アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Salt Gate > 谷口一貴 Archive

Salt Gate

谷口一貴 Archive

厳冬期の楽しみ方

2016年2月25日

谷口一貴

大雪の大寒波が過ぎたかと思えば、またまた寒波・・・。
この時期は天候がなかなか安定しないものの魚は必ずいる!!あとは釣るだけ!!
と決意を決めフィールドへ通う毎日。

この時期ヒラメであれば座布団級が狙えたり、シーバスもバチ抜けパターンで思わぬランカーに出会えたりと、男としてはなかなか夢とロマンのある季節ではないかと個人的には思います。
季節は着実に一歩ずつ春に向かっており、魚種によっては産卵前の荒食いや産卵後の回復に向けての捕食が活発に始まるのも春。
最近は地元鹿児島だけでなく他県にも積極的に足を延ばし、修行と勉強の日々を送っており、地元では経験できない釣りや、各地元のパターンなどいい勉強をさせてもらってます!

写真のグルナードで仕留めた60cm後半のシーバスは有明ボートシーバスにて、捕食対象がボトム付近のシャコやエビといった甲殻類であったためボトム付近を一定のリトリーブスピードで丁寧に探った結果得ることのできた個体。

seabass1602.jpg

このようにボトム付近をしっかりと引いてこれるのもグルナードの強みでもあり、活性の低い個体に対してルアーをしっかり見せて追わせることが出来、ブレードのアピール力でバイトに持ち込むことも可能です。

地元では通い慣れたフィールドへ暇さえあれば足を運び、釣れても釣れなくても投げ通しており、これはこれで楽しいと思います。
また通い慣れたフィールドだからこそ通うほど分かることや、季節性の変化に気付くことも出来、次の釣果へつながると信じています。
このマゴチはこの時期としては非常に嬉しい50cm後半の良型!!
こちらもグルナードのボトム付近のスローリトリーブにてヒットしてきました。

1454404590563.jpgDSC_0251.jpg


いくら通い慣れていてもこのサイズに出会えるのであれば寒さや雨に関係なく通いたくなります。

まだまだ寒い日が続き、何かと足が重くなる季節ではありますが、そんななかで釣れた一匹は普段と違う嬉しさがあり、これからの来るべく春に向けてやる気も出てきます。

座布団級には程遠いものの良型のヒラメも釣れ、今年のフラットフィッシュ当たり年を感じます。

1454404592063.jpg


暖冬の影響か今年はフラットフィッシュの釣果が全体的に好調なので今年こそは座布団を狙って行きたいと思います!
そしてなんといってもショアガンシリーズのNewモデル登場など俄然やる気が出てきますね!!

ベイトを読んで釣る

2016年1月27日

谷口一貴

日本各地暖冬の話で持ちきりで、ここ鹿児島でも年末年始は春の陽気を思わせるほど落ち着いた天候が続き、水温も例年であれば16度前後だというのに今年に限っては18度、場所によっては20度近く、まるで4月並の水温を記録していました。

しかしながらそんな陽気も束の間。
1月半ばを過ぎたあたりから急激に気温が下がり始め、後半においては南国鹿児島でも記録的積雪を観測するなど暖冬から一転、極寒の地へと変貌してしまいました・・・。
さすがに南国鹿児島といえどもここまで気温の変化が激しいと魚もなかなか口を使いにくくなります。

そうは言っても冬型の天気になるまで釣りは楽しんでいました。
11月頃から12月頃まで各方面でフラットフィッシュの釣果が聞こえており、自分自身でも確かめたく仕事のない日は少しでもサーフや河口に立っていました。
前回話したようにいつものフィールドにはコノシロ、ウルメイワシ、カタクチ、豆アジ、その他多数のベイトが沸いてることがあり、正直どのパターンが成立するのか悩んでいました。
ヒラメの乱舞やシーバスのボイルは見受けられるものの、なかなかバイトに持ち込めなかったりなど悪戦苦闘を強いられ年内に座布団を捕獲する夢は流れてしまいました・・・。

しかし、諦めの悪い性格があってか、予約のない時に何度か船を出していつものフィールドを船から攻めることに。
魚探には大量のベイト!!
そしてそれを追うフィッシュイーターらしい反応!!
ここで初心に戻り、これだけベイト反応が出ている中で何を投げればバイトしてくるのか考えたところ・・・。

ここ最近で一番の万能ルアー“グルナード”ではないかという結論に至りました。
なぜかと言うと・・・
何度か正月の魚を釣りに行こうと思い、船でアジやイワシをつけて泳がせ釣りをしたところ魚探にはアジ、イワシの反応があるにも関わらずバイトしてくるのはイワシにのみ!!
確かに捕食のしやすさや、群れの数からすればイワシが断然多いのかもしれませんが、それ以上に仕掛けに付けた際に鱗をまき散らしながら泳ぐ様がまさしくブレードのフラッシングと、うり二つとまではいかなくとも水中での輝きはイワシのギラツキとそっくりでした。

IMG_9248.jpg

 


ただ単にブレードでアピールするというよりも、フィッシュイーターがどの目線で何を追っているのかイメージすると、たしかに通常のミノーよりも魅力があるのかもしれません。
また同じようなシチュエーションで、カタクチの群れが表層に沸いていたときはバイブレーション、ジグには反応しないものの“ベイトコレクション カタクチ”にだけは反応したことがあります。これはシルエットも関係しているかもしれません。
実に興味深い一日であった記憶があります。

IMG_9241.jpg

 

これらのことを踏まえるとマッチザベイトは勿論のことベイトのどの特性を活かしてルアー選択をするのかも重要となり、これもまたルアーフィッシングの醍醐味だと思います。

写真のようにグルナードにヒットした真冬のマゴチは水深5m前後(水温18度)でアジ、イワシの群れについており、ワーム、バイブ、ジグを投入して反応がなかったもののグルナードには反応してくれました。
このような経験は今後自分の釣りに大きく影響を与えると思います。

IMG_9252.jpg

 

これから厳しいシーズンになるとは思いますが、季節は着実に春に向かっています。
厳冬期だからこそ試行錯誤することが出来るのかもしれないので、来る春に向けてこれからも様々な釣りを通して腕を磨いていきたいと思います!!

