アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 Archive

Salt Gate

小町広一 Archive

komachi044_2.jpg
エフリードジョインテッドリップレス。その艶かしさは4連ジョイントならでは…

流行のビッグベイトシーバス。
近頃、湘南河川でポイント開拓も含め成立してきました。

エクストラヘビークラスのベイトロッドでデカいルアーを操り、
ビッグファイトを堪能するのがこの釣りの愉しみ。

しかし、チェイスが確認できてもバイトまで至らない、
もしくはバイトを得てもフックアップし難いといったシーンが多いのも事実です。

そんな時、ルアーを縛ってバイトが出なくなるまで撃つのも一興ですが、
あくまで釣り上げてこその釣り。
釣果を伸ばすためにはフォローベイトの選択肢を持っておく事も重要だと自分は考えます。

今期、NEWリリースされたエフリードジョインテッドは自分の中でそんな位置づけ。
フォローベイトとして良い仕事をしてくれる、頼れるルアーです。

先日のデイゲームでもS字系で掛け損ねた個体に対し、
すかさず投入すると魚体丸出しのドラスティックなバイトを引き出してくれました。

このルアーの強みはソフトルアーの様な艶めかしいアクションと
ハードプラグのアピール力を兼ね備えている所!!
「結構、反則的に釣れます…」

ルアーウェイトも33gでビッグベイトロッドで扱い易い設定。
サーフで鍛え上げられたスイミング性能は河川の強いカレントにも負けない特性を
持っている事も追記しておきます。

リップ付きとリップレスの使い分けは基本的に流れの強弱とバイトレンジで判断すればOK!!
今のところ、自分のフェイバリッドはリップレスです。

「引き波を立ててサーフェスレンジでバイトさせるのが面白いので♪」



【タックルデータ】
ロッド:PALMS ELUA  MOLLA(MGC-74XHM)
リール:スコーピオンDC
ライン:YGK ガリスウルトラキャストマン(3.0号)
リーダー:YGK ナイロン(25lb)

komachi044_1jpg.jpg
このサイズはマッチ・ザ・ベイトとも言える
komachi044_3jpg.jpg
秋のリバーゲームで活躍すること間違い無しでしょう!
komachi_043_1.jpg
バーサタイルなショアガン86ML(SFGS-86ML)

秋っぽい気候になり、地元、湘南河川で大型シーバスの釣果が出始めました。

自分がホームにしている河川では、秋口になると10〜15?のイナッコが
橋脚やスロープ等のストラクチャー周りに群れを成し、日没と共に
ボイルが発生するというのが通例です。

しかし、今年はどういう訳か全体的にベイトの量が少なく、
生命感に欠ける日が多い様に感じています。

そこで、狙い目となるのが川のメインチャンネル。
ベイトやボイル等の目に見えるサインは無くても、
川に入っている個体はどこかのタイミングで確実に口を使います。
(と、信じています…)

流速は乏しくてもしっかりとカレントが効いている場所とタイミングを探しては釣り歩き、
決して多くないチャンスを確実にモノにしていく。
そんなゲーム展開が強いられた場合、自分がタックルに求めるのは汎用性です。

幅広いルアーウェイト、場所を選ばないレングス、
そして何より魚をキャッチする為の基本的なポテンシャル。
それらを満たした一本が必要となるのです。

自分は今、このゲームにショアガン86ML(SFGS-86ML)を用いているのですが、
適材適所の釣りを展開し、満足な結果を得ています。
先日の釣行でも決してイージーではない状況下、ビッグペンシルの流し込みで
ランカーの捕獲にも成功。「今年は調子良いかも♪」

中小規模の河川でバーサタイルな一本。
多くのシチュエーションを網羅しようと思った場合には間違いなく
中軸を担っていく存在でしょう。


【タックルデータ】
ロッド:ショアガン(SFGS-86ML)
リール:SOM NO LIMITS CUSTOM(10STELLA C3000S)
ライン:YGK G-Soul X8(0.8号)
リーダ:YGK ガリスショアリーダーFC(16LB)
ルアー:F&P トリガー/リップルポッパー(BKRP140)

komachi_043_2.jpg
ビッグファイトを演じてくれたランカーに感謝
komachi_043_3.jpg
アベレージサイズ(63cm)も良いコンディションです
komachi_043_4.jpg
サーチと食わせを両立したシンペンも欠かせない存在
komachi043_6.jpg
デカTOPでビッグフィッシュが秋の醍醐味!!!

片瀬江の島のメッキゲーム

2014年8月19日

小町広一

komachi042_2.jpg
サイズがミニマム級でも果敢にアタック♪

地元湘南エリアに今年もメッキの群れが回遊してきました。
自分のメッキゲームは河川でのランガンスタイルを得意とし、
釣り方はプラッキングがメインとなります。

今年も様々なルアーを用いて満足な釣果を得ている訳ですが、
ルアーローテの中心にあるのが「7ディグリー」です。
魚が居るかどうかのサーチから、ここぞの食わせが要求される
クローザー的役割までを幅広く担っています。

このルアーは、飛距離/レンジキープ力/レスポンスの釣れる要素を高次元で兼ね備えている事から
とても扱い易く、気付けばこればかり投げている事も多々。

渓流トラウトで磨かれた特性はソルトシーンに於いても大きな武器となります。

また、それを活かす為に重要なタックルセレクトに関しては、
昨年リリースされたショアガントゥイッチャーが大活躍。
自分が使用しているモデルは「SFGS-69UL-TW」、
5〜7?のプラグを多用するこの釣りに於いて基本的なセッティングです。

なぜ、トゥイッチャーがこの釣りに向いているのか?
どこが、違うのか!?

昨年公開した動画で詳しく解説されていますので、ご確認頂ければ幸いです。

www.youtube.com/watch?v=ononEr1cWlE


今年は個体数も多く、スタートダッシュ気味のメッキ。
シーズンも序盤なので、是非、専用タックルで初秋の乙な釣りを楽しんで行きましょう。

komachi042_1.jpg
ライトゲームでも装備は万全に!!インフレータブルは必需品です。
komachi042_3.jpg
セブンディグリーはローテーションの中軸。
komachi042_4.jpg
セイゴも混ぜつつ楽しむのが流儀!?
komachi042_5.jpg
ショアガントゥイッチャーが釣りの面白さを広げてくれる。
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11