') ?> Trout Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 2013年9月 Archive

Trout Gate

2013年9月 Archive

iida294_01_pu.jpg クリックで拡大

「アンリパ・トラウトミーティング2013」&「ハンドクラフト展」
主催:アングラーズリパブリック(株)
協賛:小菅フィッシングヴィレッジ
後援:小菅村漁業協同組合
協力:廣瀬屋旅館
開催日: 2013年10月20日(日)雨天決行(荒天中止※状況により判断)
■ ハンドクラフト展 9:00~11:00(無料・一般参加自由)
         会場: 小菅フィッシングヴィレッジ入口駐車場
         内容: 展示、販売

■ トラウトミーティング(事前申込者限定) 11:00~16:00
         会場: 小菅フィッシングヴィレッジフィールド
                          疑似餌エリア(区間貸切)

■ SWANS(山本光学株式会社)展示、販売
http://www.swans.co.jp/index.html

※トラウトミーティング一般参加者の受付・釣り場への入場は8時より

募集人数: 30名
募集方法: 小菅村漁協HPから受付
http://kosugeriver.com/

参加費: 5,000円(日釣り券・昼食代込)
内容: アングラーズリパブリック社製品の展示、試投
ミニスクール 講師:飯田
昼食会 (串焼きBBQ、カレー 廣瀬屋旅館協力)
チャリティオークション(放流資金)
 

      

飯田重祐 facebookページ

2013年東北漂流記part3

2013年9月23日

飯田重祐

iida293_01.jpg

 

新庄の佐藤幹士君会いにいくのも今回の目的の一つ。
いつもの笑顔で迎えてくれたのが嬉しい。
忙しいなか川を案内してくれた。
新庄も虻が最盛期。酷い虻だが僕は大丈夫。
この虻のおかげ?で川は貸し切り状態。魚のコンディションもいいようだ。
虻の数と魚の数はきっと比例しているはずだ。
今年は新庄も度々の豪雨に見舞われたようで川も安定していないようだった。
水はやや高いがいい感じだ。
ほとんどのポイントを譲ってくれて僕は釣るだけ。こんな心強いサポートはめったにない。
渓相、水質は素晴らしい。とても釣りやすい。石の色もいい。
水温が低いのかイワナの活性が高い。ヤマメも徐々に顔を出す。
川や魚や山のことを色々説明してくれてとても参考になる。
それに川や魚に愛情が感じられる。これは強く感じたね。
気分がいいと歩きも軽快になるし、釣りも冴えてくるのかもしれない。
魚も沢山釣れたけどそれ以上に得るものがあったし心に響く言葉があった一日。

後日、新庄の花火大会に招待していただきました。これ以上ない好天の夜空に打ち上げられた色彩豊かな光を観ながらのお酒。この夏最高の思い出の一つとなりました。

ロッド:SYKS-53L
リール:ステラC2000HG
ライン:ダブルクロス0.6号
リーダー:フロロ8lb
ルアー:BT-45、53/ストリームシャッド

 

 

飯田重祐 facebookページ

2013年東北漂流記part2

2013年9月22日

飯田重祐

iida292_01.jpg

 温泉に入り汗を流し夜の国道を北上する。
途中の道の駅で仮眠する。信じられない騒々しいけど睡魔を打ち負かすことはできない。
朝はすぐにやってきた。
二日間ほとんど喋ってない。頭の中は文字が詰まっていてそれが吐き出されるのを待っている感じ。

 この川は大好きな川の一つである。
本流からの枝沢になるのだが魚は豊富。
下流の方は両側がほぼ垂直に護岸されていて降りるのが一苦労。田んぼの脇の狭い隙間から落ちるように入渓するのがここの流儀。
水温は低くない。
しばらくは川は平坦で無表情だが小さなスポットや瀬の淀みには魚が入っていてこれを拾うように丁寧に釣っていく。
数匹釣っていくと渓相に変化が現れる。それに流されてきた倒木が絶妙なアクセントとなって素敵なポイントを形成している。
良型のヤマメやイワナが次々とヒットしてくる。
でもかなり大きなポイントにも一匹づつしか入っていないのが特徴。それをリリースしてはまた釣っていく。最上級の感謝を込めて。
小さな堰堤下は期待したほどではなかった。
その上流部は谷がぐっと狭くなって締まった渓相になってくる。
その辺りになると水温なのかシェードの効果なのかぐっと活性は高くなる。

 僕の温度もぐっと上がり心も真夏日になっていく。
身体の中の雑味が薄まって自然になっていくのがわかる。

 

ロッド:SYKSi-53UL/T5
リール:ステラC2000HG
ライン:ダブルクロス0.6号
リーダー:フロロ8lb
ルアー:BT-45、53/ストリームシャッド

 

iida292_02.jpg

 

飯田重祐 facebookページ

1  2