アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 Archive

Salt Gate

小町広一 Archive

komachi_026_2.jpg

上げのタイミングでボトムを丁寧にトレースして得た一本。

シーバスハイシーズンの湘南界隈。
寒さが深まるにつれて釣果情報を耳にする事が増えて参りました。

河口エリアの爆釣。朝マズメのフィーディング。三浦半島も連日好調?
各方面から有力情報は入ってくるのですが、やはりホームで勝ち点を得ていないうちはアウェイゲームも楽しめませんので、近頃は自分が最も好きな片瀬川の中流域でストリームの釣りを楽しんでいます。

一口に中流域と言っても様々ですが、ベイト等の特別なファクターがない限り、ポイントセレクトの基準になってくるのが地形変化です。
川に通いつめてアタマに叩き込んだ地形変化を辿り、最もブレイクがキツイポイントに照準を絞ります。
特に潮位変動の激しい潮廻りでは、効率的な捕食活動のため、水位差(ブレイク)が明確にあるポイントがシーバスにとって格好のフィーディングゾーンになるので、これを念頭において釣りを展開します。

この様なポイントでの基本的な狙い方を考察すると、自分の中では上げ潮と下げ潮時で2種類に大別できます。

まず、下げ潮について。
下げの時間帯は、上流から流れ落ちてくるベイトをイメージして表層を狙います。

本流に引っ張られて沖にキレイな潮目が発生。その潮目とブレイクが重なったチャンスゾーンに対して、ナチュラルにルアーを流し込んで行くのがセオリー。
もし、反応が得られなければ、ルアーローテでアクションとレンジの質を変化させ、バイトの出るピンポイントを探って行きます。近頃は小型トップウォーターでの反応が多く、エキサイティングな釣りが展開できています。

一方、上げの際は潮に乗って河口方面から差してくる魚を狙ってボトムをサーチします。

当然、表層での反応が得られればこの限りではないのですが、新たに入ってきた魚を狙うイメージですので、塩分濃度の濃いボトムを釣るというのは正攻法ではないでしょうか。

波動の強いシンキング系ルアーを用い、丁寧にボトムをトレース。最も、厚みを帯びたくさびでターゲットとルアーをコンタクトさせる事が出来れば、たちまち「ゴンッ!」です。油断をすれば根掛り多発のアプローチですので、そんな難しさが集中力を高めるものかと。

上記の様な攻め分けで、これまでに何度かランカーを捕獲した経験はあるのですが、なかなか宣言通りとはいかず、「数釣る中で大きいのが交じった。」と、いうのが正直なところ。
何年もかけて取り組んできたものの、スーパービッグを予告通りに狙って獲るというのはハードルが高く、それを体現してしまう先輩諸兄アングラーにはいつも脱帽させられます。

先日、そんな名人の一人に久しぶりに釣り場でお会いできました。
シーバスの事、自然(風や流れ)の見方、この釣りにおける様々なノウハウを当時の自分に教えてくれた方と再会できたことを嬉しく思い、またこうして、今も同じ時間を共有できる喜びに浸りながら共に竿を振らせて頂きました。

やっぱ、釣りってスバラシイ!!

【Today's Tackle】
ロッド:PALMS ELUA ショアガン(SFGS-79ML)
リール:STELLA C3000S/SOM NO LIMITS CUSTOM 
ライン:銀龍PE×4(1.0号)

komachi_026_1.jpg

下げの効いたカレントでTOPに元気よく飛び出した一本。サイズの割に激しいバイトを見せてくれました。
komachi_026_3.jpg
名人、梶原氏。鋭い洞察力でバンバン釣っていく様に脱帽っす。

好釣キープ!!湘南エギング

2012年10月29日

小町広一

komachi025_1.jpg
オイシイ潮流を念入りにチェックしてGET!

先日レポートした湘南の秋イカ、連日好調をキープしています。

人によっては2時間で10パイ以上の釣果を叩き出すほどのインパクトで、シブかった昨シーズンがウソの様です。
自分の場合、2?3時間で数匹釣れれば幸せなので、時間がある時は仕事帰りの夕方からポイントへ出かけてはチョロっとシャクる。
そんなスタンスで楽しんでいます。

サイズのアベレージもシーズン初期にまとまっていた胴長15cm前後の個体から一回り大きくなってきた模様で、これに伴い、アタるエギも2.5号から3.0号へシフトしてきました。
全体フォルムを抑えた喰わせ(抱かせ?)の効く小さなエギより、アピールを重視した方が釣りのテンポが速い!そんな印象を受けています。

特にマズメ時の時合いを釣る際は、一瞬で活性が下がってしまう事も多々ありますので、この釣りにおけるリズム感やテンポと言うのは、特に重要なファクターかもしれませんね。

それともう一点、ポイントセレクトで忘れたくないのが“潮流”の存在。
自分が最も気にしている点で、同じエリアでもそのタイミング毎に流れの当たる場所とそうでない場所が存在すると思いますので、常に潮目等の動きを観察して釣りを展開したいところ。

自分もそこを見誤ると釣果は出ない傾向です。

まだまだ、楽しめる秋イカシーン!
気候的にも釣果的にもとても良い時期ですので、皆でシャクって行きましょう!

