アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Trout item > ジャングルホップin渚滑川

BLOG

飯田重祐


秋の北海道。まだ紅葉には少し早い渚滑川をジャングルホップを持って釣ってきました。ジャングルホップはご存知の通り陸生昆虫の代表であるバッタをイミテートしたものです。エリアはもちろん渓流でも使えるルアーですが、このルアーが活躍するのは何といってもサーフェス。タイプはリップ有りと無しの二つ。
 リップ無しはドリフトタイプ、リップ有りはクランクタイプ。ドリフトタイプはリップが無いことで水面を自然に流れるようにしてある。クランクより若干軽いウエイト設定、これはできるだけ高い位置で浮いて欲しいから。浮力の高さと着水音の静かさはこの釣りでは重要です。リップが無いことによりキャスティングの直進性は良好なので多少の軽さは障害にはならない。


今回テストしたかったのはクランクタイプ。特に流れる川に対しての水の掴みをチェックするため。水槽や止水ではチェックできない部分だ。
 クランクの使い方はリップ有りが表層をアップやクロス、ダウン等様々な状況から水面を干渉させながらアピールするタイプ。最終的に絞り込み持ち込んだ数個をテストする。リップが大きいのでその飛行姿勢や距離もチェックの対象。
 こういったテストの場合でも魚が釣れる状況の方が真剣なテストができていいだろう。
 今回はサーフェスのルアーを使うには若干増水気味で流れが速かった。本来この状況では沈めたルアーの方が賢明な選択であろう。しかし水色は悪くない。
 ジャングルホップの最大の特徴はラバーレッグを装着することを前提に設計してあること。6本の足を上手に装着すれば効果は倍増します。このことはフライでもそうだし、初期プロトでも実証済みです。足は水面に触れるのはもちろん、空気中を震えるように動くだけでも相当の効果が期待できます。
ラバーレッグを装着するのはちょっとしたコツが必要ですが慣れればかなりリアルな足になるはず。ラバーレッグは熱で処理したり結んで細工するのが御勧めです。
 渚滑川の中流域、流芯や対岸の緩流帯を丁寧にキャスティング。キャストはしやすい。ある程度ウエイトがあるのでコントロールしやすい。ロッドを立てたりして水の掴みをチェック。ルアーだけが力強く水面を掴む。ラインのスラックを上手に利用、自然に、永く流れると勢い良くニジマスが飛び出した。サイズは今ひとつだが活性の高さを実感できる。
 何度か良型がルアーにアタックするが喰うまでは至らない。それがカラーなのかテクニックの問題なのかはこれからの課題である。
流芯の中を少し沈めると良型のアメマスがヒット。でも水面で釣りたかった。その後は魚の気配は遠のき、ヒグマの新しい足跡も見つかったので次の川に移動。
 現在はこのリアルなフォルムに負けないようなカラーを模索中です。