') ?> Trout Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 2013年3月 Archive

Trout Gate

2013年3月 Archive

2013年3/19/狩野川movie

2013年3月29日

飯田重祐

 

 

  水温も順調に上がってきて、アマゴのコンディションも良くなってきました。

これからベストシーズンになっていくでしょう!!

 

ロッド:SYKS-53L(マイクロガイドセッティング仕様)

リール:ステラC2000HGS

ライン:バリバスダブルクロス0.6号

リーダー:フロロ8lb(やや短め)

ルアー:アレキサンドラ50HW(アバロンアユ)

 

 

2013年3/19/狩野川

2013年3月22日

飯田重祐

iida278_01.jpg

 

 3/19(火)、AM9:30、天気は晴れ、桜が咲き始めた、でも花粉は多そうだ。

 今期初めてカインズホーム裏に入る。平日でも意外と釣り人が多い。この辺りは常に激戦区だ。下流に下ってから釣り上がることにする。
前日の降雨も期待したほどではなく、やや増水した程度。風は強いがコントロールに苦しむほどではない。
稚鮎の遡上がすごい。足下をグングン上っていく。
水の色は悪くない。水温は17℃、ちょっと高いね。渇水と最近の暖かさの影響か。
今日の狙いは成魚放流ではないワイルドな魚。やや渇水なので強い流れを積極的に狙う。
どちらかというと速く動かして自然にドリフトさせる。魚に長くみせることを意識する。
 最初の一匹はクロスからドリフトさせてターンさせた時にヒット、小気味いいファイトだったが大型ではない。でも奇麗な魚体は素晴らしい。
その後も先行者がいても、フライマンが下ってきてもゆっくりゆっくり釣り上がっていく。これがこの川では大切です。魚はどこにでも入っているので。
 遡行していくと釣り難い、小さなポイントに魚が残っていること、プールでは中層から下に定位していて、意識はまだ水面というよりやや下の感じ。
 活性は高くなったけど落ちた瞬間に背びれをだして追ってくるほどではない。
それでも大きくはないがいいコンディションの魚が顔をだしてくれる。
 大きく車で移動し別の瀬に入る。前回と違い魚が飛びだしてくる。流れてくる餌に反応して感じだ。
 
 成魚放流を避けワイルドなアマゴを狙い、運良く上手くいった一日と言えるだろう。
 
 
ロッド:SYKS-53L(マイクロガイドセッティング仕様)
リール:ステラC2000HGS
ライン:バリバスダブルクロス0.6号
リーダー:フロロ8lb(やや短め)
ルアー:アレキサンドラ50HW(アバロンアユ)

 

iida278_02.jpg
 

2013年狩野川解禁 part2

2013年3月13日

飯田重祐

iida27_01.jpg

 

3/3(日)、AM9:30、天気は曇り、花粉は多そうだ。

まだまだ本流域でチェックしたいポイントも多いが、大見川にもルアーを投げてみたい。2012年は魚が多かったから。水温は8℃。

昨年、好調だった区間に到着するが人影は見当たらない。真新しい足跡はあるけど。

水量は少ないが、いい感じで流れている。濁りはない。石のぬめりがやや強いか。

サイドクロスで丁寧にチェックしていく。反応はない。近づいたり、離れたり、色々アプローチするがよくない!!

小一時間を200?300mに費やすがまったく無反応。先行者のプレッシャーとは違うようだ。あと何カ所かは釣ってみないと何とも言えないけどね。

後から来た餌釣りの人が声をかけてきた。上流は人が多いそうだ。

本流に戻る。成魚放流された個体が飽きない程度に遊んでくれる。この魚たちも連休前後にはかなりたくましくなるのではないだろうか?シングルフックに確実に掛けて丁寧にリリースする。それが近い未来の釣果を約束してくれると信じて!!

14時を回る、少しがんばり過ぎたのか、左足が痛くなってきた。草餅も食べたし、2013年のデビューはこのくらいにしておこう!!

 

ロッド:SYKS-53L(マイクロガイドセッティング仕様)

リール:ステラC2000HGS

ライン:ダブルクロス0.6号

リーダー:フロロ8lb(やや短め)

ルアー:アレキサンドラ50HW、セブンディグリー50EXH(シングルフック仕様)

 

iida277_02.jpg

1  2