アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 風間俊春 Archive

Trout Gate

風間俊春 Archive

「2015ラスト釣行」

2015年10月18日

風間俊春

kazama135_01.jpg

 

遅くなりましたが、2015ラスト釣行を少し・・・

9月も中旬を過ぎると渓も釣り人のラストスパートが始まります。入渓場所では、ほぼ車があり入る場所を見つけるのが大変でした。短い区間でしたが、キャストをしてイワナ・ヤマメと遊び楽しい時間でした。
皆様にとってのシーズンは、如何でしたか?

ロッドは、エゲリアネイティブ53Lを使用。ヘビーシンキングを自在に操れるパワー・ショートレングスを最大限に生かした取り回しも可能にしてます。
ルアーは、アレキサンドラ50HW


※2015年10月25日(日)に小菅村でアンリパのファンミーティングを開催いたします。

 -Link-
yamame to asobu | やまめとあそぶ
「アングラーズリパブリック・トラウトミーティング」&「トラウト・フリーマーケット」開催のお知らせ

 

「観察と選択2015」

2015年9月16日

風間俊春

kazama134_01.jpg

 

そのポイントに着いてからしばらくイワナを観察していた。
瀬や深場を丁寧に探りながらヤマメやイワナと遊ぶ。ルアーはアレキサンドラ43HW・ヴィブロッシ40を交互に使い分けながら楽しんでいました。
落ち込みが見えてきた時に、白泡がきれるあたりに尾びれが何故か見える。立ち位置をアップクロスで挑める場所に定めて観察を始める。顔が下向きになっていたために尾びれが水面に飛び出している。不規則ながらも顔を水面に出すタイミングがあり、それ以外は顔を下げ気味であった。ルアーの選択を考え出す・・・アレキサンドラ43HWからストラウド55Fへ変更。イワナは時折水面に顔を向けるので、上を見ていると確信。また、定位したまま動かないのでフローティングミノーを流して顔先まで来たらストラウドを水面に上げてみる作戦である。フローティングとして浮力を考慮して今回は43Fでなく55Fを選びました。
結果は、顔先でレンジを水面に上げた瞬間に喰いあげてきました。無事にランディングして速やかに撮影を終わらせイワナを流れへ。

そして、私は上流へ遡行を再開しました。

写真は、イワナ40cm。
ロッドは、エゲリアネイティブ56Lを使用。ルアーは、私の切り札ストラウド55F。

 

kazama134_02.jpg

「終盤戦」

2015年9月 9日

風間俊春

kazama133_01.jpg

 

時間が過ぎるのは早い…もう9月です。
地元秩父で遊び、遠征や取材と例年通りのシーズンでした。残りわずかですが楽しみたいです。

写真は、秩父荒川でのスーパーヤマメです。40UPに出会えて嬉しかった。
ロッドは、エゲリアネイティブ69MLを使用。荒川クラスの流れにはベストマッチ。ルアーは、ヴィブロッシ50にてヒット。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11