アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Trout item > 2007NEWトラウトミノー

BLOG

2007NEWトラウトミノー

2006年10月10日

飯田重祐


2006年の渓流シーズンも終了。皆さんの今シーズンはいかがでしたか?
天候に悩まされたアングラーも多かったのではないでしょうか?
さて、アングラーズリパブリック(株)としてはすでにトラウト用ルアー2007モデルを進めています。そのいくつかはフィールドでの最終テストの最中なのです。
その中の一つを今回はご紹介しましょう。名前は未定ですが小型のミノーが2サイズ発売されます。ここではMMと呼びますがタイプはフローティングとシンキング。


昨今はシンキングミノーが大流行りです。もちろんシンキングはあらゆる状況で威力を発揮する優れたアイテムです。しかしミノーはフローティングが基本だと思っています。フローティングの利点は言うまでもなくその浮力を生かしたレスポンスの良さ。シンキングのレスポンスの良さが強調されますがフローティングのキビキビ感には及びません。飛距離は確かにシンキングには劣ると考えがちですがMMミノーは若干ボリュームを持たせ浮力のアップとウエイトを稼ぐことに成功しています。
さらにリップは基板を装着。この薄さがレスポンスの良さを生み出します。着水から泳ぎ出しの速さはずば抜けていますよ。
それとフィールドテストで発見したのですが飛行姿勢が安定していると空気抵抗が少ないのか飛距離は出ますね。
 それではシンキングはどうなのか?アレキサンドラとの違い、使い分けはどうなのか?
 先ずアレキサンドラがスローシンキングヒラ打ちミノー、ロッド操作重視の設計であるのにMMミノーはさらに重めのウエイトを考えています。もちろんリップは基板でレスポンス性能は向上していますがトリッキーなヒラ打ち系というわけではありません。アクションはミディアムなローリング系。とても使いやすいなというのが分かり易いかな。
 11月にはいくつかのトラウトのイベントに参加することになっています。その時にはプロト品として用意するつもりです。他のサンプルも展示するかもしれませんのでぜひ参加してくださいね。