アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > フィールドテスト・ライトジギングモデル2

BLOG

沼田純一


さて、ライトジギングモデルのフィールドテスト。
今回はタチウオモデルのテストです。この時期のタチウオは夏シーズンの走りの時期。近隣のエリアである東京湾はまだシーズンインしていないため、釣り場には全国的にも屈指のタチウオフィールドである瀬戸内海をピックアップ。
当地でドラゴンと呼ばれるランカーサイズも期待できるとあって、テストではあるものの、自然と気合いも高まります。ちなみに今回のライトジギングモデルはPE2号以下で狙える近海のバーチカルゲームにむけたロッドを、それぞれのターゲットごとにラインナップする予定です。先日お伝えした青物、マダイ用のモデルとあわせると、数は多くなりますが、各ターゲットにはやはりそれぞれ最適なベンドとパワーが存在するからです。
タチウオ用のモデルに求められるのは、独特のバイトに対応するための繊細なティップと、それに相反して比較的ウエイトのあるジグを操るためのパワーの両立だと考えています。繊細なティップは一定のリズムでジグを操るためにも、またジグを暴れさせすぎないためにも必要な要素です。今回のテストでは、その2つの要素のバランスの確認と、それらを機能させるパーツやグリップといったトータルバランスのチェックです。



フィールドとなった松山沖はテスト開始早々から良型のタチウオが出迎えてくれました。水深30~40M台をメーンに、ヘキサー80、100を使い分けます。
タチウオモデルでは1~3パワーまでのベイトモデルとスピニングモデルで構成予定。1パワーは今回のような比較的水深の浅いフィールドで、1匹のタチウオを楽しみながら狙うには最適なモデル。2パワーモデルはタチウオ狙いで中心となる100gを中心に、ほぼオールマイティに使用することができることを目指しています。3パワーモデルは流れの中に100g以上のジグを落とし、操作するパワーを有することが目的。もちろん7~8本サイズにも対応します。
釣果のほうは絶好調の時期からみればまだまだたいしたがないとのことでしたが、すべてのロッドを試していた10時間近く、コンスタントにバイトを得ることができました。負荷が掛かった際のロッドのカーブは写真でご確認ください。3~4サイズのタチウオでも十分に楽しめるロッドです。
6ft.3inc.と5ft.9 inc.というラインナップはタチウオ用に最適と考えるラインナップ。ティップセクションのパワー調整のほかは、ほぼ満足できるブランクとなりました。次はこの点で修正をしたブランクに、外装を施したサンプルを製作し、再度フィールドテストに向かいます。