アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 池田雄一郎 Archive

Salt Gate

池田雄一郎 Archive

モンスターを獲るまで

2014年9月30日

池田雄一郎

ikeda009_1.jpg
潮の流れが速い鵜渡根

最近、僕がハマっている伊豆諸島にある鵜渡根でのショアジギング。
過去に僕はこの鵜渡根で何発ものモンスターにやられてきて、
次こそはと思いながら通い続けてます。

ちょっと前のことですがモンスターを狙いに行った時のことです。
その日は風速10mはある様な風で島には乗れたが島の大半は波しぶきが被っていて、
足場の高い風を背にする場所でしか釣りができる状況ではありませんでした。

タックルは2セットを用意。
ミノー用ではロッドがショアガンSFGS-110Hにリールは6000番、
メインラインはPE4号にリーダーは70lb。
ジギング用ではロッドがショアガンSFGS-103XHにリールは8000番、
メインラインはPE5号、リーダー80lbを使用。

朝一は、ミノーで高活性の魚は居ないか探ろうと思いましたが、爆風と高波でミノーが海面から飛び上がってしまい上手くいきません。
そこでジギング用のタックルにして60gのスメルトを選択してみました。

だが、60gだと潮の流れが強い鵜渡根では底が取れない状況なので80gにチェンジ。
80gだと着底が確認できるので少し粘ってみる事にしました。

地形の変化が大きく、着底後に直ぐにしゃくっていかないと強烈な流れで
ルアーが勝手に動き根掛かってしまう様な場所なので
ロッドの感度とラインスラッグを頼りに着底を確認する。

着底したら瞬時にしゃくり上げ、しゃくったり、ただ巻きしたり、
フォールしたりと色々と探っていきます。

そして、しゃくってから少しただ巻きを入れた時にヒット。
ヒット後に一気に根に入ろうと底に走ったので、根に巻かれない様にポンピングからのゴリ巻き勝負。
足元も根だらけなので最後まで油断は出来ない釣り場です。

足元で見えてきたのはカンパチでした。

フッキングもしっかりとしていたので一気に抜き上げて無事にキャッチ。
カンパチの根に入ろうとする強烈な突っ込みはアドレナリンが出ますね。

仲間にも立て続けにヒットして、さらにデカイカンパチを無事にキャッチ。
しかし、その後は続かず、風と波が少し弱まったので今度はミノー用のロッドに持ち替え、
ルアーはGIG115Sでやってみる事にしました。

流れの上にキャストして、流れに乗せながらゆっくりとフォール。
着底後、しゃくり上げてから穂先でチョンチョンと軽い動きを入れながらドリフトさせてみました。

すると強烈な当たりがあり、合わせを入れてフッキング成功。
根に入られない様に一気にに巻き上げて無事キャッチ。
今度の魚はさっきのカンパチより色が濃く体高があり、ヒレが長いヒレナガカンパチでした。

その後は、バラシなどもありましたが、今回もモンスター捕獲は出来ませんでした。
でも、少し先で10キロクラスのヒラマサが数匹で背鰭を出してベイトを追いかけていたので
モンスターは確実に近くに居ました。
まだまだ、通い続けます。

ikeda009_2.jpg

ikeda009_3.jpg
ikeda009_4.jpg

ショアガン フラットエディション

2014年9月29日

池田雄一郎

ikeda008_1.jpg
多くのランカーサイズを引き寄せたSFGS-106M+

僕がサーフでメインで使用しているロッドはショアガンフラットエディションSFGS-106M+です。

このロッドの特徴はバッドパワーが強靭なのに、先調子で細かいルアー操作も実現できるところです。

まず強靭なバッドによりランカーヒラメの張り付きを剥がして一気に主導権をとれる事、ランカーマゴチの強烈な頭振りにも負けず頭振りによる糸フケは繊細なティップにより極力減らせるのでバラシの軽減にもなります。

サーフでデカイ青物がヒットしても強靱なバッドで走りを止められますので安心ですよ。

波打ち際での攻防も同じく強靭なバッドで一気に寄せ波に乗せて取り込め、繊細なティップにより波による抵抗も吸収してくれます。

適合ルアーウエイトは10g〜40gまでと幅広く、シンペンなどのテクニカルな動きを出すルアーからジグやラバージグなどのぶっ飛び系のルアーまで違和感なく使用できます。

皆様もショアガンフラットエディションを使用してランカーヒラメ、ランカーマゴチを狙ってみて下さい。

ikeda008_2.jpg
ikeda008_3.jpg
ikeda007_1.jpg

マゴチのシーズンはまだまだ続いています。

キスが波打ち際近くまで接岸してくる場合は、ボトムに近いレンジを攻めるのが有効です。
そこで強烈な波動とフラッシングのあるハンネルを選択しました。

ウエイトは30gなので飛距離は抜群。
着底後にルアーのヘッドがボトムを時々叩く様な感じのアクションで
高活性なマゴチを狙い撃ち。
ランガンしながら探っていくと手前のブレイクでヒット。
サイズはそうでもなさそうでしたがマゴチの頭振りを楽しみながら無事にキャッチ。

ハンネルはマゴチだけでなくヒラメなど高活性な魚を狙い撃ちするには最高なルアーです。
活性が落ちてヒットしてこない時には、少し波動とフラッシングの弱いエフリードバイブ、
更にフワフワとした動きのGIG、ブロテなどとローテーションすると良いですよ。

ikeda007_2.jpg
ハンネルのベリーを喰い上げてきたマゴチ
1  2  3