まだまだ寒い日が続きますが、風邪などにはお気を付け下さい。

1434531841331b.jpg
「ショアスロー」を提案するスローブラットキャスト

ここ最近いっきに秋めいてきて、日本全国冷え込みが続き北海道では早くも雪が降るなど季節は一歩ずつ秋から冬へ変わろうとしています。
しかし、ここ鹿児島は10月後半だというのに連日25度以上の夏日という同じ日本列島に住んでいながら、日本の四季につくづく感動しております。
ただ、いくら鹿児島といっても海の中は徐々に秋から冬へて動いているようです。

今回は、これからシーズンを迎える“ヒラメ”ゲームについてお話ししたいと思います。

皆さんもご存じのようにアンリパはヒラメ・マゴチ(フラットフィッシュ)専門ロッドからプラグ、ジグなど沢山出ていますが、今回はその中から特にオススメしたいものをピックアップしていきたいと思います。

まずはスローブラットキャスト(スロブラ)シリーズ!!
ジグと言えばガンガンしゃくって来て食わすというイメージが強いですが、近年はゆったりとしたしゃくりからスローなフォールで食わす“スロー”な釣りも流行ってきており、スロブラはその代名詞のひとつともいえます。そしてショアから行なうスロージギングの火付け役となったのがスローブラットキャストで「ショアスロー」を提唱しています。シリーズは、ワイド、スリム、オーバルと3つの展開でラインナップ。
フォールスピードや基本的な扱い方はWebやYoutube等で詳しく解説されていますので是非一度ご覧ください。

さて、ジグの特徴として、遠投性能、耐風性、操作性など様々な特徴がありますが、私がスロブラシリーズを使う主な理由の一つが“飛距離”にあります。
遠浅のフィールドなどでは手前のブレイク付近をプラグで攻めれても、更に奥のブレイクや深みを探るとなるとフィールドによってはなかなか難しい場面が出てきますが、ジグとなると比較的容易にも思えます。
特にスロブラシリーズはフォール時のスピードは通常のジグに比べてゆっくりなのもあって“食わせの間”を作ることが出来様々なシチュエーションでバイトチャンスを得ることが可能です。
勿論、フォールスピードの速いほうが反応のいいこともあるため状況にアジャストするためにスメルトダックスなどもオススメ!!

狙い通り沖のブレイクでプラグに反応しない個体をキャッチ!!

ジグとプラグ。
これら両方を使いこなせていけばこれからのシーズンは勿論のこと、厳冬期も1匹に近づくことが出来るはずです。
次のオススメはグルナード!!
ブレード系のバイブレーションは様々な物が各メーカーから出ていますが、グルナードの特徴は何といっても貫通ボディーを採用していること!!
貫通式にすることによってボディーはフリーな動きを演出でき、ブレード系特有の傾きもなくまっすぐに泳ぐことが可能。
特にブレードのフラッシング効果は高く、遠くにいる魚は勿論のことなかなか口を使わない魚に対してのアピール効果も絶大!!

私がグルナードを使うシチュエーションは大きく分けて2つあり、一つは遠浅フィールドを探る時。
2つ目はウエーダーをはかずにオカッパリからフラットフィッシュを狙うときです。

一つ目の遠浅フィールドを探る時は、通常のプラグや特にバイブレーションではボトムをたたいてしまう時などにグルナードは、レンジコントロールが容易に出来ます。
ウェイトは水深やタックルバランスによって異なりますが、軽めでゆっくり沈めるも良し。
重めで、ロッド操作でゆっくり沈めるも良し。と様々な使い方が出来るのも魅力の一つです。
ブレードのおかげでウェイトに対しての沈下速度が成魚されるため、フォールで見せて食わす時などは効果を発揮します!!

続いて2つ目はオカッパリから狙う際ですが、まず第一前提として水面までの距離がウェーディングに比べてあるため足元まで引けるアイテムとしてグルナードは有効です。
またオカッパリで狙う際に水深のある場合フォールでの釣りも容易に出来るためバイブレーションとの使い分けも可能です。

オカッパリで狙い通りキャッチした良型ヒラメ!!

ウェーディング、オカッパリに関わらずベイトサイズが小さい時にも効果を期待出来るグルナードはこれからのシーズンは勿論、様々なシーズンのベイトパターンに効果があるのでタックルボックスにお気に入りカラーをいくつか忍ばせてみてはいかがでしょうか??
使う楽しさも伝わってくる。そんなルアーだと私は思います☆

次回はマメアジ、コノシロ、カタクチ、落ち鮎、ウルメイワシとベイトが入り乱れるなかどれについているのかも検証を含めご報告出来たらと考えています!!

DSC_0121a.jpg
足下まできっちり引けるグルナード
1444639890168c.jpg
いよいよシーズンイン!
1  2  3