アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 Archive

Salt Gate

小町広一 Archive

南房のオフショアジギング

2013年6月 6日

小町広一

komachi035_1.jpg
RISING SUNこれを見ると気合いが入る。

梅雨を迎え、様々な釣りが活気づくこの時期。
今回は千葉県、南房エリアで最盛期を迎えているブリ、ワラサのジギング船の模様をレポートします。

ここ最近の南房エリアは日ムラがあるものの、釣果は右肩上がり。
それを伺わせる様に当日も平日ながら乗船率100%の状態。

受付後に行われる釣り座の抽選では9組中8番目の結果でクジ運の悪さはいつも通りといったところ…
同行した地元の釣り仲間2名と共に仲良く胴の間に荷物を積み込んでいざ、出船。

当日の天候は朝一のみ肌寒いながらも快晴で、風も南西2m/sと海は穏やか。
完全に日が出てからは汗ばむほどの陽気で、夏を間近に控えている事を伺わせるコンディションとなった。

潮流は全体的に0.3?0.6ノットと緩く、魚の活性を不安視する声も聞かれたが、
そんな空気を払拭する様に開始直後からロッドを撓らせる展開。
このファーストヒットはフッキングが甘かったせいか、しばらくのファイトの後バラしてしまったのだが、一連動作の中でバイトを得られた事に自信が得られ、次の展開へ切り替える。

水深は全体的に50?80mといったところ。
流しながらカケ上がり等の情報が船長からアナウンスされる。
潮目は様々な方向へ向き落ち着かないものの、随所でジグから潮流が感じられ雰囲気は良い。

ファーストヒットの後、アタリが遠のいてしまったので、バイトゾーンを長くアピールするイメージでキャストからの斜め引きを試みる。
アクションもフォールを少し長めに入れつつ、柔らかくジャークしてやると、これが項を奏したのか、ボトムから約15m上げた付近でジグを押さえ込む様にこの日2回目のバイトが得られた。

一本目の失敗をリカバリするかの如く鋭く強いフッキングを決めてファイトへ移行。

シーラプチャー(SJGS-55MH)のリフティングパワーを生かしたファイトで魚はあっという間にネットイン。
上がってきたのは4kgクラスのワラサだったが、ベイトをため込んだ丸々とした魚体に満足感が得られた。

この日セレクトしたシーラプチャー(SJGS-55MH)はディープでウォータープレッシャーを受けつつも、確実にアクションを入力できるセッティング。
使用したジグが150gメインだったので、ややオーバースペックである様に感じるが、軽い動作で簡単にジグを跳ね上げる事ができるのでアングラーに掛る負担が少ないといったメリットもある。

そんな、メリットを活かしながら集中を高め、開始から3時間で2本目、3本目の追加に成功。この日は全体的にボトムから15mまでの間で反応が多く、如何にして底付近を丁寧に攻めるかで明暗が分かれた。

結果として4キロクラスを3本キャッチし、この日の釣りを終えたがエキスパートへの道のりはまだまだ長い。
奥深いジギングの世界へ今後もアツく取り組んで行こうと思う。

【タックルデータ】
ロッド :PALMS ELUA シーラプチャー SJGS-55MH
リール :ツインパワーSW 8000HG
ライン :YGKよつあみ GALIS ウルトラジグマンWX8(4.0号)
リーダー:YGKよつあみ GALIS アブソーバー ナイロン(100lb)

komachi035_2.jpg
確実なアクションで極上の引きを堪能。
komachi035_3.jpg
サーフショップ、オーシャングライド オーナーの松さん。笑顔のファイト^^;
komachi035_4.jpg
シーラプチャーユーザーのウッチーさん。ストイックでカッコイイ女性です。
komachi035_5.jpg
シーラプチャーSJGS-55MHで丸々としたワラサをGET3!!!

開幕!相模湾ライトジギング

2013年5月23日

小町広一

komachi034_1.jpg
ライトジギングで鯖!今年もこの季節がやってきました♪

五月晴れの日が多いここ最近、地元、相模湾において夏の風物詩

「ライトルアー」が賑わい始めました。

ターゲットは青物全般ですがHITのほとんどはサバで、

アグレッシブなバイトと青物特有の引きで楽しませてくれます。

 

この釣りをやる際、いつもは平塚浅八丸さんから沖に出ていますが、

今回は釣り仲間のプレジャーボートで出船してきました。

当日は南西風が7?8m/s吹いているコンディションとなってしまい、

南風に弱い相模湾は若干の荒れ模様。

プレジャーボートで沖に出るには少し危険な状況であった為、

比較的波の少ない岸寄りの20?30mラインにて実釣開始。

いつ何時でも釣りは安全第一です。

 

この日用意したタックルは、ターゲットと軽快に

遊べるメタルウィッチMTGS-633B。このロッドに小型スピニング

リール(ステラC3000S)の組み合わせをチョイス。

100gのジグまで背負える設定の割に持ち重り感もなく、とても

扱い易いバランスです。

 

使用するジグはキャスティングとバーチカルに対応する物を選びたい。

基本的には落とし込みでフォールのバイトを獲って行くスタイルと

なりますが、鳥山の下でボイルしている状況ではキャスティングからの

リトリーブで喰ってくるパターンも多いので、キャスト時に飛行姿勢が

安定しないジグを使用すると非常にストレスで、ラインへのフック絡み

の原因になります。

 

