターゲットもロングディスタンスで狙う事ができる一品。
ミノージグでありながら水中でのスイミングだけではなくサーフェスでトップウォータープラグとして使用しても効果絶大!
そんな「ギグ100S3」今年は6月上旬に生産決定。カラーはオフショアイメージの8色プラス、ショアゲームイメージの2色。
昨年は早くに完売となってしまったのでご購入予定の方はお早めに。

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。

 

   見事カツオをキャッチ。   

 

12日は庄治郎丸5号ルアー船にて出撃。鳥の動きを頼りに艇を進めるがシイラの付いていそうな漂流物もハッキリとした潮目もナブラも見つけられずひたすら移動。
移動中水温も23度を超えたり切ったりと大きな変化は見られなかった。
湾東部に艇を進めるとやっとナブラではないがカツオのハネを発見。ルアーをキャストすると乗船者の何人かのロッドが曲がる。ハネているカツオにはやはりトップ系ルアーが圧倒的に強いようだ。
後半は釣りの出来なくなるような大雨の為釣果を伸ばすことは出来なかった。

13日はエサ釣り、ルアー混同の庄治郎丸12号艇にて出撃。出港早々にカツオのハネを見つけルアーのキャスティングにてカツオを数匹キャッチ。ハネはすぐに現れなくなってしまったが魚探に反応があるのでルアーアングラーがジギングに切り替えるとヒットの連発。コマセを使い付け餌オキアミにはヒットが無いがバケを使ったカッタクリではルアーほどではないがヒットする。どうやらまだカツオのライブベイト捕食の傾向が強い為より早く動くものでないと反応が悪いようだ。
今ジギングでカツオを狙うのであればより早いルアーアクションの方がヒット率は高いだろう。だがアクションの途中に一瞬のストップを織り交ぜカツオにバイトのタイミングを与えてやらないとヒット率は落ちてしまう。
ちなみに下船後、釣れたカツオの胃袋を開けて見たら8cm前後のカタクチが沢山入っていた。

   キャスティングでもジギングでもヒット?。      ハネてるカツオはトップに好反応。

   ギグ100S3にてカツオをキャッチ?。

   オフショアキャスティングゲームにおいてトリの動きがとても重要。      カツオのジギングでキーはスピード&ストップ。   

‹‹ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15