アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 風間俊春 Archive

Trout Gate

風間俊春 Archive

「楽しみ方」

2015年5月20日

風間俊春

kazama132_01.jpg

 

GWも過ぎ去りました。渓は、まだ警戒している渓魚が多いです。
今回は、表層狙いでストラウド43Fを選択。流れより若干早く表層を狙います。飛び出してしまう?と思えるくらいがスレているヤマメには効果がありました。虫のハッチを狙う活性の高いヤマメが所々でいます。テンポ重視で釣り上がっていましたので粘らず上流へ移動します。この時期は、新緑に囲まれ釣れるか、釣れないかのヤマメと遊べる時間が私の楽しみ方です。
結果的には、数匹でしたがストラウド43Fでの良型ヤマメをキャッチ出来て満足です。
使用ロッドは、エゲリアネイティブ ベイトESNC-53ULを使用。キャスティングリズムを保ちつつテンポを考えて選択しました。フローティングミノーも軽快にキャスト出来ます。なにより手返しが良いので気持ちよくキャストを続けられますので楽しいですね。

 

kazama132_02.jpg

「ストリームウォーカー2」

2015年4月 6日

風間俊春

kazama131_01.jpg

ストリームウォーカー2が、2015モデルとしてARDから発売になりました。
前作からのコンセプトを継承しつつ、フロント・背面のポケット容量が増えています。フロントでは小さなポケットが2か所追加!リーダーやフック等の小物を収納できます。ルアーケースも前モデル同様に縦入れ。背面は容量が増していますのでレインギア・ドリンク・食料を遂行しての1Day Tripのために考えられたフィッシングベストに仕上がっています。
私の場合、背面は上記の通りですが、フロントはメインポケット1つにルアーケースもう一つにはデジカメ(防水ケースに入れてます)を収納しています。サブポケットには、タオルや小物を入れています。収納箇所が増えているために整理されて取り出し・収納がスムーズで釣りに集中しやすいです。日ごろから多めの荷物になりがちですが、軽いナイロン素材を採用していて、遡行の負担が軽減されている事が体からしっかりと感じ取れます。肩への負担やキャスティング・ロッドワーク時の腕の動きを妨げないショルダーベルトが遡行をサポートします。またサイドにもベルトがありますので自分に合ったフィット感を作れます。
この日も遡行や高巻きを繰り返しました。気温差もあったので予備のウエアを準備しても余裕の収納に安心感を持ちながら集中した釣行が出来ました。

詳細、購入は此方へ
ARD -Angler's Republic Direct-

 

「ベーシックルアー」

2015年3月14日

風間俊春

kazama130_01.jpg

 

川に立った瞬間から考えるのは、ルアー選択ではないでしょうか。スプーンやスピナー・ミノーと選択肢は沢山あります。その場に合わせたベーシックルアーをチョイスされるアングラーへお勧めしたいのが「エゲリアネイティブ411UL」です。
今回、使用したルアーはアレキサンドラ43HWをチョイス。小刻みにアクションを入れながら渓魚へアピールします。反応が渋いときにはスロー気味なアクションを入れるなど操作性にも安定感があります。また、ミノーで言えばアレキサンドラ43HW(3.3g)は非常に扱いやすい印象です。緩急自在に操られるルアーにたまらず渓魚がバイトしてきました。
「エゲリアネイティブ411UL」
レングス・パワー・軽さを考えると女性アングラーへもお勧めしたいです。軽さは最大の武器です。キャストを繰り返す中でアングラーへの疲労を軽減できます。また、キャスティング時もストレスを感じさせない心地よいフィーリングを体感できるはずです。
最後に、今回の第二世代エゲリアネイティブのブランクカラー。ゴールデンシャドーは四季毎に違う陽射しを受けながら多彩な輝きをします。川に立った時のブランクの輝きも楽しんで欲しいです。

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11