これらを念頭に置いて自分がセレクトしているジグはZetzブランドの

ブギーウォークスメルト。飛行姿勢が安定していてトラブルは皆無。

リトリーブ、フォール問わずアクションが秀逸なのでショアジギも

含め、その守備範囲はとても広いと感じています。

このジグを状況によって30g/40g/60gの使い分けで攻めて行きます。

 

当日は小潮で潮流自体は緩いものの、南西の影響によるウネリが

入っていて、ラインが風に煽られ着低させ難い状況。

鳥山も存在するがいまいち固まらず、表層部でのバイトが得られないので、

60gのジグを用いて確実に底を取ります。

アクションはフォールを織り交ぜながらのスローペースなシャクリで

ジグを躍らせていくイメージ。

時折、長めのフォールを入れてアクションにアクセントを入れると、

次々にバイトが得られました。

 

当たってくるのはボトム?中層付近が最も多く、フォール時に「ゴツッ」

っと入るイメージで、ロッドをグングン撓らせて長い距離のやり取りを

楽しませてくれました。

 

開始直後から約2時間釣れ続き、釣果的にも大満足したあたりで風が

強くなってきたので無理をせずに納竿。

太陽が降り注ぐ中、気持ち良い船釣りを堪能できました。

 

シーズンは9月いっぱいまでが目安となるはずですが、真夏は喰い渋る

ことも多々あるので、気候も良い今が最も楽しめる時期ではないでしょうか。

 

【タックルデータ】

ロッド:メタルウィッチMTGS-633B

リール:10ステラC3000S SOM NO LIMITS CUSTOM

ライン:銀龍WIND PE 1.0号(リーダー4.0号)

ジグ :ゼッツ ブギーウォークスメルト(30,40,60g)

komachi034_2.jpg
当日は随所に鳥達が・・・
komachi034_3.jpg
江の島を横目にポイントを目指す。船からの景色はサイコーだ。
komachi034_4.jpg
キツめのドラグでロッドをグングン撓らせるのがオモシロイ!!!!

2種類の攻め分け

2013年5月 7日

小町広一

komachi033_1.jpg
みなとみらいエリアのトリックバチパターンにて…

みなさんGWは良い釣りをされましたでしょうか!?
かくいう自分は大好きな港湾部の釣りに執心してました。

連休を良い事に、毎日みなとみらいや川崎方面へ出釣して再確認したのが、
この時期の港湾シーバスはバチやアミに代表される春パターンから
ベイトを意識したアーリーサマーのパターンへの過渡期であるという事。

一見、釣り方が絞り難く構えてしまいがちですが、両方を試して、
その日、そのエリアの状態を掴んでしまえばこっちのもの!
やる事さえやれば実はイージーな時期だと捉える事もできます。

具体的な攻め分けは、沖の潮目や運河中央付近でボイルが散発する様な場合は
迷うことなくバチの釣りを展開します。
当然、日によってレンジやスピードの差があるものの、早春期よりもバイトに
至る幅が広いのであまり深く考える必要はなく、9cm前後のシンペンや
Fミノーのデッドリトリーブで簡単にバイトに至ります。

逆にボイル等のサインが無い場合は、ストラクチャー攻めに徹します。
カキ殻がビッシリ着いた足元の壁、橋脚、台船周りが主な攻め所で、
この様なシチュエーションを攻略するのに8cmクラスのロングビル
ミノー(ディープダイバー)が重宝します。

レンジ的にはバイブレーション等のルアーでもバイトが得られるのですが、
ショートバイトやバラしが連発するので、自分的にはあまり好みではありません。

ストラクチャーへタイトに着いている個体は狭い行動範囲で効率的にエサを
捕食しているか、全く捕食を意識していないニュートラルな状態から
リアクションのみでバイトへ持ち込むイメージなので、直線引きが主体の
バイブより移動距離を抑えつつ、アピールできるディープダイバーの
ジャーキングに歩があるというのが自分なりの考えです。

この2種類の攻め分けで、今時期の港湾部は十分に楽しめるのですが、
大切になってくるのがやはり、ロッドのセレクトです。

・ランガンスタイルにマッチしたレングス
・コンパクトなキャスティングに対応するテーパー
・ショートバイトに高い追従性を発揮するティップ
・ジャーク時、適度に反発するベリー

これらを満たすショアガン73ULは相変わらず自分の身体の一部と化しています。
強いて言えばバットパワーがもう少しだけ欲しいところですが、秋の湘南河川で
ランカークラスを獲った実績を思い出せば、無理なファイトをしない限り、
全く問題ないと言えるでしょう。

自分はこの時期の港湾部を仲間内で楽しく時間と釣果をシェアするスタイルで
楽しんでいますが、エリア毎のジアイをもっと煮詰めて行く事で、良いサイズも
期待できるはずです。
今は目の前の爆釣を楽しみつつ、そういった課題も追いかけて行こうと思います。

【Today'sTackle】
ROD:PALMS ELUA ショアガン SFGS-73UL
REEL:10STELLA C3000S SOM NO LIMITS CUSTOM
LINE:銀龍WIND PE 1.0号(リーダー4.0号)  

komachi033_2.jpg
小さい個体も果敢にアタック^^;
komachi033_3.jpg
港湾部において、ショアガン73ULの守備範囲は広い。
komachi033_4.jpg
このサイズだが、バイトの多いこの時期は楽しい♪
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11