アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 石井修二 Archive

Salt Gate

石井修二 Archive

当たり年?

2011年7月 1日

石井修二

ishii053_01.jpg
この日何匹ヒットさせたのでしょうか?数えきれないのでは??

 

6/29つり丸さんのシイラ取材の為、庄治郎丸5号船に乗ってきました。状況は置いておき、釣れてます。しかも「爆」を付けても良いくらいに釣れてます。同船者の中にはヒット数が10を超える方もいるほどでした。昨年のつり丸さんのシイラ取材では苦戦をしたのに今年は一発OK。
この日の状況は潮目についておりシイラの数は多くなく「フラツキ」「ハネ」を見つけアプローチするパターンでした。シーズン初期なのでシイラが潮目に未だつかず広範囲を移動しながらベイトを探しているようです。目を凝らしサーチすることが釣果に繋がるでしょう。

 

ishii053_02.jpg _    ishii053_03.jpg
このサイズが同時多発ヒットしてしまったのです。   今シーズン初のシイラを見事キャッチ。
     
ishii053_04.jpg   ishii053_05.jpg
きれいなシイラです。おめでと~。   十分にファイトを楽しみ見事キャッチのメーターオーバー!
     
ishii053_06.jpg    
さすがベテランアングラー、シイラを持つ姿もかっこいいです。    

 

 

シイラ爆釣

2011年6月27日

石井修二

 

ishii052_01.jpg

  スタート直後からのヒット。嬉しいですね~。

 

 

6/26庄治郎丸シイラ船へ乗ってきました。
前日は強風、うねりの影響で好釣果ではなく当日も若干のうねりが残り、今にも雨が降り出しそうな天気。好釣果は得られないのでは???と、思いながらの出船であったが、いざ沖に出てまず1本目の潮目を流すと、好活性ではないがヒット。前半は潮目を流し、ルアーをキャスト、シイラを浮かせヒットに持ち込むパターンだったが、後半は鳥、ベイトの動きを頼りにフラツキシイラを見つけ狙い撃つパターンだった。フラツキパターンでヒットするシイラは、潮目流しでヒットするシイラよりワンサイズ大きかったかな。
デカシイラは出なかったが、何はともあれ本日爆釣~~。

 

ishii052_02.jpg メーターオーバーとはいかなかったがなかなかのサイズ。   ishii052_03.jpg このサイズでもトップをチェイスする姿は熱くなりますね。
     
ishii052_04.jpg この色、この姿、夏ですねえ。   ishii052_05.jpg このシイラ本日何匹目でしょうか?

シイラスタート

2011年6月22日

石井修二

ishii051_01.jpg

シイラ今シーズン初キャッチ。嬉しい1匹ですね。

 

今月半ばからスタートした庄治郎丸シイラ船に19日乗ってきました。前情報では小型ながら数多くのシイラが見られるとの事だったので期待に胸を膨らませ庄治郎丸5号船にて出船。風も凪で潮目は見つけやすかったので潮目の漂流物が多いエリアをチェックしてゆくパターン。この日はミヨシに立っていてもシイラの引き波やシイラの魚影を遠目から見つける事が難しいくらいシイラの泳層が深く1投目からヒットという事はなかった。
また、フラツキも数匹見つけられたのだが泳層が深く発見が遅くなってしまいルアーをキャストするタイミングなく船で引いてしまう状況。
この日の様にシイラの泳層が深く活性がやや低い時のヒットへの近道は数多くキャストしシイラの活性を上げる事が重要でしょう。

 

ishii051_02.jpg   本日のファーストキャッチ。
やっぱりシイラは楽しいね。

 

 

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11