【Today's Tackle】
ロッド:PALMS ELUA ショアガン・エギングパフォーマンス(SFGS-83EL)
リール:STELLA C3000S/SOM NO LIMITS CUSTOM 
ライン:銀龍PE×8(0.8号)
エギ :墨族ノーマルタイプ(3.0号)

komachi025_2.jpg 
SFGS-83ELは取り回しが効くセッティングだ

雨と湘南リバーシーバス

2012年10月26日

小町広一

komachi024_1.jpg
シーバスの体格からも季節を感じる様になりました

気が付けば既に10月もあとわずか。
朝晩の気温低下も本格的となり、そろそろ冬のアウターを準備しようかと思っている今日この頃。
みなさん、風邪などひいていませんでしょうか?

今回のソルトゲートは「雨と湘南リバーシーバス」と題して、地元河川での釣行記を報告します。

例年、良型のシーバスが比較的コンスタントに釣れているこの時期ですが、「いつ行っても釣れる!」と、言えるほど甘くないのが現実。
特に攻略のキーとなってくるのが、皆さんお察しの通り、雨の影響です。

今年はまとまった雨が降る事が多く、大型に出会えるチャンスも少なくない様に感じています。
しかし、降った雨の量とタイドの関係や魚がフィーディングに入る時間と場所を見極めて釣行するというのはなかなか難しいもので、お恥ずかしながら未だ自分も空ぶりする事が多々あります。
「しかも、フルスイングで」^^

せっかくなので、そんな失敗談をひとつ…

つい先日、天気予報で雨の予報を耳にしたので、雨がらみで実績の高い河口部へ出掛けてみました。
ポイントに入り釣りの準備をしていると、みるみる雨脚は強まり、あっという間に大雨。その量は夏場のゲリラ豪雨に匹敵する様な勢いでした。

この日のタイドは、大潮でポイントに入ったタイミングは干潮間際のいわゆる「ドン引き」状態。
この状態で上記の大雨による増水が開始します。ここまでは、想定内!
多少、流れゴミは出ましたが、まだ釣りができるレベルで上げ潮に転じれば魚が差してくるだろうと思っていました。

しかし、この日の自分は大切なチェックが抜けていた様です。
それは、外海に発生した「ウネリ」の存在。
タイドが上げに転じた途端、魚が差してくるどころか河口の払い出し方向から川を遡る様に大きな波が、ダッパン×2!!

最悪な事にそれが勢いを増した河川の流れと河口部でぶつかり合い、どっちから流れているのかも分からない状態へ。
しまいには川底の泥やらなんやらを巻き上げ、一瞬にして川の水質はドロドロ…。

巻き上げられたそれらの影響でしょう。周囲にはドブの様な臭いが漂い、もう、釣りどころじゃありません。自分は初めて知りました。
単純な気温低下以外に、しかも河川で、「ターンオーバー」が成立する事を。

一応、ルアーを投入してみましたが、残念な事にそこには空しい現実しかありませんでした。「雨=釣れる」という方程式の裏には様々な変数的要素が存在するという事でしょう。
良い教訓を得ました。


それから、三日後。
この日も同じく天気は雨でウネリも発生。
前回、苦汁を嘗めた分、その日はポンイントセレクトを変更し、底質が球砂利メインの上流部へ入釣します。

濁りや、流れも良い感じに出ており、「いかにも!」といった雰囲気でしたが、結果からいうと秋っぽい体格の70cmとそれ以下を獲ったのみに留まりました。

ヒットパターンは流れを利用したミノーの流し込みで、具体的にはエリア内で最も流れの効いた場所を見つけ出し、流芯のキワ付近へ流し込んでいくといった方法です。

使用するルアーは10cm前後のフローティングミノーがメインで、リトリーブで探る際はリップレスタイプ。流し込むパターンでは流れを掴みやすいリップ付きのものといった使い分けで結果を得ています。

このパターンで釣果が出る時は比較的シーバスの活性が低い傾向がある様に感じます。
これに対して、活性の良い時は流れに絡んだストラクチャーや橋脚の明暗でガンガン喰ってくる傾向がありますので、結局のところ、一つの考えに固執せずに色々と試すのが釣果への近道です。

晩秋のリバーシーバス。
大型を狙える格好の時期ですのでこれからもフィールドへ通って自らのスキルアップを図っていきたいと思います。

komachi024_2.jpg
komachi024_3.jpg
フローティングミノーの流し込みはシブい時の切り札 河川仕様!フローティングミノーのラインナップ
‹‹ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13