アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > Angle's Voice > Trout Gate > 飯田重祐 Archive

Trout Gate

飯田重祐 Archive

iida318_01.jpg

 

2014年11月9日(日)に「アンリパ・トラウトミーティング2014」を開催いたします。別会場ではフリマも開催予定です。ぜひ御覧になってください。

イベント概要はこちらをご覧ください。
http://yamametoasobu.jugem.jp/?eid=716

秋田杣温泉

2014年9月17日

飯田重祐

iida317_01.jpg

釣行の後の温泉は格別である。
それが名湯であればなおさらである。

この杣温泉は江戸時代の発見といわれ、「湯の沢温泉」とも呼ばれていたようである。一軒宿の「杣温泉旅館」は、上流にできた太平湖に沈んだ砂子沢の集落で庄屋をしていた先代が、65年ほど前に創業したもので、現在の当主である杣正則さんは「あるがままの温泉を大切に、先代 より続いているもてなしの心を大事にしたい」と話す。(日本秘湯を守る会/WEBサイトより)
自然湧出、一軒宿、掛け流しといった琴線を刺激する湯宿は意外と少ないものだ。
しかもこの日の露天風呂は貸し切り、静けさが風情を増したのは言うまでもない。

iida317_02.jpg

iida317_03.jpg

 

ONE CHANCE

2014年8月31日

飯田重祐


 大体一日釣りをしていると尺ヤマメを釣るチャンスは2?3回はあるものだ。
ただこの日はかなりの増水でほとんどの河川が濁りで釣りにならない状況。何本かの河川を巡ってようやくたどり着いた渓は増水はしているもの濁りはほとんどない状態。
何とか釣りになりそうだ。
下流から入渓するが先行者の痕跡がそこかしこに。
今日は仕方ないかね。
流程も長くないから釣りをする時間は限られそう。しかも増水でブッシュ下がほとんど潰れているのでなかなか難しい。そこに入っているから。
多分ワンチャンス。

強い流れを腰まで受けながら遡行する。
アップクロスから少しづつ角度を変えながら対岸の壁をドリフトさせる。
流れが強いが一級のポイント。
抜群のタイミングでルアーにフッキングした大型魚はランディング寸前でフックアウト。
その後は活性の高い魚が多く楽しませてくれたがこれがこの日唯一のチャンスであった。

ロッド:プロトロッド
リール:ステラC2000HG
ライン:ダブルクロス0.6号
リーダー:フロロ8lb
ルアー:ベアトリスBT-53/アバロンアクアマリン

 

iida316_02.jpg

‹‹ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11