') ?> Trout Gate | Angler's Republic

アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 2014年7月 Archive

Trout Gate

2014年7月 Archive

kazama123_01.jpg

 

渓流ルアーフィッシングスクールのお知らせです。

 

日時:8月3日(日)
場所:奈良子釣りセンター

スクール詳細は奈良子釣りセンターのホームページ内「イベント情報」をご覧ください。
http://www.narago.jp/

 

 

アプローチから始まり、渓魚をランディングするまでの一連動作に対するこだわり。
ロッド操作・ロッド選択。ルアーローテーション等をお伝えしたいです。
もちろん沢山の対話も!!

お時間のある方はぜひ参加してください。

 

 

「自問自答」

2014年7月11日

風間俊春

kazama122_01.jpg 

目の前には一つのポイントがあります。
落ち込みからの大きめな深場になっています。両サイドに巻き返しがあるが右岸は白泡混じりで本命は左岸であった。

この日は、流芯を絡めてルアーを流すと良型ヤマメがヒットしていた。使用ルアーは、ベアトリスBT-45Sをチョイス。ナチュラルに流しながらも必要に応じてヒラを打たせ、バイトを誘発していました。色々考えながらこの日のパターンを模索して答えは見え始めていました。最近は私個人ナチュラルなアピールをさせながら釣りをするのが好きなので、、、川・渓魚+私のリズムが良好関係であると。
もちろん活性にも助けられている可能性もありますが。流芯を軸に流す場所を微妙に変えながらバイトして欲しい場所を限定した誘いを続けました。そこにはまだ居るかもしれない渓魚をキャッチしたいので、バイトしてからランディングまでにそのポイントから一段下の場所に落としたい。結果から言えばポイントから2匹は確実にランディングする事に成功した。
リズムがドンドン良くなっていくのが体に伝わり始めていた。
冒頭のポイントへ到着。この渓で一番の大場所である。もちろん釣り人の往来が激しい場所、スレているのは承知。右岸から軽く流し小さなヤマメをキャッチ。本命の左岸へ。ルアーを着水と同時に長い物がウネウネして纏わり着いてました。一瞬であったがルアーに触れる感触が伝わった、、、合わせを入れていないのでチャンスがあるともう一度同じ場所へ送り込む。距離を若干保ちながらもチェイスをして貰えました。頭には立ち位置・ランディング場所がはっきりと浮かびました。視線はその渓魚を見失いたくないのでそのままです。キャストは同じ場所ではなく左右に振り分けました。簡単な説明ですが、渓魚の顔前方では距離を保たれました。尾鰭側後方にキャストをするとチェイスがありましたが、バイトにはいたらず。渓魚が元の場所に戻りしなキャスト。後方に送り込み表層付近を流し始めた直後、口を開けるのが見えました。バイトポイントで見事に口を使わせてヒット。確実に見て合わせたので不安はなく、ただただ重量感を感じながらも流芯に乗せそのままランディング。ヒットしてから暴れさせずに主導権を上手く私がもてたのは、、、出来すぎでしょう。

撮影してリリースすると元気に白泡の中へと帰っていきました。一息ついてからさらなる出会いを求めて上流へ向かいました。

 

進化変化

2014年7月 3日

河津葉

kawatsu008_01.jpg

Angler'sVoiceへ、ご無沙汰になっていました。
釣りをしてない訳では無いのですが、納得のゆく釣りが、
ここ近年出来ず、地団駄を踏んでました。

そんな訳で、久しぶりにお付き合い頂ければと…

 

 

場所は群馬県の大尻沼。
ピントこない方もいらっしゃると思いますが、
丸沼と言えば、おわかりになるとかと思います。
その丸沼と接続しているリザーバーで、
岸釣り禁止、ボートでの釣りのみで完全予約制です。

エリアフィッシングからのステップアップにも最適な環境です。

詳しくは丸沼温泉環湖荘webで
※http://www.marunuma.com/onsen.html

この地は昔は釣友と足繁く通ったが、
気がつけば十数年ぶりに、この地を訪れた。

kawatsu008_02.jpg

 景観はほぼ変わらず、静かな様相で、
当時の記憶が蘇る。

変わった事といえば、手漕ぎボートにエレキを装着した事と
己に白髪が増え、体力の衰え具合。

それともう一つ、タックルの進化。
中でも、ベイトリールの進化と
トラウト用ベイトロッドのバランスが向上し、ベイトタックルでの戦略の幅が広がった様に思える。

スプーンのフォール中の魚信が格段に向上し、
木々のオーバーハングへルアーを送り込むのも、圧倒的にベイトタックルが使いやすく感じた。

kawatsu008_03.jpg


キャッチ率は低いが、木々から落下昆虫を待ち伏せしている鱒達へ
蝉など昆虫を摸したルアーへの反応は凄まじく、負け惜しみでは無く、
鱒達の反応が有るだけで、楽しい。

スプーン・ミノー・プラグどれも思い描いたように魚信があり、
納得行く釣行となった。

kawatsu008_08.jpgkawatsu008_06.jpgkawatsu008_07.jpg


気がつけば十数年ぶりのこの地。ストップフィッシュの時間。


変わった事がもう一つ、帰路の車中で釣友と釣り談義では無く、
宿でワイン片手に釣友と釣り談義をしたことだ。

変化して無いのは釣りへの情熱だけ。

 

Egeria NATIVE PERFORMANCE ERNS-54ML
Egeria NATIVE PERFORMANCE ERNC-53L Prototype
Sylpher SYGS -70ML

Abyss ABS-7 ABS-10 ABS-14
Curren CR-5 CR-7 CR-12
Other Lures

kawatsu008_09.jpg

1