アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Trout item > 初夏の渓流をジャングルホップで釣る

BLOG
飯田重祐
 


昆虫系プラグ『ジャングルホップ』は夏の渓流には威力を発揮するルアーの一つだと思います。6月になればトラウトも序々に表層を意識しだし、陸生昆虫も多くなる頃です。そのボリュームはフライよりルアーで表現したほうが遥かにリアルだと思うのです。甲虫、バッタがさらに多くなってくるこれからの季節は大きめのルアーにも果敢にアタックしてきます。
 ミノーに実績があると先ずそれを投げてしまうのは当然のことです。
でも『今日は表層で魚を出すぞ。』という意気込みでジャングルホップやバグミノーをキャストし続ければ必ずチャンスはあるし、自分の釣りの幅を広げる良い機会になるのではないでしょうか。
 水温の上昇の早い地域では5月から、東北では6月後半からが盛期ではないでしょうか。ちなみに昨年の7月に岩手で結構良い釣りができました。この川は両側が葦で覆われているので余計昆虫の落下が多く魚はその際に付いていて落下すると反射的に喰ってきました。水量も丁度よく条件が良かったのでしょう。
 僕の表層系フィッシングは日光湯川に始まってトンボのシーズンまでです。もちろん条件の良い日や時間帯、ポイントを集中して狙うので切り替えは早いですよ。駄目ならミノーを使うし、反応が良ければ集中して攻めますね。
 どちらかというとイワナ系の方が反応がいいみたいだけどヤマメも意外と大きめの餌を捕食しますよ。何よりヤマメの方が活性が上がるのが早いから早期から表層で楽しめる河川は多いのでは。
 これから、表層系ルアーを初めようとするアングラーは浅いポイントを中心に攻めると好結果がでるのではないでしょうか?
 今シーズンはラバーレッグを装着、チューンしたモデルも投入予定、僕は夏の北海道のレインボーに使ってみるつもりです。その結果はまた報告しますね。