アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 小町広一 Archive

Salt Gate

小町広一 Archive

湘南エリアの秋イカいよいよ!

2012年10月11日

小町広一

komachi023_1.jpg
当日、最大の個体はボトム付近を丹念に探ってのHITでした!

このところ湘南エリアでホットなエギング。いよいよ開幕です。

今年は9月の初旬あたりから地元の堤防や漁港周りでアオリのチェックを始めていたのですが、その頃はまだ手を出すには気が引ける程の個体しか確認できませんでした。

それから、約ひと月。
そろそろ良いだろうとの事で地元の釣り仲間と共に出掛けました。

ここ数年の釣行で実績の高いポイントを数時間ずつに分けて回ってみると、あちらこちらでイカからのコンタクトが得られました。

当日は北風が7?8m吹いている様なコンディションだったので、この時期に多用する2.5?3.0号のエギを着低させるのにひと苦労。
途中、釣りのテンポを上げようと3.5号のエギも投入しましたが、全く反応は得られなくなり、セレクティブな状況を実感しました。

シャクリやタナのイメージは人によって様々ですが、この日は、中層を意識した激しいシャクリからのフリーフォールにHITが集中。

テンションフォールで抱かせる事が出来れば、比較的楽にアタリを見極められるのですが、ロングキャストができない状況下、移動距離が長くなってしまうテンションフォールでは、抱くタイミングが少なくなってしまうため、その様な展開になったと思います。


釣れてくるサイズは基本的に、胴長15cm前後の個体がメインですが、潮の効く一瞬のタイミングでそれを上回るサイズの捕獲にも成功しました。

これから年末へ向けてサイズも上がってくると思われますので、また、タイミングを見計らって行ってみたいと思います。


Today's Tackle
ロッド:ショアガン(SFGS-83EL)
リール:STELLA C3000S
ライン:銀龍PE×8(0.8号)
エギ :墨族ノーマルタイプ、エギ王Q(2.5?3.0号)

komachi023_2.jpg
ショアカ?ン83ELは秋イカシーズンにもってこい♪
komachi023_4.jpg
komachi023_5.jpg

一緒に釣りをしたジェイソン氏も見事GET 当日のアべレージサイズ

 

時化後のタフコン港湾部

2012年10月 4日

小町広一

komachi022_1.jpg
ハイテンポなジャーキングてリアクションバイト!

降雨が少なかった9月初旬。ニュースを見れば、「水不足」や「取水制限」のキーワードを耳にする事が多々ありました。
しかし、ここ数週間で時期特有の長雨や台風に見舞われ、荒天となる日が多かったと振り返ります。荒天は生活への被害はもちろん、釣りへ行くにあたっても喜ばしい事ではありません。
しかし、それらが自然界における恵みとなる事も事実。
釣り人も恩恵を求めて釣行する訳ですが、安全への配慮を忘れずに行動して行きましょう。

さて、本題のシーバスですが・・・
連続して発生した台風の合間で釣りが出来そうなシチュエーションがありましたので時化の影響から外海を断念し、港湾部へ出かけてみました。

この様なタイミングでは、荒れた外海からシーバスの群れが避難する様に湾奥へ入っている事もあり、爆釣になる場合がよくあります。その日も過去に経験した甘い汁を求めて仲間と共に出釣しました。

しかし、そう容易くないのがこのゲームの難しい所。

ポイントへ到着するなり目に着いたのは水面を覆い尽くさんばかりのゴミ。
水質もグレーっぽい白濁り状態でコンディション最悪。
どうやら、タイミングを見誤った模様です。

でも、来たからには一本獲って帰りたいのが釣り人の性。
目に着くストラクチャーを次々に攻めますが、ルアーがゴミだらけになって本来のアクションを損なう始末。

そんな状況下、エリアを釣り歩きやっと水の動きがある場所を見つけたので、そこでローテーションを開始します。
回りのポイントと比較すると、濁りの状況は許容範囲。ゴミもなんとかなる状況でしたので、ココしかないといった感じ。

まずは、活性の高い個体が居ればコールアップしてくれるであろうとの予想で表層をトレースできるFミノーから投入します。しかし、ただ巻きにもトゥイッチングにも反応はしません。次に中間層を引けるSミノーを入れスローに誘いますがこれもダメ。

この時点でベイトを意識した、いわゆる「フィーディングの個体」はいないとの判断し、切り札のロングビルディープダイバーをセット。こいつでバイトが出なければ、「本日ボーズ決定!」の状況です。

