アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > フィールドテスト-ライトジギングモデル-

BLOG

沼田純一

さて、今回はフィールドテストの様子をご紹介しようと思います。
ちなみにロッドはライトジギングモデルになります。こちらのモデルはまだ未発表のため、どの媒体にも紹介されていませんが、パームスエルアシリーズのモデルになります。
シリーズ構成はタチウオ、マダイ、青物といった各ターゲットごとに最適なモデルをラインナップ予定。現在ブランク開発の最中で、今回は3回目のブランクが上がったので、そのテストとなりました。
今回はその中でもマダイ用のモデルと青物用のモデルをチェックします。フィールドは三河湾。ここではマダイを始め、ワラサやサワラなどもコンスタントに釣れているので、テストにはもってこい。海があればテストはどこでもできると思われるかもしれませんが、やっぱり実際にターゲットを狙うことが大切と考えています。


当日はあまり潮が動かないタイミングで、なかなか口を使ってくれませんでしたが、周囲ではポロポロとサワラが釣れている状況。サイズも5kgを超えるようないいサイズ。早速青物用のプロトにブギーウォークスレンダーを結びます。数回船を廻した後、一番ライトなモデルでしゃっくていたジグが抑え込まれました。アワセの後に比較的長いピッチで走る魚。その様子から「ワラサだよ?」の船頭の声。その模様が上の写真です。
3本の異なるパワーのロッドを順番に使っていても、掛かるタイミングばかりはわかりません。このロッドは、想定としては近海でのウルトラライトクラスのジギング向けに設定したパワーのモデル。1?2kg前後のターゲットでも、思う存分に楽しめるロッドがコンセプトです。近年ジギングの入り口として大勢の方が楽しまれるワカシやサバといったターゲットにも最適なパワーを目指しました。それでもバットのパワーにまだ余裕があるため、魚はじわじわと浮いてきます。ネットに入ったのは4.5kgのワラサ。ティップパワーの調整とガイド設定の修正が課題となりましたが、リフトに関わる部分では納得のできる内容となりました。

後半はマダイです。このエリアではタイラバとジグの使用頻度が半々といった状況。タイラバはご存知の通り一定のスピードでリーリングしてくることで誘い、小突くアタリを我慢して、魚のウエイトが掛かった時点でフッキングに持ち込みます。ロッドもそれにあわせて、繊細なティップと食い込みを重視したベリーが求められます。タイラバの取り回しをチェックしつつ、しばらく粘りましたが、こちらはノーバイト。残念ながら魚はキャッチできませんでしたが、ベリーからバットにかけてのパワー調整という課題は見えました。タイ用ジギングモデルもあわせて、次回のサンプルにて再びフィールドテストを行います。

このモデル以外にも、現在発表しているモデルの最終テストや、秋の発売を目指しているほかのロッドのテストを行っています。その模様も随時お伝えしていく予定ですのでお楽しみに!