アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 風間俊春 Archive

Trout Gate

風間俊春 Archive

kazama126_01.jpg

秋が訪れ始めるころニューエゲリアネイティブと共に渓にいました。
時間を掛けて各レングスを試してきました。この日は53ULを選びました。変化に富む渓流ではルアーの選択も多種にわたってます。スピナーからスプーン・ミノーまでを状況に応じて使い分けながら楽しみながら立ち位置に関しても様々です。今回はそう言ったシチュエーションを選びました。ラインはPEを選択しています。直線的な放物線を描きながらピンスポットへ送り込みます。渓魚と適度に遊びながらもルアーを頻繁に交換しながら状況やルアーへの対応にロッドがどう応えてもらえるか?じっくりと見ていきます。的確なレスポンスを手元に感じながら渓流で1日を遊びました。
エントリーユーザーの方には、自分の楽しみ方を探すサポートを!エキスパートを目指す方には、1つ上のキャスティング・ロッドワーク向上をサポートするでしょう。

追記
ラインですが、後日ナイロンライン3lbから5lbまで試しました。ロッドとラインの相性は良いです。今回のPEは0.6号を使用しています。双方ともトラブルなく気持ち良いリズムで楽しめました。
ルアーは、ヘビーシンキングも自在に操れます。

kazama125_01.jpg

夏に差し掛かるころサンプルロッドが届きました。
そうです。紙面等でご紹介しているエゲリアネイティブパフォーマンスのリニューアルに伴うサンプルロッドです。早速、渓流へ向かいキャストを始めてみました。情報と実際に感じる事を客観的に、また感覚的に見極めていく作業が始まりました。ファーストインスピレーションは「進化」でした。ファーストアクション・全体的な張りの強さを感じながらもキャスティング精度が抜群に良く自分のリズムに自然と馴染む感覚に包まれていました。
この日は、チャラ瀬で半日ほどキャストを続け・・・気が付いたらお昼過ぎになっていたわけですが、ロッドから感じる些細な挙動も見逃さずにチェックし続けました。魚を釣る事は後回しになっていました。最後は場所を少し移動してヤマメをキャッチしました。
夏から禁漁まで、ロッドテストに時間を費やしました。エゲリアネイティブ第二世代!素晴らしい仕上がりになっています。お楽しみに!
次回はもう少し詳細をお伝えしたいと思います。

 

kazama124_01.jpg

 

8月3日奈良子釣りセンターにて開催しました。
当日は、9名の参加者との貴重な時間を過ごさせていただきありがとうございました。
一人一人が、明確なスキルアップへの質問を頂き嬉しかったです。全員が高い向上心をもって私の話を聞き・動きを見て頂きました。少しでもスキルアップへ繋がればと感じています。
日々進化続けるルアーフィッシングをいかに楽しむか!そして自分の個性を色濃く輝かせながら魚と遊んでいただきたいです。
参加いただいた皆様の笑顔忘れません!!

残り二か月を切りました。目一杯楽しみましょう。


機会があればスクール等、またやりたいと思っています。
その時は、よろしくお願いいたします。

最後に、奈良子釣りセンター様
ご協力頂き有難うございました。

 

kazama124_21.jpg

kazama124_02.jpg  kazama124_03.jpg

kazama124_04.jpg  kazama124_05.jpg

kazama124_06.jpg  kazama124_07.jpg

kazama124_08.jpg  kazama124_09.jpg

kazama124_10.jpg  kazama124_11.jpg

kazama124_12.jpg  kazama124_13.jpg

kazama124_14.jpg  kazama124_15.jpg

kazama124_16.jpg  kazama124_17.jpg

kazama124_18.jpg  kazama124_19.jpg

kazama124_20.jpg

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11