アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 石井修二 Archive

Salt Gate

石井修二 Archive

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。 

 

    見事数少ないチャンスをものにした。

 

 本日も庄治郎丸さん5号艇にて、相模湾へ出撃してきました。

 天候は快晴とは言えないが晴れ、風は無風に近くシイラゲームには好条件だ。出航直後比較的潮が澄んでいる海域でフラツキシイラを発見するが、発見が遅かったためルアーをキャストするが食わすことが出来なかった。
 その後漂流物の多い潮目を流しながらキャストを繰り返していると、時折60~90cm位のシイラが数匹でルアーを追うのだが、バイトには至らずルアーのリトリーブスピードを速くしてしまうと諦めたかのように反転し姿を消してしまう。活性が低いようだ。

 本日キャッチしたシイラは、海面がフラットな潮目で長い時間漂流していると思われる流木を発見し、シンキングペンシルのスローアクションで食わせた同船者の91cm1匹のみであった。この海域の表面水温は23.1度であった。

 7月に入ったにもかかわらず、発見できたシイラの数が少なくルアーへの反応も悪い。やはり海の季節変化が半月くらい遅れているように思える。

 

  水面が鏡のような凪。条件は良かったのだが…。

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。 

 

   シイラの活性を左右するキーワードは青空。

 

 本日も庄治郎丸さん5号艇にて、相模湾へ出撃してきました。

 天候は出船時には雨、風は北東風。この雨は時間の経過とともに上がり、時折晴れ間が見えるようになりました。天候が回復するに伴い北東風も弱まり、一時は無風に近くなり、その後南西風に変わりました。

本日前半は北東風がシイラばかりではなく、ベイトまで沈めてしまっているのか表層に魚の気配が無かったが、パヤオでメータークラスを頭に数匹のシイラを見る事が出来ました。しかしシイラも一投目のルアーには反応せず、数投するとやっと姿を現しルアーを追うがスピードが遅くなかなかバイトまで至らない。活性が低いようだ。

風が止み太陽が見え始めた後半は、カタクチ、サバ、トビウオといったシイラのベイトが表層で確認が出来、浮藻につくシイラ、フラツキシイラを見つける事が出来たがこちらもルアーへの反応がすこぶる悪くヒットさせることが出来なかった。
 このシイラの活性の低い原因は日照時間が短いからではないかと思う。晴天が続けばシイラの活性も上がりシイラゲームも楽しくなるだろう。
 

 

シイラシーズン開幕とともに週末はほぼ毎週海にでています。
それはもう十年以上続いています。
その経験を基に「見たこと、聞いたこと、などなど…」
シイラの話題を中心として相模湾のオフショア情報をここでお伝えします。 

 

     タフコン下のキャッチ。嬉しさ倍増。

 

 南西の風が、ここ数日吹き続けており今日も朝から南西の風が吹いていたが、SALT WORLD誌の締め切りが迫っているため、本日も庄治郎丸さんにて出撃してまいりました。
 
 出航直後から雨まで降り始め、シイラゲームには最悪と言ってもよいほどのタフコンディションとなってしまった。
 南西風が強いため、湾東部は諦め湾西部を攻めることにしたが、雨のため視界も悪いのでまずは小田原から早川までのブイをチェックしてゆくがシーズン初期の為か、シイラが付いていない。
 ブイを諦め、艇を沖に向けるが強風で潮目がかき消され浮藻、漂流物も皆無。シイラを見つけるキーワードが鳥しか残されていない。幸いまとまった鳥を見つける事が出来追いかけると時々水面で鳥がまとまる。すかさず鳥のまとまったポイントにルアーをキャストするが何の反応もなく、鳥が移動してしまうのも早い。しかし鳥が水面にまとまるという事は、その下にベイトなりシイラなり何か魚がいるのは間違いない。そう信じこのパターンを何度か繰り返していたら80cm位のシイラがジャークベイトにヒット。ルアーを咥えたシイラの周りにも同サイズのシイラが数匹いるのが見えたが、ダブルヒットとはいかなかった。
 どうやら鳥は移動しているシイラを見ていて、シイラの移動が止まると水面に集まっていたようだ。
 本日はウネリ、風の影響で早上がりとなってしまいこの1匹しかキャッチできなかったが今のパターンが見えて気がする。

 本日の釣行は7月15日発売のSALT WORLD誌掲載予定ですのでご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

 

‹‹ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13