アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 Archive

Salt Gate

小町広一 Archive

いよいよ春本番の4月!

2013年4月 5日

小町広一

komachi032_1.jpg
手軽で楽しい港湾バチゲーム♪

いよいよ春本番の4月!

新生活に期待を膨らませたフレッシュマン、年度替わりで新目標を課せられた会社員。
何かと変化のあるこの時期、ワタクシ小町も社会人としてストレスを抱える毎日ではございますが、そんな時こそ「釣りでしょ、釣り!!」と、いう事で、横浜港湾部に出掛けてみました。

4月の港湾部と言えば「バチ」を意識した組み立てがメインとなる時期であり、装備も軽装で済む事から、「手軽で楽しい」シーバスゲームが成立するタイミングです。
港湾シーバス人気が高い理由の一つでしょう・・・

ポイントへ入るタイミングは、できるだけ潮位が高い日の満潮からの下げがベストですが、夜中に満潮を迎えるような小潮や若潮でも良く釣れるので、潮位さえあればなんとかなる。
あくまで自分の基準ですが、タイドグラフで100cm以上の潮位があれば、上げでも下げでも可能性がある。そんな、イメージで捉えています。

気温や風の状態で差はあるものの、ポイント到着からいきなりボイル連発といった状況も珍しくなく、教科書通りのアプローチで多くのバイトが得られます。
しかし、流れの釣りをする以上、フィーディングレーンとタイミングを合わせないと、せっかく追わせた魚をショートバイトに終わらせてしまう事になりかねません。

闇雲にキャストを繰り返すのではなく、散発するボイルの中からより冷静さを失うタイミングと場所を狙い撃つ事で偽物であるルアーをも激しく吸い込ませる事ができるのだと考えています。

いつでも理想は「一撃必釣」ですね。

とは、言ってみたものの・・・実際はショートバイトに悩まされるシーンがあるのも事実。
「バチパターンだから吸い込みが悪い。」と、魚のせいにするのではなく、通し方やタイミングでなんとかできないものかと思案するのですが、道具に助けられる部分があるのも正直なところです。

そんな観点で、港湾部の釣りに自分が愛用しているのが、ショアガン(SFGS-73UL)です。
バイトに対する追従性はもちろんグッド。ストラクチャー周りでのファイトだって無理なくこなしてくれます。
そして何より、障害物でキャストモーションが制限される状況下においてもコンパクトに振る事ができるレングスが港湾部においては重要なファクターとなってきますので、短かさが釣果に繋がると言っても過言ではないでしょう。

73ULはこれらの求められる要素が全体最適された一本なので、ショアガンシリーズの中で自分の一番のお気に入り。相棒と呼べる一本です。

雨風等、色々な妨げも在りますがどんな状況においても「狙い」を持ってアプローチし、
思惑通りにハマれば、「釣れた。」ではなく「釣った!」感が強くなるので楽しみも倍増。

港湾部のバチパターンは最盛期を迎えています。
じゃあ、いつやるのか??

「今でしょう!」^^;

【Today's Tackle】
ロッド:PALMS ELUA ショアガン(SFGS-73UL)
リール:STELLA C3000S/SOM NO LIMITS CUSTOM 
ライン:銀龍WIND PE×4(1.0号)

komachi032_2.jpg
愛用の一本!(ショアガン:SFGS-73UL)バチの釣りにもピッタリ!!!
komachi032_3.jpg
大量に湧いたバチ。イメトレの為、よーく観察しましょう。

バチパターンで尺メバル狙い

2013年3月 5日

小町広一

komachi031_1.jpg
バチメバル開幕 流れにリグを同調させるのが釣果へのキーポイン

寒い日と暖かい日が周期的に訪れるこの時期、自然界も着々と春へ向けて進んでいる様子です。
毎年、この時期はアフター期のバチ抜けシーバスに的を絞ってスケジュールを組み立てている頃なのですが、今年は他の釣りにも探求心を強く取り組んでいます。

それが、横浜港湾部のデカメバル!
長い一年において、大型シーバスにめぐり合うチャンスは他にもあると思うのですが、陸っぱり&スニーカースタイルで行けるポイントで尺に迫るデカメバルを狙えるパターンは自分の知る限りこの時期しかないと思っています。
だから、アツくなれる訳で…ww

上記の通り、目標は尺超えですが、現時点の結果から言うと残念ながら目標は達成できていません。
20cmを超える個体の量産には成功しているのですが、やはり、相当ハードルが高いと言った印象です。

なぜ、そんなにハードルが高いかというと、「ジアイがピンだから…」その一言に尽きます。
今、通っているポイントでは潮の動きが小さい小潮や若潮といった潮廻りでは、小型の釣果に集中し、大潮や中潮等、潮位変動が大きい時はアベレージが顕著にデカくなる傾向があります。

冒頭にも触れた通り、スニーカーで行ける様な身近なポイントでの釣りですので、メバル達がそこまで入り込んでくるには彼らにとってのメリットが必要になってきます。
その一つが、『バチ抜け』です!!