食わせが効く状況なら、Sミノーまでのプロセスでバイトが出ている筈なので、ディープダイバーでは一投目から完全リアクション狙いのハイテンポなジャーキングでアプローチをして行きます。

すると、数投目にルアーが橋脚に差し掛かった付近で何のためらいもないバイト!!
釣り方が合えばあっさり喰ってくるものですね。

幸い、ジャーク後のスラッグが出ている状況でバイトさせる事が出来たので、フッキングもバッチリ。適度にファイトを楽しませて貰いネットインしたのは、ジャスト60のシーバスでした。

コンディション的にもサイズもナイスワンとは言い難い一本でしたが、この状況下で楽しませてくれた事に感謝してリリース。

その後、同エリア周辺をチェックしますがノーバイトで納竿。
一本の価値と共に改めてこの釣りにおけるタイミングの重要さを再確認した釣行となりました。

今回、セレクトしたタックルは、相変わらずマイブームのショアガン73UL。
港湾部に用いるロッドで重要な事は何か? 本気で考えながら激使用中!!
ホント、楽しいロッドです。

シーズンはいよいよ佳境に差し掛かって参りました。
自分も釣活を加速させて行きますので良いハイシーズンにしていきましょう。

komachi022_2.jpg
73ULをのメリットを駆使してタフコンを攻略

高水温期は狙いが絞りやすい

2012年9月 7日

小町広一

komachi021_1.jpg
短距離トゥイッチングで一撃GET!

朝晩はだいぶ涼しくなり本格的な秋シーズンに向けて季節は着実に進行しています。
秋と言えばシーバス、産卵を控えた大型のスズキが荒食いに入る時期ですね。

この時期における自分のシーバスゲームは、雨等による増水や濁りといった好条件が揃えば地元の河川へ出向き、逆に、条件が揃わない場合はベイエリアのストラクチャーをランガンするスタイルで狙っていくのが毎年の恒例となっています。
河川における釣りはまた別の機会に報告する事として、今回は、秋を迎えるまでのベイエリアにおけるシーバス狙いについて触れてみたいと思います。

この時期、いくら初秋と言っても晴れた日の最高気温は30℃前後が多く、潮通しの悪い港湾部では水温上昇や溶存酸素の低下で一般的にシーバスの活性が低いと言われています。

海上保安庁のHPで相模湾、東京湾周辺の海水温度を検索すると、やはり連日、28℃前後で推移しています。
しかし、これを逆に捉えると、だからこその狙い方が成立すると自分は捉えています。

具体的には、少しでも水通しの良い運河や小規模河川の合流部、そんなシチュエーションに入っている縦のストラクチャー(壁や橋脚)を狙い所として絞ればOK!!

シーバス達にとって活動し難い条件だからこそ、目に着く一級ポイントがやはり一級として成立してくるものだと考えます。

この手のストラクチャー撃ちでは、河川やサーフ等でフィーディングしている個体とは異なったプレゼンテーションでアプローチをしたいところです。

コツは長く追わせない事!!

活動し難い状況下、なんとかエサにあり付きたいシーバス達は目の前を通るベイトを短い移動距離で瞬時に仕留めたいハズ・・・

ストラクチャー撃ちで一度バイトが出たコースにおいて2度3度と喰ってこないのは上記理由に起因すると自分は思っています。「魚が沢山着いている場合は違いますが・・・」
なので、ルアー操作は喰わせの間を多く取り入れたトゥイッチングがメインとなってきます。

この時、重要になってくるのはタックルの取り回しの良さです。
自分がこのゲームに用いているのはショアガンSFGS-73UL。
ULの表記に不安を覚える方も居ると思いますが、混み入った港湾部では、アンダーハンドでキャストするシチュエーションが多く、さらに、軽量なルアーがメインとなってくるので、73ULの取り回しの良さと軽いルアーのキャスタビリティに大きなメリットを感じています。

上記の様なポイントでストラクチャーへタイトにアプローチ。
そこからチョンチョンと誘ってやればスグに答えが返ってくるハズです。
良い日に当たれば数釣りが可能なのもこのゲームの魅力でしょう。

是非、そんなシチュエーションが身の回りにある方は出釣してみて下さい。
予期せぬ大物に当たる可能性は低いカテゴリーの釣りですが、その辺りは割り切ってエンジョイできてこそのゲームフィッシングでもあります。

それでは皆様、良い釣りを!!

komachi021_2.jpg
komachi021_3.JPG
身近なベイエリアにて・・・ プロセスがハマれば数釣もOK
komachi021_4.JPG
SFGS-73ULの操作性は時に大きなアドバンテージとなる。
‹‹ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14