アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > フィールドテスト・ライトジギングモデル3

BLOG

沼田純一

タチウオモデルの次はマダイモデルのテストです。
マダイ用モデルは鯛ラバで狙うベイトモデルと、鯛ジギング用のスピニングモデルの2機種をラインナップ予定です。当初はいろいろなパターンを試すために数種類のロッドを作りましたが、マダイというターゲットに対して、現時点で必要と思われる2本に絞り込んだ結果、かなり特化されたモデルにはなりますが、これが最善と判断しました。
そもそもマダイ用のロッドにもとめられる性能とはなにかといえば、鯛ラバを使用するシチュエーションであれば、一定のペースでリトリーブでき、マダイの小突くようなバイトをやりすごしながらも、必要な時には的確なフッキングパワーと、マダイの突っ込みをコントロールするバットパワーがあること。ロッドとしては繊細なティップでありながらも、魚をコントロールするためのタメが効くモデルということになります。
鯛ラバ用モデルではこの繊細なティップとパワーのあるベリー~バットのバランスが最も重要と考えています。そのため、さまざまなパターンのロッドを試したうえで、ティップとバットのマテリアルを異なるもので構成することで、その2つの課題をクリアすることにしました。具体的にはティップにグラス素材を使い、ベリーからバットにかけてはグラファイトを使うという、コンポジットでの製作です。ティップのパワーはリトリーブでは鯛ラバを支えながらも、バイトに対してはターゲットに違和感を与えないことが目的です。グラファイトでパワーを落としても、ある程度ベンドした際の復元力はグラス以上になることは、素材の性格上やむを得ないことです。グラスを採用することで、より違和感を与えることなく最後のフッキングまでリトリーブしつづけることが可能になります。さらにバイトまでをティップがこなしたあとは、ベリーからバットのパワーが生きてきます。段差のシングルフックとはいえ、フッキングパワーはある程度備えていなければ、あの口に貫通させることは難しいため、ここでグラファイトのパワーを引きだせれば、よりフッキング率は上がります。とはいえ極端なパワーは持たせていません。あくまでロッドがベンドし、それが復元しようとする力をリフティングパワーとして利用できれば問題ないからです。ライトジギングならではの楽しみは細糸と、それと組み合わさるタックルのバランスでもあるからです。


もう一本の鯛ジギング用のスピニングモデルは、あくまでもジグを暴れさせずに、一定間隔のピッチでジグを操るティップと、それに追従するベリーとバットを備えることが目的です。タチウオ用モデルのコンセプトと近いところはありますが、バランスとしては、よりティップでジグを動かせる感覚に近いものを目指しました。これは鯛ラバと違い最初のコンタクトで勝負を決める要素が強いジギングにあって、さらなる感度を備えることと、瞬間のフッキングを可能にすること、さらにローピッチからハイピッチまでに対応するためのものです。とはいえ、ティップがジグを弾いてしまうようでは使いにくいロッドになりますので、そのあたり、どこまでティップパワーを上げるかがキモになります。それとともに、スムーズに負荷がベリーに降りてくるアクションでなければなりません。
今回はほぼ最終型のブランクへ絞り込みができました。

次回はタチウオ同様外装をしたサンプルでテストに臨む予定です。