バチ抜けと言えば、春のシーバスフィッシングでパターンとして確立されていますが、メバル達もキチンとこのイベントに参加している様です。

バチが抜けるタイミングとアベレージサイズの相関に妙に関連性があるので、自分はこのパターンを「バチメバル」と称して執着している訳ですが、皆さんご存知の通り、バチは特定のタイミングでしか抜けません。
しかも、せっかく潮が合っても季節がら、雨風によりその日がダメになる事も多々。

これらを理由に条件がピンのピンになってしまうので、「ここだ!」と思った日は必ず釣行する様に心がけています。


次に釣り方に関してですが・・・
通常通りジグヘッド+ストレート系ワーム(2?3in)でOKです♪
但し、散発するボイルに対して引き潮を利用して流し込む様なアプローチとなるので、ジグヘッドのウェイトは比較的軽めをセレクトします。大体、0.5g?0.9gの出番が多い様に感じます。

この様なタイミング&釣り方ですので、当然、バチを意識した他の魚も交じってきます。
そう、ゲストとして登場のシーバス君です。(メバル狙いなのであしからず…)
先日もストラクチャーに絡むポイントでリグを流れに同調させていたら、65cmの個体がアタックしてきました。

当然、タックルはピンウィール!(PMGS?73)
ラインはPE0.4号リーダー1.0号の組み合わせでしたが、なんなくキャッチに成功。

いくらアフター期のコンディションとはいえ60cmを超えるシーバスの引きはそれなりのもの。
しかし、そんな魚でものされずコントロールできてしまうピンウィールのバットに驚きを感じる出来事でした。
しなやかに曲がりつつ、勝負を掛けるタイミングではしっかりとしたパワーを発揮する・・・そんな印象です。

このバチメバル!
超天才のスーパービッグともなれば、タイド/天候(風)/ベイト/ストラクチャー、etc…
これらの助けを得ないとなかなか捕獲できないと考えています。
これからの最盛期にチャンスと言っていいシーンが何度訪れるかは分かりませんが、目標達成できる日を楽しみにキープキャスティングで行こうと思います。

マニアックで理解され難いカテゴリーの釣りかもしれませんが、そこに興味と目標を抱いてしまったので、この春はちょっとやり込んでみようと思っています。

【Today'sTackle】
ROD:PALMS ELUA  Pinwheel PMGS-73
REEL:10STELLA C2000S SOM NO LIMITS CUSTOM
LINE:PE0.4号(リーダー1.0号)

komachi031_2.jpg
タックル性能は度外視できない!感度とリトリーブ安定感が特に重要なファクター。
komachi031_3.jpg
25cmオーバーの個体。この先、サイズはまだまだ期待できます。
komachi031_4.jpg
ピンウィールでキャッチしたゲストのシーバス(65cm)
komachi030_1.jpg
この魚体が釣れるのも、あとわずか・・・

年が明けておよそ半月。
時間が経つのは早いもので、釣りも仕事も今できる事を全力で取り組んでおかないといけないと感じる今日、この頃です。

今回は最近、楽しんでいるメバルの数釣りについてレポートします。

東京湾(横浜界隈)のメバルは、この時期、「釣果を伸ばし難い状況。」となっており、
これを安易に「スポーニング絡みで釣れなくなった。」と、諦めてしまうのは簡単なのですが、こういう状況だからこその楽しみ方もあります。

当然、プリのビッグママのみを狙うスタイルとは異なってきますが、「ライトな感覚で数釣りでも楽しもう♪」と、いうのが今時期のコンセプトです。

ポイントセレクトに関しては、“深場に隣接した岩礁エリア”というのがキーで、これに海藻類のベジテーションが絡んでいれば更にGood!
アプローチ方法は潮位や風の影響等で変化してきますが、近頃、最も実績を得ているのが、0.5g前後のジグヘッドを用いたスーパーデッドリトリーブ釣法です。

水中に見え隠れするシモリや海藻、また、それらによって発生したヨレを読んで、潮上からフワフワとリグを流し込んでいくイメージの釣りなのですが、時にリーリングをせずにアタリを取って行く場合もある程フィネスなアプローチとなります。

特にシブい時ほど、この釣り方がハマる傾向を感じており、時に、ワンキャストワンヒットの入れ食いを楽しませてくれます。

上記のとおり、極めて繊細(フィネス)なアプローチが要求されますので、タックル性能は特に重要視したいところ。
そんな、観点で“PALMS ELUA ピンウィール:PMGS?73”は、とても秀逸な出来栄えで、気持ちよく釣りを展開できます。

1.軽量ルアーを弾き出すブランクの撓り。
2.リグの存在を見失わない感度。
3.ショートバイトをも掛けるノリの良さ。

まさに、3拍子揃った仕上がりとなっていますので、より多くの方にこのロッドの心地よさを味わって欲しいと感じています。


釣果に関しては、20cm程度をMAXに連日のツ抜け状態。
今後、春まではコンスタントに釣れ続けると思いますので、防寒対策を十分にしてエンジョイしちゃいましょう。


じつは、「メバルロッドって、そんなに拘る必要ないでしょ!?」
そんな風に考えている時代が自分にはありました。
でもそれは、ピンウィールに出会う以前の話し・・・

「使えば判るイイモノの良さ!」ですね!!


【Today'sTackle】
ROD:PALMS ELUA  Pinwheel PMGS-73
REEL:10STELLA C2000S SOM NO LIMITS CUSTOM
LINE:銀龍 WIND PE×8 0.6号 & G-Soul 0.4号

komachi030_2.jpg
繊細な釣りにも高次元で対応するNEWピンウィール!
komachi030_3.jpg
アフター個体の極小バイトもしっかりフッキング
komachi030_4.jpg
ボトムを攻めれば相変わらずのゲスト登場です♪
‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11