アングラーズリパブリック公式Facebookページ

アングラーズリパブリック公式Instagram

English

HOME > BLOG > Salt item > フラットフィッシュ専用モデル

BLOG

沼田純一


ヒラメやマゴチを狙うフラットフィッシュ専用ロッド。
こう聞くと、シーバス用のロッドやショアキャスティングのモデルとどう違う?と思われる方も多いのではないでしょうか?
確かにミノーの使用を前提とした場合は、ルアーウエイトがロッド対応負荷に準じていれば、基本的にはそれほどの違いを必要ないと考えられます。
今回、パームスエルアから登場予定のフラットフィッシュモデルは、ワームの使用を前提としたモデルです。
この“ワーム専用”というのが、今回のモデルのキーワード。
フラットフィッシュの釣りをしていると、ミノーのほかに、ワームの出番も多いもの。ミノーがリトリーブ中心になる釣りであることに対して、ワームの釣りはボトムコンタクトが必須の釣りになります。ジグヘットでのスイミングパターンであれば、ミノー同様のリトリーブ主体のゲームになりますが、それでもやはりボトムタッチからのリフト&フォールや、リトリーブ中のリフトは必須です。このようなボトム絡みでの多彩なルアー操作を要求される場面はアンダーショットなどを使った場合、さらに増えてきます。
今回リリース予定のモデル「サイドストローク」では、そんなボトムでのワーム操作に最適なブランクを与えることが目的です。
ロッドの特徴は、ボトムのワームをリアルハンドで操作できるようにしたファストテーパーのブランク。ティップにもパワーを持たせることで、ボトムの起伏や、礫、ゴロタを感じ取ったその場で次のアクションにスムーズに移れる操作性を持たせています。



ワームがこのようなボトムの変化に入ったところで、いかにイメージ通りのアクションをさせることができるかは、ロッドの性格によって左右される部分です。
それというのも、ティップが抵抗に対して素直に曲がりすぎると、ロッドが戻ろうとする反発力が生まれたところでワームが次のアクションに移ります。そうなれば、本当は10cmしか動かしたくない場面でも、ロッドの反発によってワームは大きく動いてしまうことになります。
それが、ある程度ティップにパワーがあると、障害物にコンタクトしたワームを、ロッドを動かした分だけ移動させることが可能になります。
さらに、このような操作性は、根がかり回避にもつながります。
 さらに7g前後のジグヘッドに始まり、10gや15gといったリトリーブ対応ヘッドをキャストすることが多いこのゲームでは、それらを遠投できなくては十分な性能を持ったロッドとは言えません。
 キャストにおいては十分なベンドを引き出せて、ワームを操作するパワーとの最良のバランスを求めて、只今フィールドテストにてブランクの絞り込みをしています。