アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > 103SP・サーフスターSPシリーズの最強スペックを

BLOG

沼田純一

 今回はサーフスターSPシリーズの新機種開発についてのお話です。そのモデルは103SP。現在SPシリーズには76、83、93という3機種をラインアップしていますが、より遠投を可能にし、波の高いサーフ等でもSPシリーズならではの軽快なキャストを可能にする10ft.3inc.モデルを開発中です。追加機種といっても、やはり重要なのはコンセプト。もちろんSPシリーズに共通する基本スペックは維持しつつ、どのようなシチュエーションで、どのようなルアーを使ったゲームで最も使いやすいロッドを作るかが出発点になります。今回目指したのは、サーフやオープンエリアでトップクラスの飛距離を出しつつ、場合によっては1オンスクラスまでキャストできるパワーを備えること。それでいてSPシリーズならではの軽快なフィールを損なわずに、取り回しの良さを体感できるモデルに仕上げること。イメージとしてはSPシリーズ最強のロッドというところでしょうか。
 現在ロッドの核心となるブランクテストの最中です。上の写真は多くのテストブランクの中から最終的に絞った2本。さらに今後はグリップやガイドの詰めに入ります。これについては次回お話できると思います。
 ところで、ホームページをご覧のみなさんはすでにご存知とは思いますが、サーフスターSSSシリーズのウェーディングモデルがリリースとなりました。ガイドコンセプトはSPモデルと同じPEラインの使用を前提とした設定になっているこのロッド。ブランクはウェーディングゲームという独特のシチュエーションを考慮して、よりコンパクトなキャスト、さらに足下への突っ込みをかわし、魚をコントロールするために、新たに設計した専用モデルになっています。よりバットパワーを増した粘りのブランク性能を店頭でご確認ください。