アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > オフショアゲームでのギグの有効性

BLOG

石井修二


 7/8湘南平塚、庄治郎丸さんよりAM6:00シイラゲームに出船してきました。
 この日は出船前より吹いていた北東風が災いしたのか潮色はいいのだかシイラの泳層が深く、水面も波立っていたのでなかなかシイラを見つけることが出来なかった。
 その反面、曇り空が幸いし6月下旬から釣れ始めたカツオ、キメジのナブラは相当数立っていました。そのナブラでもシラスを追いかけている群れはルアーで釣るのは難しいがカタクチを追いかけている群れであれば高確率で釣ることが出来ます。
 そんな状況で活躍するのはミノースタイルジグ『ギグ』。
ベイトに近いミノーシェイプなフォルムでアピール力が高く、ミノーでは不可能な飛距離を持つギグはターゲットにボートプレッシャーを与えない距離から狙うことができ、またメタルジグでは不可能なレベルフォールとフォーリングスピードで弱って沈んでゆくベイトを演出することができます。
 そんなギグでのカツオ・メジ攻略法はナブラであればロングキャストし水面を逃げ惑うベイトをイメージしスキッピングで狙ってみてください。
 またイワシを団子状にまとめ上げて捕食している群れであればフォールで誘うのも有効な手段です。
 今回僕がセレクトしたギグは100S3。このサイズをセレクトした理由は、今相模湾でベイトになっているカタクチのサイズが10cm前後であり、飛距離を重視したためです。
 飛距離最優先でなければ、より沈下速度がナチュラルな100s2が有利でしょう。
 また、カツオ・メジを狙う際のロッドセレクトはロッドティップを小刻みに震わせるほどの引きをLクラスという柔軟さが吸収しバラシも軽減できるのでCDOS-70Lが有効です。
 今後シイラは、気温の上昇と共に泳層、活性共に上がってきて目視で確認しやすいレンジになればカツオ・メジともに熱いゲームが楽しめるでしょう。シイラゲームであってもカツオ・メジと同じフィールドに生息し同じカタクチもベイトとしているのでギグが有効なルアーであるのは間違いないでしょう。



石井使用タックル
ロッド:コーラルスターCDOS-70L(カツオ、キメジ)
    コーラルスターCDOS-70ML,76M(シイラ)
ライン:バリバスゲーム12lb(カツオ、キメジ)
    バリバスゲーム16lb(シイラ)
ルアー:ギグ100S3,S2(カツオ、キメジ)
    シーウィッチ130F、ジャークベイトS100(シイラ)